お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2013年08月08日

「なぜ、紹介会社なのに相談だけでもいいのですか?」

「なぜ、紹介会社なのに相談だけでもいいのですか?」

最近、よく聞かれることがあります。
そこで今回は、この質問にお答えしたいと思います。


人材紹介の会社として一番良いことは、
転職のお手伝いをすることで、
求職者の方にも、事業所の方にも喜んで頂くことです。

でも、お悩み相談室では、よく
「転職しなくてもいいので相談して下さい」
と言っていますし、
実際に転職せずにご相談だけの方も多くいらっしゃいます。


ひとつの例として、実際にあった
29歳女性看護師・Mさんという方のケースをご紹介します。

Mさんは老人保健施設で3年勤務された後、
病院で3ヶ月勤務し、合わずに退職。
その後、デイサービスを3年経験した後、
透析クリニックへ入職された7年目の看護師さんです。

ご相談頂いた内容は、
人事異動で通勤に1時間もかかる透析クリニックに配属されてしまい、
そこでの人間関係がひどく、毎日のように文句を言われ、
さらに唯一信頼して看護師さんが退職してしまい、
心のよりどころを失ったMさんは、
転職を考えるようになったということでした。

転職したい思いがあるものの、
根が真面目なMさんは、「退職を考えている」ということを
なかなか主任さんに伝えることができずにいました。

Mさんとは本当に毎日のようにお電話でお話しましたが、
「今日も言えなかった」とMさんはいつも落ち込んでいました。

そこで、退職が言いづらいのであれば、
異動の希望を出してみてはどうか、
誰かに打ち明けてみてはどうか、
など他の選択肢もご提案し、解決策を探っていました。

そして、ある日、Mさんは、
看護師長さんに悩みを打ち明けることができたのです。

Mさんの思いを知った看護師長さんは、
「そんなことで悩んでいたんだんね、大変だったね」
と親身に話を聞いて下さったそうで、
異動の希望も聞いて下さり、
Mさんは退職せずに済んだのでした。


この場合、すぐに転職をオススメすることも可能でした。
でも、
強引な転職をオススメして、
その方に合わずにすぐ退職されてしまうと、
二度と『看護のお仕事』を利用して下さらないでしょう。
また事業所の方からの信頼もなくなってしまいます。

何より、キャリアアドバイザー自身が、
自分の仕事に誇りをもてなくなっては、
良い人材紹介などできないのです。


Mさんとは、それから1年以上経った今もたまにメールを頂いています。

Mさんは結婚され、今はとても充実されているようです。
「もし、育児などで転職が必要になったら、絶対にご相談します!」
と言って下さいました。

Mさんのように、また必要になった時に、
『看護のお仕事』を選んで下さる方もいらっしゃいます。

また、『看護のお仕事』を利用した方が
他の知り合いの方にご紹介してくれることもよくあります。

ですから目先の転職ではなく、
その求職者の方が本当に“良かった”と思う環境探しに、
一番、力を入れているのです。


医療環境も人の心も、
日々、変化していくものですが、
人と人が本気でつながれてできた絆は、
とても強いものだと感じています。

もちろん、自分の目標が明確な方には、
スピード重視で、
気軽に求人検索として利用して頂くことも可能です。
求職者が望むなら、
それも大切なことだと考えています。

でも、
「自分を知った上で、自分にあった職場探しのアドバイスが欲しい」
と思われる方には、とことんお付き合いします。

そんな時は、どんな些細な思いでもいいので、
なんでもご相談して頂けるといいな、
と感じています。

転職では、「条件」ももちろん大事ですが、
“気持ちを重視したご相談を大事にしていきたい”
『看護のお仕事』は、そんな思いで、
これからも
看護師のみなさんの転職のサポートをしていこうと思っています。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ