お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2013年07月30日

離職率の高い事業所の悩み

「急ぎで紹介できますか?」
と、定期的に連絡を下さる師長さんがいらっしゃいました。

しかし、その病院の求人条件はかなり良いので、
いつもご挨拶に伺う前に、
病院ホームページやハローワークの求人で、
すぐに採用が決まってしまい、
「人員が充足したので、もう大丈夫です」と言われ、
実際にお会いする機会はなかなかありませんでした。

でも、しばらくすると、その師長さんから、
「急ぎで紹介できますか?」とまた連絡が入るのです。

こんなに頻繁にご連絡が来るというのは、
採用された方がすぐに辞めてしまっている可能性があります。
そんな状況のままでは、ご依頼頂いても、
求職者のご紹介をすることは難しいと思い、
なんとかお時間を頂き、
やっと師長さんにお会いすることができたのでした。

お話を伺ってみると、
やはり採用された方がすぐに辞めてしまうという状況を
繰り返されているようでした。

「原因はわかっているんです」という師長さん。
その原因というのはベテランの主任さんでした。

主任さんは、この病棟での勤務年数が、
どの看護師さんよりも長く、
病棟の看護師全員が、
“主任さんのやり方”に従っているのだそうです。
他病棟から移ってこられた師長さんも同じで、
主任さんには意見を言えないというのです。
「彼女がいないと病棟は回らないから」
という師長さん。

「主任さんを師長に」という病院の意向もあったのですが、
主任さんは、ご家庭の事情で以前より夜勤に入れなくなり、
勤務時間にも制限があるので、
「師長はできない」と断られたそうです。

師長さんも主任さんに逆らえない状況。
この問題の根は深いと感じました。


それからしばらくして、
その病院で勤務しているSさんという看護師さんから、
「転職したい」というご相談がきました。

Sさんの退職理由を聞いてみると、
やはり原因は主任さんでした。

教わってもいない雑務を「サボっている」と怒られたり、
引継ぎされていなかったことを「ちゃんと聞いていない」
と師長に告げ口されたりしたのだそうです。

師長さんに訴えても、主任さんの言いなりで、
それが正しいことや必要なことなら我慢もできるけど、
主任さんの好き嫌いで
大変な仕事を押しつけられ、怒られている、
と感じるのだそうです。

「転職したばかりだからすぐに辞めたくないんですけど」
というSさん。

そこで、もう一度師長さんにお時間を頂きました。

現状は働く人たちにとっても、患者さんたちにとっても、
良いとは言えない環境だとわかっている師長さん。

「私も本当は注意したいんですけど、
 主任さんがいないとこの病棟がまわらないし、
 主任さんに辞められたら困るから・・・・・・」

本当はなんとかしたい師長さんのためにも、
誰からも指摘をしてもらえず
嫌われ役になってしまっている主任さんのためにも、
何より看護師さんたちがイキイキとお仕事できるために、
なんとか改善のお力になりたい。

そこで、
「もし、主任さんが辞めてしまうことがあっても、
 経験年数の多い管理職経験者を紹介するなど、
 人材紹介会社として必ずバックアップしますから、
 主任さんと一度、話をしてみて頂けませんか」
とご提案しました。

「そこまで言ってくるのなら」と師長さんは、
今まで言いたかった思いを主任さんに伝えられました。

師長さんは、主任さんに、
周囲から主任さんへの不満や、
主任さんが師長の自分より偉くなっている現状の問題を注意し、
改善されない場合は、
主任さんに他の病棟へ移動してもらうと話しました。

すると主任さんは、
「ずっとこの病棟でやってきて、他に移りたくない」と、
かなり動揺されたそうです。

主任さんは、ずっと誰からも注意を受けなかったことで、
周囲がそんな思いをしていると気づかずに、
自分のやり易いように行動していたのだそうです。

そして、今までの師長さんに対する
上司として見ていないような態度を謝罪し、
新人教育についても、周囲の看護師への対応についても、
改善の約束をしてくれたとのことでした。

「もっと早く、ちゃんと注意すればよかった」
と晴れ晴れとして顔で話す師長さん。
「でも、バックアップしてくれるという言葉がなかったら、
 怖くて一歩を踏み込めませんでした」
とお礼を言って下さいました。

職場環境が劇的に改善されたことで、
Sさんは転職をせず、
その病院で頑張ることになりました。
転職履歴が増えずに済んだと、ほっとしていらっしゃいました。

職場というのは、狭い世界です。
一度できあがった体制を変えることは難しいことです。

でも、明らかに誤った環境のままでは、
良い労働環境も、良い医療環境も作れないでしょう。

今回のケースは特別でしたが、
看護師さんたちがイキイキ働けるために
人材紹介を行う会社として、
人を通してよい環境づくりのお手伝いができるなら、
いつでも本気でご協力させて頂きたいと思っています。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ