お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2016年01月26日

『言霊』を味方につけて

『言霊』という言葉をご存知ですか?
古来、言葉には不思議な力が宿っていて、
ある言葉を発するとそのとおりの結果になる、
と考えられてきました。

意識してポジティブな言葉を使っていると、
気持ちが前向きになって物事がうまくいく。
それが「言霊」の力だそうです。

反対に、ネガティブな言葉を使っていると、
気持ちが落ちて、物事がうまくいかない。

本当に、言葉は大切にしたいものですね。


先日、41歳の正看護師Tさんから
私宛にお電話がありました。

Tさんはこの度、
私共に転職のご相談をくださり、
同僚が担当して職場が決まっていました。

しかし、実は1年ほど前に、
私がTさんの担当となって、
職場をご紹介した経緯があったのです。

1年前のTさんは、
ブランク15年からの復帰だったため、
「私はダメかも」「もう無理かしら」などと、
不安ばかりを口にしておられました。

私はそんなTさんを何度も励ましながら、
人間関係が良く医療行為が少ない
デイサービスの施設をご紹介しました。

“私のご紹介した職場で何かあったのか…”と、
心配しながらお話を伺うと、
「その節はありがとうございました!」
というTさんのハツラツとした声が。

Tさんは今回、
ご主人の転勤のため、
やむなく転職されるということでした。

せっかく慣れ親しんだ職場を離れることで
落ち込んだというTさん。

しかし、その時に
以前、私が言った

「ネガティブなことを言うよりも、
 “今できること”を口にしてみましょうよ!」

という言葉を思い出したというのです。

そして、退職をひとつの“転機”と捉え、
気持ちを切り替えることで、
あるアイディアが浮かんだと教えてくださいました。

デイサービス施設で介護に興味を持ったTさんは、
この機会に通信講座の受講を始めて、
ケアマネージャーの資格試験を受ける
という決心をしたのです。

転職が決まった介護老人保健施設では
非常勤として働きながら勉強を続け、
ケアマネージャー試験が終わった後に、
常勤職員になる予定だとのこと。

Tさんの介護ケアへの熱意は施設にも伝わり、
「看護師さんのケアマネージャーは大歓迎です。
 合格するまで、勉強しやすいように配慮しますよ」
と言われているそうです。

そう言われてますますやる気が湧いてきた、
というTさん。

「あの時の言葉のおかげで、
 今回の転職もうまくいったんです。
 だから、どうしてもお礼が言いたくて!」
と改めて感謝の言葉をくださいました。

1年前、不安に押しつぶされそうだった頃から、
元気で頼もしい雰囲気に変わったTさん。
きっと、お仕事をされて、
自信を取り戻されたのですね。

私の言葉を覚えていてくださり、
お礼まで伝えてくださって、
本当に嬉しかったです!
ありがとうございます。


不安なときは、つい、
「できない」「ダメだ」などの
ネガティブな言葉を口にしがちです。

けれども、そんなときこそ、
どんな小さなことでも良いから
“今できること”
を言葉にしてみてはいかがでしょうか。

ポジティブな言葉には
良い『言霊』が宿り、
気持ちが前向きになって
力が湧いてきます。

みなさんも、『言霊』を味方につけて、
ご自身の運気を上げてくださいね。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ