お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2014年05月27日

どうしても苦手な人

1週間、1日の中で、
職場にいる時間っておおいですよね。

そんな職場で出会う人は、
選んで一緒にいる友人とはまた違う不思議な関係。
でも、友人よりも長い時間を共に過ごすのですから、
重要人物なんですよね。


Iさんは、資格取得後すぐに
500床の都立病院へ就職を決め、
「患者さんのために」という気持ちで
毎日朝早くから遅くまで
一生懸命仕事をしてきましたが、
体調をくずし、2年目で退職された看護師さんでした。

その後、地元に帰り、
セーブしながら働けるクリニックで1年勤務。
体調が回復してきて、
「また都心の病院でしっかりスキルを磨いていきたい」
と思ったIさんは、
今回、ご相談くださったのでした。


体調不良の原因についてお伺いすると
「実はどうしても苦手な人がいたんです」
と辛そうなIさん。

その苦手な人とは、
2年目の移動で同じ部署になった先輩でした。

誰とも比較的うまくやっていけるIさんでしたが、
その先輩には初対面からなぜか
「嫌われている」と感じることが度々あり、
気にせず普通にしようと思っていても、
その人がいるだけでミスをするようになってしまい
どんどん苦手意識が強まってしまったそうです。

「みんなにはわからないように
 私にだけキツイ言い方をしたり、無視するんです」

周囲に相談するのは陰口のようでイヤだと思い
誰にも言えずに我慢していたIさんでしたが、
夜勤でその人と組む日は憂鬱でしかたなく、
シフトを何度もチェックしたり、
その人がいたら別の通路に回ったりと
神経過敏になって、
とうとう体調を崩されてしまったのでした。

=============

一般的に都立病院や大学病院など
母体が大きい有名病院では、
患者さんの数が多く、非常に激務なことがあります。

結果、1年目で離職する方もおおく、
新人看護師の7.5%が一年目に離職しています。

看護協会の調査では、その理由として、
「患者から自分の関わりを否定される」
「先輩スタッフから出来ない事を怒られた」などの理由から、
自信を喪失し、医療行為が不安になり、
退職する看護師がおおいという結果を発表しています。

1年目というのは仕事を覚える段階なので、
まだできないことがあって当たり前なのに、
その段階で人から言われた言葉で
自信を喪失してしまう看護師はおおいのです。

=============

辛い記憶を正直に話してくれたIさん。
「それでも看護師としてもう一度、がんばりたい」と言うIさんのために、
安心して、スキルを磨ける場所をご紹介したいと思いました。

Iさんは、エリアはこだわらないということだったので、
たくさんの選択肢から探すことができました。

そんな中からご提案したのは、
それなりに忙しい病院ですが、
教育体制がしっかりしていて、
職員同士がいつも楽しそうな雰囲気で、
外部の人間にも親しく話しかけてくださる
オープンな雰囲気の急性期の病院でした。

Iさんの体調や不安を看護部長さんにお話しすると、
「慣れるまでは夜勤週2日からでもいいですよ」と
言ってくださいました。

Iさんもその病院を気に入ってくれたのですが、
「また体調を崩してしまうのでは」
という不安を消すことができないようでした。
そこで引越し先を探しに来るタイミングで、
病院見学に同行し、
スタッフの方に質問したり、
仕事の様子も見ていただきました。

緊張は解けなかったようですが、
「なんとかがんばってみます」と面接に挑み、
看護部長さんの理解もあって、
内定をもらうことができたのでした。


それから1年と7ヶ月。
今でも、その病院に連絡すると看護部長さんに、
「Iさんは本当によく頑張ってますよ」
というお声をいただきます。

ずっと見てくださっているんだと、
こちらまで嬉しくなります。


「どんな仕事をするか」も大事ですが、
「誰と一緒に働くか」というのも
すごく大事なことだと思います。
人間関係の細かな雰囲気や入職後の環境など
目に見えない部分をしっかり伝えることが、
私たちの介在価値なんだと
改めて感じさせてもらったケースでした。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ