お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2014年07月03日

将来の安定を見据えて

私はコーヒーが好きなのですが、
最近、会社では飲まないようにしています。

そうすると、帰宅してからの最初の一杯が本当に美味いんです。
1日頑張った自分へのささやかなごほうびです。

少し先を考えること。
転職のときには、とても大切なことだと思います。


関西地区の看護師のKさんは
32歳のシングルマザーです。
お子さんの保育園の関係で
夜勤や週末の勤務ができず、
内科病棟で日勤のみの非常勤をしています。

しかし今後の生活のためには
収入アップが必要と考えたKさんは、
日勤のみの正社員の仕事を探して
ご相談くださいました。

Kさんのご希望は高給与で内科系の日勤常勤、
保育施設を併設していることが必須条件でした。

すると、隣の市に保育施設のあるリハビリ病棟の
日勤正社員の求人が見つかりました。
病児保育の受け入れ施設もあるので、
お子さんの急な病気の時でも安心です。
給与も今までよりかなり良く、
Kさんはたいへん喜んでくださいました。

Kさんが見学に行かれたところ、
保育施設も病棟もとても雰囲気が良かったとのこと。
けれども、なぜかKさんは浮かない様子です。

お話を伺ってみると、
Kさんはお子さんの将来を心配されていました。
保育施設があるのは良いのですが、
病児保育の受け入れは小学3年生まで。

小学4年生以上になると、
急な発熱などの時は、やはり仕事に影響します。
できれば転職後は、
お子さんのためにも環境を変えたくないとおっしゃるKさん。

「近くに親がいてくれたら助かるんですが」
Kさんはポツリとつぶやきました。

今の病院は子育て中のナースが多く、
休みの融通がきく職場だからこそ、
がんばってこられたKさん。

小さなお子さんを育てながら頼れる人もなく、
転職を決心したKさんは、
本当はとても不安だったのです。

そこで、Kさんに思い切って
「九州で職場を探すこともできますよ」
とご提案してみました。

Kさんのご実家は九州ですが、
ご両親に心配をかけたくなくて
シングルになってからも関西で頑張ってきました。

しかし、九州のご両親の協力の元で働けるなら、
お子さんに何かあった時に助けてもらうことができます。
ご実家は九州でも郊外なので、
関西地区よりも給与の水準は下がりますが、
ご両親に頼れることでKさんの不安も和らぎます。

Kさんはしばらく考えてから
「子どものためにも、親に連絡してみます」
とおっしゃって、お電話を終えました。

数日後、
Kさんは九州で転職することを決意。
ご実家近くを探すと
院内託児所のある総合病院の求人が見つかりました。

それからのKさんは行動が早く、 
ご実家に1泊して面接に行かれ、
無事内定をとりました。

後日Kさんからは、
お子さんと一緒にご実家で暮らしながら
通勤しているとお聞きしました。
お子さんも院内託児所に溶け込み、
Kさんも仕事や環境に慣れたそうです。

「あの時背中を押してもらって本当に良かったです」
Kさんは元気な声でおっしゃいました。

Kさんは看護学校時代から関西で暮らしてきたので、
九州に戻るきっかけがつかめなかったとのこと。

将来を見据えて考えることで、
Kさんが安心できる職場選びができて、
本当に良かったです。


給与、勤務形態、保育施設の有無など、
転職条件はたくさんありますが、
大切にしたいポイントによっては
職場選びの方向が変わることもあります。

今どうしたいかだけでなく、
将来どうなっていたいか、ということ。
職場選びの時には
これからの自分を見据えて
考えてみると良いかもしれません。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ