お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2014年03月19日

思いを言葉にしてみて良かった

悩んでいる時に、
だれかに話を聞いてもらっただけで
問題が解決方向に向かった、
という経験はありませんか?

一人で抱え込んでいてもうまくいかない時、
思いを言葉にしてみるだけでも、
前に進めることってありますよね。

今回ご紹介するYさんも、
そんなふうに道が開けた方でした。

46歳のYさんは、
大手法人グループの産科クリニックに
看護師として入職後、
助産師資格を取得。
市内で通いやすい職場だったため、
結婚・出産後も助産師として働き続け、
離婚してシングルマザーになってからも、
日勤を中心に20年間
がんばってきたベテラン助産師さんです。

Yさんは今回、
勤務移動になったのをきっかけに、
転職を決意。
市内の産科クリニックを
ご自身で探しはじめました。

しかし、
どこの事業所も面接で詳しい話を聞くと、
スタッフの研修不足や勤務体制などの問題があり、
Yさんが「これだ」と思える職場は見つかりません。

Yさんはどうしたらよいか悩んだ末に、
ご相談くださいました。

Yさんのご希望は、
ご自宅の市内の産科クリニックでの、
日勤中心の勤務。
夜勤も月に数回ならできるとのことでした。

新しい職場に求めていることを
さらに詳しくお聞きすると、
Yさんは、
お世話になってきた病院だけど、
と言いづらそうにしながら、
産婦さんに一般的な対応しかできないクリニックの方針が、
ずっと不満だったと打ち明けてくださいました。

「産婦さんの思いに応えられる職場で働きたいんです」
とおっしゃるYさん。

そういうことならと、
思い切って隣の市の
産科クリニックをご提案してみました。

そこはフリースタイル出産で有名なクリニックで、
産婦さんの希望や状況に合わせて、
自由に出産に臨むことができる施設が整っています。
職員も、出産に関する勉強会に、
積極的に取り組んでいます。

Yさんもご存知のクリニックでしたが、
自宅から遠いし、時間外も考えると、
通勤は無理だと考えていらっしゃいました。

そこで、
クリニックにYさんのことをお話し、
勤務時間を交渉したところ、
日勤は9時から5時までの遅出
夜勤は月に2~3回
という条件で良いとのこと。
また、時間外勤務がほとんどなく、
院内の勉強会は職員に負担のないように
勤務時間内に行っているので、
家事や子育てと勉強を両立できる環境だと、
Yさんにお話しました。            

それに、
通勤に利用する電車も下り線なので、
ひどいラッシュに巻き込まれず、
自宅から1時間弱で通えます。

Yさんにこのことをお伝えすると、
たいへん喜んでくださいました。

面接では、
病院長にYさんの出産に対する意欲が伝わり、
Yさんもクリニックに強く惹かれて話が進み、
勤務条件にもご満足いただけました。
また、実際に電車で行ったことで通勤にも自信がつき、
すぐに入職が決まりました。

1ヶ月後、様子を見に行ったところ、
いきいきと働いているYさんの姿がありました。
Yさんは、
「どんな出産に出会えるだろうと、毎日ワクワクしています」
と、満面の笑顔で言われました。

納得の行く職場をお求めの方は、
ご希望の働き方について、
言葉にしてみてはいかがでしょうか。
思いを言葉にしてみることで、
具体的な道が見つかるかもしれませんよ。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ