回答募集中!アンケートにご協力ください。

「御侍史」「御机下」ってナニ?病院とフツウの会社で異なる言葉のマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
289_TOP_驚く猫.jpg

http://www.photo-ac.com


ずっと病院内で働いていると、「えっ?この言葉、フツウの会社では使わないの?」
というカルチャーショックを受けることはありませんか?
フツウの会社と病院とで異なる、”言葉のマナー”にスポットを当てて見てみましょう。

【こちらの記事もおすすめです】
できるナースは接遇も完璧!明日からすぐに使える「クッション言葉」5選!
女性の美は言葉遣いから!あなたは大丈夫?患者さんからの信頼度を上げる言葉遣い術


●御社・弊社、病院ではなんて言う?


会社の場合は、自分の会社は「弊社」「当社」、相手の会社は「御社」「貴社」などと言いますよね。
病院・医院の場合は、自分の病院のことは「当院」と呼ぶことが多いです。
「弊院」という言葉もありますが、書き言葉以外ではあまり使われていません。

相手の病院は「貴院」と呼ぶことが多いですが、「貴病院」「御病院」「御院」と言うこともあるようです。

クリニックの場合は、「御クリニック」、「貴クリニック」と言うことも!
カタカナ言葉に「御」をつけるのはなんだかヘンな気もしますが、
昭和のお母さんがビールのことを「おビール」と言っていたことを思うと、それほどおかしなことではないのかもしれません。古い習慣なのかもしれませんね。

相手が病院か?クリニックか?普通の会社か?
しっかり考えて、メールや文書を書くときにきちんと使い分けをしましょう!


●御侍史、御机下は医療業界だけ!


ドクターが手紙を書くとき、相手の先生の宛名を「○○先生御侍史」「○○先生御机下」と書くことがあります。
これは、医療業界にだけ残っている独特の文化なんです。
「なんか尊敬してる感じがするから!」といって、ふつうの手紙で使わないように気をつけましょう。

通常は「○○様」で十分です。
ちなみに、「御侍史」(おんじし、ごじし)は、秘書やお付きの人のこと。
「先生に直接手紙を出すのは失礼なので、お付きの人が開けてくださいね」という意味がこめられています。

「御机下」(おんきか、ごきか)は、「直接渡すのは恐れ多いので、机の下に置いておきますね」という意味。
どちらも「お医者様、エライ人!」という風潮が行きすぎてしまった感じが、病院という場所の独特な空気を物語っているようで興味深いですね。


●「患者様」は「お客様」?


病院のお客様に当たる患者さん。
「患者中心の医療を!」という動きによって「患者様」と、“様”をつける表現が増えたことがありますが、少し行きすぎじゃないか?ということで、最近は「患者さん」と、さん付けに戻っている傾向がみられます。

患者さん自身からも「『患者様』はちょっと違和感がある」という声があるようです。
気をつかって、サービスを提供する相手「お客様」=「患者様」という呼び方よりも、私たちと一緒に治していきましょう!という気持ちがあらわれている、「患者さん」と呼ばれる方が、親しみやすくて安心されるのかもしれません。


医療業界独特のマナーは、院内では思いのほか大切です。
ドクターから「そんなことも知らないの?」と言われるのはイヤですよね。
でも、一般社会で「えっなにその言葉?」と思われるのもイヤ!
どちらのマナーも身につけて、どこへ行っても恥ずかしくない社会人になりましょうね!

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
<本当にあった話>医療用語を患者さんはこう聞き間違えた!
ナースは見た!ほかの病院とココが違うナース事情?
あなたもつい口にしている!?看護師さんの口癖あるある ”まとめ”

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!