お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2015年03月24日

面接をきっかけに気付く本当の希望

転職活動で、
面接まで行くと断ることができない
という方が多くいらっしゃいます。

しかし、面接は
事業所側があなたを知る機会であると同時に、
あなたが職場を実際に見て、感じて、
知る機会でもあるんですよ。


今回ご紹介するUさんは、
急性期病院歴10年、
クリニック歴3年、
往診経験もある看護師さんでした。

結婚で転居することとなったUさんは、
家の近くの急性期病院に勤務したものの、
その病院には病棟師長がおらず、
人員配置も少なかったため、
残業が毎日3時間は当たり前。

新しい家庭と育児との両立に悩み、
通う距離が増えてもいいので、
「残業のない病院へ行きたい」
とご相談くださいました。

ただ、Uさんの転職活動は、
非常に忙しい勤務の合間に、
育児との両立をしながら、
ご自身の結婚式の準備も抱えるなど
とてもハードな中で行なうことに。

Uさんは今までの経験から、
「急性期でも慢性期でも訪問看護でもいい」
という大まかな条件であったため、
選択肢はキリがありません。

Uさんの本当に求める条件を
一緒に探しだしたくても、
Uさんが多忙すぎて、
じっくり話し合う時間もありませんでした。

そこで求人候補を
明確なポイントを絞った
いくつかのバリエーションでご提案。

まず、その中で、
ひとつだけ気になるものを選んで頂き、
そこへ見学と面接を行っていただいて、
その職場と自分の働くイメージの
『どこが合うのか・合わないのか』を
一緒に確認しました。

そして、その内容をもとに、
今回の転職で求めることをまとめました。

実践した結果、Uさんの求める条件はこのようになりました。

・長く勤められて
 お給料が安定しているところ。
・変則勤務があまり発生せず、
 臨機応変の対応ができるところ。
・しっかりとしたドクターの元で
 働けるところ。

上記を満たせば、
当初、話していた残業には
こだわらないことになりました。

実際に病院に足を運んだことで、
ご自身が言葉にできていなかった条件が
具体的なイメージで明確になったのです。

条件を絞ったところで、
2つの候補を見つけ、ご提案。
両方に面接に行っていただきました。

そして、Uさんは、
残業は多少あっても、
上記の条件を満たす
中規模急性期の病院を選び、
見事内定をもらうことができました。


前職の退職や入職手続きも
忙しいUさんのために、
できるだけサポートをし、
転職が完了した時には、
「やっと落ち着けます」
とUさんは喜んでくださいました。


入職後も定期的にメールで報告をくださるUさん。

入職当時は、
残業が1時間程あったようですが、
半年後には周りの方と協同して、
慢性的な残業をなくす仕事の仕方を提案し、
定時に上がれるまでになったそうです。

転職時は多忙すぎたものの、
Uさんは本来、
しっかりとスケジュール管理できる方です。
でも、職場環境まで改善されてしまうとは…。
本当に素晴らしいです。


今回のケースでは、
見学と面接を受け、
それに対して自分の希望を考えることで、
漠然としていた希望条件が
明確になりました。

面接は、最終決定の場ではありません。
大切な転職だからこそ、
自分の求めるものをしっかり判断する機会として
活かしていただければと思います。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ