お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2016年10月11日

納得のいく職場で働くために

レストランでメニューに迷っていたとき、
一緒にいる人が選んだものに影響され、
注文を直前で変えたことってありませんか?

「やっぱりあっちが良かった」と思ってしまったときは、
「何で変えてしまったんだろう」と後悔しますよね。


さて今回、ご紹介する看護師・Aさんは、
初めてお話したときは
とてもおとなしい印象の方。

ご希望は、
「慌ただしい今の職場とは違い、
 じっくり教育を受けられる職場」
ということでしたが、
具体的な希望内容を聞くと、
「んー」、「そうですねー」を
繰り返されるばかり。

逆に今の職場の不満をうかがっても、
やはり「んー」、「そうですねー」が続き、
なぜ転職したいのか,
どうなりたいのかが、
まったく見えてこない状況でした。

そこで、
いくつかの違ったタイプの候補を挙げ、
じっくり検討していただくことに。

しかし、数日が経っても、
Aさんの結論は出ません。
どの辺がひっかかるのかとお伺いしても、
「んー」と悩んでしまいます。

さすがに私も困ってしまい、
「身近な方に相談してみてはどうですか?」
とご提案すると、
「それは嫌です!」と
Aさんは初めて
ご自身の意見を言われたのです。

“ここに解決のヒントがある”
と感じた私はご家族について
少し話をうかがってみました。

するとAさんから、
「看護師の母が絶対にこの病院がいいと
 勧めるから入ったのに失敗だった」、
「母と自分は性格が全く違うのに、
 自分の考えに絶対従わせようとする」など、
 不満が次々と溢れ出てきたのです。

Aさんは自分の気持ちとズレがあっても、
看護師の先輩であるお母様の言うことは
「そうするしかない」と
言うことを聞いてきたというのです。

Aさんのこれからを考えると、
今のままどこの職場へ行かれても、
納得することはできないのではないか、
と感じました。

そこで思い切って、こう伝えました。
「Aさんは人に言われたことを
 真面目に取り組む方なのですね。
 でも、どんなことも、
 自分で考えて自分で決めていかないと、
 納得できないんじゃないでしょうか?」

その後もAさんの悩みをできるだけ伺い、
一旦、お電話を終了しました。

3日後に、Aさんがメールをくださいました。
『よく考えると、
 忙しくて教育環境がない病院だとか、
 先輩が余裕がないから教えてもらえなかったとか、
 同期が優秀だから私がダメに見えてしまうとか、
 私は、母だけじゃなくて、 
 いつも誰かのせいにしていたかもしれません』

ご自身を省みられたAさんは
その後、真剣に"自分の希望”を考え、
やってみたい看護の目標を見つけました。

それから病院を選んで面接へと進み、
見事、内定を取ることができたのです。

現在はその病院で
“新人としてゼロから成長しよう”
と頑張られています。

入職後、お電話をすると、
「母には前の病院を辞めたことで文句を言われましたが、
 自分が選んだことなので、もう気にしません」
とおっしゃっていました。
自分がどんな看護師になりたいかを伝えたところ、
しぶしぶですがお母様も認めてくれたそうです。

Aさんにとって大事だったのは、
環境ではなく、
「自分で決めた」という気持ちだったのですね。

これからは迷うことがあっても、
持ち前の真面目さで、
さまざまな困難も乗り越えていけると思います。
Aさん、応援していますよ!

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ