お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2014年06月03日

夢をかなえるための第一歩

夢をかなえることは、登山に似ています。

むやみに登ろうとしても、
途中で道を誤ってしまったり、
荷物が重すぎて動けなくなったり、
遭難してしまうかもしれません。

登頂するためには、目標を決めて、
しっかりと準備を整えて、
道のりを一歩一歩前進させていく
プロセスが必要なのです。


今回ご紹介するYさんの夢は
「将来、ホスピスで働く」というものです。

Yさんはホスピスで役立つ経験を積みたいと
がん看護に有名な病院、血液内科、ペインクリニックのうち
どの病棟にするかで悩み、ご相談下さったのでした。


Yさんの経歴は療養病棟が4年。
経験は耳鼻科・眼科等で、
一般的な内科系の知識やスキルはありませんでした。

まずは基本的な知識やスキルを身につけるために
「急性期にしてみてはいかがでしょうか?」
と提案させて頂きました。

でもYさんは、ホスピスで必要な専門スキルに
こだわられているようでした。

早く夢へと近づきたい、将来の役に立てたい、
という理由ばかりが先走り、
転職先の候補を決めてしまっているのです。

しかし、まったく臨床経験のないYさんが、
突然、専門性の高い現場に入れば、
戸惑うことが多く、
専門スキルを身につけることも難しいのではないか
という疑念がありました。

そこで、そのことを丁寧にお伝えし、
今後どうキャリアを積んでいけば、夢に近づけるか
という道筋を一緒にじっくりと話し合いました。

今年のこと、3年後のこと、10年後のこと、
と順番にシミュレーションしていくうちに、
Yさんも、臨床経験が必要だと感じたようでした。

先ばかり見て焦り、現状が見えいなかった
と気づいたというYさん。

納得して3つの総合病院を受けることになり、
そのうちの2つの病院から内定をいただけました。

その内から、最終的にYさんが選んだのは、
温かみのある雰囲気で、教育体制のしっかりとした、
急性期の総合病院でした。

面接時にYさんの目標を聞いた看護部長が
「ICUはどうですか?
 全身を診ることができて、学ぶことがたくさんありますよ」
とおっしゃってくださいました。

その言葉にYさんは、
ここなら夢を叶えられる環境があると感じ、
入職を決意されました。

ICUで経験を積んだ後には、
他の病棟への移動もできるということで、
「理想の転職ができました」
とYさんは笑顔で話してくださいました。


後日、病院を訪問した際、
マンツーマンで先輩看護師に教えてもらい、
必死にメモを取りながら、
患者さんと接しているYさんに会いました。

その真剣な表情を見て、
選択は間違ってなかったと実感しました。

転職をきっかけに、
今、数年後、その先に
何が必要で、どんなことをしていくか、
という方向性を確認するお手伝いができて
本当によかったです。


もし、夢にどう向かえばいいか悩んでいる方がいたら、
まずは足元から続く道を
イメージしてみることをおすすめします。

自分に今、必要な道しるべが
きっと見つかると思いますよ。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ