詳細条件を絞り込む

路線・駅

エリアで検索

職種

雇用形態

施設形態

こだわり条件

事業所数: 000011

求人数: 000000

田川郡糸田町の看護師・ナースの求人情報一覧

事業所11件中1~11件を表示

表示順: オススメ順 新着順 高収入 病院規模が大きい順 病院規模が小さい順

糸田クリニック

福岡県田川郡糸田町

勤務地 〒822-1325 福岡県田川郡糸田町南糸田1698-1
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 内科 | 小児科

糸田クリニックの詳細はコチラ

糸田町立緑ヶ丘病院

福岡県田川郡糸田町 / 糸田駅

勤務地 〒822-1315 福岡県田川郡糸田町3187
交通アクセス 糸田線糸田駅
施設形態 ケアミックス | その他介護施設
病床数 一般 54床 / 療養 45床
診療科目 内科 | 小児科 | 外科 | 整形外科 | 耳鼻咽喉科 | 放射線科 など

糸田町立緑ヶ丘病院の詳細はコチラ

諌山医院

福岡県田川郡糸田町 / 豊前大熊駅

勤務地 〒822-1302 福岡県田川郡糸田町大熊4098-1
交通アクセス 糸田線豊前大熊駅
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 内科 | 小児科 | 皮膚科

諌山医院の詳細はコチラ

吉田医院

福岡県田川郡糸田町 / 豊前大熊駅

勤務地 福岡県田川郡糸田町大熊4145-2
交通アクセス 糸田線豊前大熊駅
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 内科 | 循環器科 | リハビリテーション科

吉田医院の詳細はコチラ

庄野外科胃腸科医院

福岡県田川郡糸田町

勤務地 福岡県田川郡糸田町1862-14
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 胃腸科 | 外科

庄野外科胃腸科医院の詳細はコチラ

社会福祉法人天馬福祉会特別養護老人ホーム豊寿園

福岡県田川郡糸田町 / 糸田駅

勤務地 〒822-1325 福岡県田川郡糸田町1704番地
交通アクセス 糸田線糸田駅
施設形態 特別養護老人ホーム(特養) | ショートステイ | その他介護施設
病床数 特別養護老人ホーム豊寿園 50床 / 豊寿園デイサービス 30床 / 個室ユニット型 30床

特別養護老人ホーム豊寿園の詳細はコチラ

松岡内科

福岡県田川郡糸田町 / 糸田駅

勤務地 〒822-1300 福岡県田川郡糸田町1772-3
交通アクセス 糸田線糸田駅
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 内科 | 消化器科

松岡内科の詳細はコチラ

医療法人玄風会介護老人保健施設 レイクヴィラたぎり

福岡県田川郡糸田町 / 糸田駅

勤務地 〒822-1300 福岡県田川郡糸田町字木実浦870-3
交通アクセス 糸田線糸田駅
施設形態 老人保健施設(老健) | 通所リハ | 居宅介護
病床数 入所 80床 / 通所リハビリテーション 40床

介護老人保健施設 レイクヴィラたぎりの詳細はコチラ

特別養護老人ホーム 長寿園

福岡県田川郡糸田町 / 豊前大熊駅

勤務地 〒822-1302 福岡県田川郡糸田町大熊4154番地の2
交通アクセス 糸田線豊前大熊駅
施設形態 特別養護老人ホーム(特養) | ショートステイ

特別養護老人ホーム 長寿園の詳細はコチラ

向笠一般内科医院

福岡県田川郡糸田町 / 糸田駅

勤務地 〒822-1300 福岡県田川郡糸田町3161
交通アクセス 糸田線糸田駅
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 内科 | 小児科

向笠一般内科医院の詳細はコチラ

二田水整形外科医院

福岡県田川郡糸田町 / 糸田駅

勤務地 〒822-1300 福岡県田川郡糸田町11-Jan
交通アクセス 糸田線糸田駅
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 整形外科

二田水整形外科医院の詳細はコチラ

事業所11件中1~11件を表示


検討中リスト

検討中の求人はありません。
「検討中リストに追加」をクリックすると、こちらに求人が表示されます。

最近見た求人はありません。
求人情報をご覧になられますと、こちらに求人が表示されます。

 人口およそ1万人の田川郡糸田町は福岡県のほぼ中央に位置します。町内を貫く河川によって三分され。 東部は丘陵で住宅団地が整備されていますが、かつては炭鉱地域として筑豊炭田の繁栄を担いました。 中部は糸田原台地と流域平野があり街の中心部です。 西部は、関の山山地の豊かな水源をもとにした、花き栽培が盛んで、稲作、いちご、ミニトマトなども特産品です。 町内には岩屋古墳や鳥尾峠古墳などは、古代からの人の生活や行き来があったことをしのばせており、近代ではこの旧鳥尾峠を森鴎外や山頭火が直に歩いたことも記録されています。  


 医療機関で働く看護師が果たす役割は多いことと思います。医療機関との患者とを結ぶ実質的な窓口として。また、もっとも頻繁に患者と直接接する医療関係者としてもです。 その役割をはたすために頑張り過ぎることで、疲れ、気分が滅入ることもあると思います。 真面目に働くことは重要なだけでなく当然のことでもありますが、常に全力投球という必要はありません。 逆に、自分を追い詰める結果になれば、自身にとってもいいことではなく、その看護師と接する患者にとっても良い影響とはなりません。 働き続ける中でどの場面で全力出すべきか。ということは自ずとわかってくると思います。 「頑張りすぎずに頑張る」ことは働き続けることを意識することも大切です。

ページトップへ