お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2013年01月31日

転職のタイミングと決断

39歳のAさんは、
2年前、シングルファザーになったことを機に、
「手に職を」という思いで
准看護師の資格を習得された男性看護師です。

長期入院患者が多い精神病棟に勤務して2年。
37歳にして、新人。
女性の多い職場で、経験の無い世界で、
Aさんはただ必死に仕事を覚えながら、
子供の面倒も見てきました。

長年、看護師をしているAさんのお母さんが
この春に病院を定年退職する予定で、
同じくこの春に幼稚園に入園するAさんのお子さんの面倒を、
今までより長く見てくれることとなり、
Aさんは、やっと将来のことを考えられる余裕が出てきたそうです。

「仕事にもだいぶ慣れたので、将来のためにも、
正看護師の資格を取りたいって思うようになったんです」

そんな矢先、勤務先の病院の経営者が変わり、
昇給制度や教育環境の改善計画などが見直され、
“当面、現状維持”と言われたAさん。

子供の進学や将来のことを考え、
このまま、昇給もなく、個人のスキルアップより、
とにかく現状を維持することで手一杯な病院で働き続けていても良いものか、
と不安になってお電話を下さったのです。

そこで資格習得支援があり、定期昇給のある病院を
いくつか見てみますか、とお伺いすると、
Aさんは、転職すること自体に悩んでいるようなのです。


Aさんの年齢やお子さんの進学時期など、総合的に考えると、
転職のタイミングは、今が最適に思えるのですが・・・。

ご本人が乗り気ではないなら、もう少し様子をみた方が良いのでしょうか・・・。

でも、子供を引き取ってシングルファザーになると決断した勇気、
「手に職を」と努力し準看護師になった意思の強さ、
Aさんには、転職してスキルアップをしていける強さとパワーがある!

そう思った私は、もう少し、Aさんに転職を勧めてみることにしました。

詳しくお話を伺っていると、
Aさんは転職してスキルアップしたいと強く思っているのですが、
看護師の大先輩であり、
子供の面倒を見てくれているAさんのお母さんが
転職など必要ないと反対されていると言うのです。

Aさんの気持ち、お母さんにお伝えしたい。

「お母さんもご一緒に、一度、面談を行ってみませんか」
Aさんにご提案をしてみると、
Aさんは戸惑いながらも、「お願いします」と承諾して下さいました。

長年一つの病院で勤め上げてきたAさんのお母さんは、
温和ながらもしっかりした信頼感の持てる雰囲気がありました。

Aさんのお母さんがおっしゃる
「同じ場所で長く勤める良さ」、「病院が大変な時に辞めるのは非情」、
ということは正しいご意見だと思います。

ただ、働いてくれる人に甘えて、
雇用環境の改善を疎かにし続けている病院をいくつも見てきまし、
逆に人が離れて、改善された病院もあったので、
そのことをお伝えしました。

何より、お孫さんのこれからのためにも、
Aさんが資格を取るためにも、
Aさんが希望する定期昇給や資格支援のある病院に転職して、
そこで長く勤めていくのが一番良いのではないか、
という提案を、具体的な病院候補を出しながら、
ご理解頂けるように説明させて頂きました。

お母さんはAさんが「正看護師資格を取ろう」
と考えていたことを知らなかったようで驚いていらっしゃいました。
Aさんは今まで母親に言うことが恥ずかしく、
話をしていなかったのだそうです。


その後、しばらくご連絡はなく、
そろそろご連絡しても良いだろうか、と考えていた頃、
Aさんから「病院を紹介して欲しい」とお電話を頂きました。
お母さんが承諾してくれたと言うのです。

面談でAさんが色々考えていたことを知ったお母さんは、
「転職をしてもよい」と思ったのですが、
一度反対した手前、なかなか言い出せずにいたそうです。

そんな時、Aさんが患者さんから暴力を受けてしまい、
お子さんが「パパがまた怪我をするのではないか」と仕事へ行くのを
心配して、毎朝、泣くようになったのだそうです。
それをきっかけに、Aさんのお母さんは、
「転職してもいいんじゃない」と言えたということでした。


「間に入って、一緒に話をして頂いたことで、
お互い言えなかった本当の気持ちを知ることが出来ました」
とAさんはおっしゃって下さいました。


Aさんは、現在、資格支援や研修のしっかりした病院に無事、転職しました。
もちろん、昇給制度のある病院です。
「正看護師になって、いつかは認定看護師も目指したい」
と希望に満ち溢れて、頑張られています。


転職のタイミングはとても重要なものです。
でも、転職を決断するには、自分だけではなく、
家族や周りの人の同意も大事にしなければなりません。

家族だから素直に言えない事、言い辛い事というのもありますよね。
実は私も、親の前だと気持ちを素直に言えない時があります。

でも、自分にとって身近な人だからこそ、
あなたの気持ちをしっかり理解してもらい、
応援してもらえることが一番だと思います。



そのためのお手伝いが少しでもできたのなら、
よかったな、と思った今回の出来事でした。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ