お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2013年06月19日

いつかは出産をしたい方の職場探し

先日、友人の家に久しぶりに遊びに行ったのですが、
ついこの間まで赤ちゃんだった友人の子供が、
もうサッカーボールを蹴っていて驚きました。
子供の成長って、すごく早く感じます。

「子供中心で休日も休めなくて大変だ」という友人ですが、
それでも、見たことのない友人の優しい顔に、
親になったんだなと感心してしまいました。


看護師の職場は女性が多いので、
出産に関わる退職や育児中の看護師さんも
周りに多くいらっしゃるのではないでしょうか。


今回、ご相談くださったCさんは、
結婚を機に、少し仕事から離れていた助産師さんでした。

結婚式や新居への引越しが終わり、
そろそろ復職をしたい と考えていたCさん。

しかし、今後のことを考えると、
復職していいのか悩んでいるというのです。

「今はまだ予定はないんですが、
 いつかは子供が欲しいって思っているんです」

ブランクもあって、なおかつ出産もしたい気持ちから、
復職することは難しいのではないかというCさん。

ご自身で、復職支援のある病院HPなど探してみたそうですが、
育児中の方に向けた内容が多く、
Cさんのように、
復職後にいつ妊娠するかわからない場合はどうなのか、
というのがよくわからなかったというのです。

では、妊娠に関しては、どのような求人状況なのでしょうか。

まず、すでに妊娠中の方の場合だと、転職は難しいと思います。
短期でもOKの求人もないわけではありませんが、
妊娠中というのは予期せぬ体調の変化もありますので、
事業所側もよほどの人手不足でもなければ採用しづらいと思いますし、
人手不足の環境では妊婦さんの負担が大きくなります。

出産後の収入が減ることの心配だと思いますが、
妊娠中は母子の健康を第一に考え欲しいと私も思います。


では、Cさんのような場合ですが、
今現在、妊娠の予定はないけれど、
今後、あかちゃんが欲しいという看護師さんは、
実はけっこう多くいらっしゃいます。

その場合は、求人のどこを確認して頂きたいかというと、
「産前産後休暇があるのか」、「育児休業をできるのか」などの点です。

お子さんがある程度まで大きくなってから復職するのであれば、
一度、退職されるのも良いかとは思いますが、
出産後、なるべく早く復職を考えているのでしたら、
育児と同時に、また新しい事業所で仕事を覚えていくのは大変ですよね。

今まで勤めていた慣れた環境の中で復職する方が
精神的にも肉体的にも負担が少なくてすむので、お勧めです。

“出産後は、今の自分の状況とは違う”
ということを前提に考えて頂きたいのです。

また、実際に出産からの復職をしている看護師さんのいる病院なら、
産休届けを言い出しやすい環境だと言えます。

休暇が取れる条件や、期間、その間の給与が支給されるか、
また、復職後の保育施設や補助金、
復職後の勤務体系(夜勤の調整や短時間勤務など)の相談ができるかなど、
病院により条件は違ってきますので、探す際に参考にしてみて下さい。
もちろん、私たちに聞いて下されば、ご対応します。

さて、Cさんですが、産婦人科のクリニックに入職を決められました。

0歳児から預かってくれる保育園が併設されており、
産前産後休暇は前後8週間があります。
子の看護休暇や、保育料の補助制度もあり、
出産後の勤務や夜勤は減らしてもらえるので、
少しずつ育児と仕事の両立に慣れていくことができます。

車で20分かかってしまうので、
もし公共機関での通勤が難しい場合は、
赤ちゃんが車に乗れるようになる半年頃までは
育児休暇を取るという選択肢もあり、
その後、無料駐車場を利用したマイカー通勤をすることも可能です。

始めは「大病院で分娩を行っている事業所」を探していらしたCさんですが、
大病院にこだわるより、
出産というライフプランを最優先したことで、
今後の不安が解消されました。


人生には、いろんな局面がやってくると思います。
難しいと諦めずに、どんなことが可能なのかを知ることで、
新しい方向を見つけられるかもしれません。

出産以外にも、転居の予定や介護などの事情など、
どんなことでも、まずは相談してみて下さいね。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ