お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2014年07月22日

使命感で自己犠牲すること

先週、ちょっと体調が悪いかなと感じていたのに、
知人に「絶対、行かなきゃ損だ!」と言われて
ある海外アーティストの野外ライブに行きました。

そして、見事に高熱で倒れてしまいました。
有名なアーティストでしたけど、
実は、特にファンというわけではなかったんですよね。

勢いで冷静な判断ができなかったことに反省してます。


さて、今回ご紹介するYさんは
看護歴25年のベテランさん。
2年前に「管理職として来て欲しい」と人の紹介で転職し、
病棟主任として勤務する正看護師さんでした。

Yさんは優しい性格で、気遣いができる方。
でも、逆を返せば、
相手のことを気にしすぎてしまうところも…。

とくにYさんの悩みは
転職した先の病院に30年いる
いわゆる「お局様」と呼ばれている看護師でした。

初対面からYさんを敵視してきたお局様は、
ことある毎に「主任のくせに」と文句をつけてきて、
気に食わないときは患者の前でも文句を言う状態。

さらにお局様は入ってくる新人いびりがひどく、
配属半年も持たず辞めていく新人が続いていたそうです。

看護師長に相談しても、
「あなたがうまくまとめて」と言われてしまい、
お局様に直接話をしようとしても、
あからさまに無視され、
ストレスに押しつぶされそうになったYさんは
やむにやまれず今回、ご相談くださったのでした。

よほどの心労からか、
「長く居座っている看護師のいないところ」
というYさんのご希望でしたが、
管理職までされているYさんなので
意義のある転職をできるように話し合い、
総合病院の急性期病棟をご紹介することになりました。

しかし、いざ、面接日程を決めようとなると、
Yさんは「病院から引き止められていて辞めれない」
とおっしゃるのです。

Yさんが大丈夫ならと、
対人問題を解決したケースなどをお伝えし、
転職をせず頑張ることを応援することにしました。


しかし、7ヵ月後に再び、Yさんからお電話が。
ボーナスの額が低かったことと人間関係の悪化で、
やはり転職したいとのことでした。

Yさんに収入面のご希望を伺い、
いくつか病院をご提案しました。
しかし、また紹介の途中でYさんは引き止めにあい、
転職を断念するとおっしゃいました。

しかし、今までのお話しを伺ってみると、
問題のお局様は相変わらずの態度で、
注意にもまったく聞く耳を持たず、
上司に報告しても
環境が改善される兆しはまったくなし。

Yさんは他の看護師たちに引き止められ、
断れない人のよさで無理をされ、
辞められない状態に陥っているようでした。

そこで、まずはYさん個人にとって、
本当に残った方がよいのか、
それとも転職した方がいいのかについて
話し合うことにしました。

Yさんはまもなく50歳。
もし、このまま転職をあきらめても、
改善されない環境の中で、
数ヵ月後か数年後には
やはり「転職したい」と思うだろう
とおっしゃいました。

だとすれば年齢的にも、
今の段階で見切りをつけ、
自分のための道へ進む方がよいのではないか、
という結論に達しました。

「でも、引き止めてくれた仲良しの人のことが心残りで」
というYさん。

でも、もしYさんが我慢して残れば、
病院側は「このままでいい」と思い、
何の改善にも着手しないのではないでしょうか?

ご友人は辞めても友人。
違う形でサポートはできるはず。

Yさんは最後にもう一度、
改善交渉をしてみましたが、
何の変化もないことがわかり、
退職をされました。


その後、ご紹介した総合病院に入職。
様子を伺いに行くと、
「人の雰囲気がみんな明るくて優しくてびっくりです」
とうれしそうに話して下さいました。

Yさんは前職でできることをしたものの、
どうにもならずに転職を選びました。
それは逃げたということではないと思います。


年齢を重ねると転職条件が厳しくなることは
少なからずあると思います。

辞めないメリット、
辞めるリスクなどを比較し、
納得のいく判断をして頂きたいと思い、
今回はこのケースのお話をさせていただきました。

使命感も大切なことですが、
自分の人生は自分しか守ることができません。
だからこそ、あなたのことを
あなたが一番に考えて欲しいと思うのです。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ