お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2013年01月31日

お悩み相談をしていて

いつも、ご相談のお電話を下さり、
本当にありがとうごいざます。

今回は、「お悩み相談」について、
少しだけお話をさて頂きたいと思います。


先日、全国の「看護師の就業に関する調査」がありました。
看護師の離職率はこの3年間、微減傾向にあるそうです。

これは、給与や休暇などの労働条件の見直しや、
育児支援や教育体制などの環境の整備、
短時間正職員制度の取り入れなど、
“雇用の定着”への努力をしている病院が増えたため、
と言われています。

でも、看護師の労働環境が改善されているのは、
まだ一部の病院のみだと感じています。

それは、看護師の長期病気休暇の原因の3分の1が、
“メンタルヘルス”だということでも明らかです。

2010年の調べでは、
病気による長期休暇を取得した常勤看護師
約7000人のうち、メンタルヘルスが原因で
長期休暇を取得した方が2669人もいるとのこと。

実際、私たちのところに、
多くの看護師さんがご相談に来て下さいますが、
転居やスキルアップのためという方ももちろんいらっしゃいますが、
職場の人間関係や家庭との両立の悩みなどで、
心に重く負担を抱えている方が殆どなのです。


お悩み相談をさせて頂いていると、
たまにこんな言葉を頂きます。

「お話を聞いてもらえただけで、なんだか気持ちが楽になりました」

これは逆を返せば、看護師さんたちの多くが、
文句や不満を誰にも言わないまま、
“自分に目を向けること”ができずにいるのです。

ここでも何度か書かせて頂いたかと思いますが、
多くの看護師さんにお会いしていると、
家族や患者さんのことを優先して、
ご自身の辛さや大変さは限界が来るまで、
我慢されている方が多いように思います。

看護師という「人をケアするお仕事」がそうさせているのか、
あるいは、そういう責任感の強い方が看護師になられるのか、
両方なのかもしれませんが、
「もっとご自分のことを許して、楽にしてあげて下さい」、
と言って差し上げたくなるような方が多いのです。

ちなみにメンタルヘルスが原因の長期休暇は、
一般労働者より看護師の方が多いという数字も出ています。


ご相談を頂く時、私は、
その方がずっと自分の中に溜め込んでいたものを、
できるだけ全部、吐き出して頂きたいと思っています。

それがどんな内容であっても、
しっかり最後まで耳を傾けようと思っています。

否定する必要なんてないんです。
いいこと、悪いことなんて、ご本人が一番よく考えていて、
だからこそ、今まで弱音を吐けずにここまでいらしたのです。

それにご本人が自分のことを語れるようになると、
その方にとって転職が必要なのか、
転職しなくても楽になれる方法があるのかが、
自然と見えてくることがよくあるのです。


また、もし、あなたの身近な看護師さんが、
心のバランスを崩されているようなら、
とにかくお話を聞いてあげて下さい。

話を遮らずに、ただ聞いてあげて欲しいのです。

その方の話すことがどんなにネガティブであっても、
間違っていても、
それはその人が言っているのではなく、
「病気」が言わせているのだと思って下さい。

身近な人ほど、「何とかしたい」という思いに駆られ、
何かを言ってあげたくなるかと思いますし、
一緒に悩んでしまうかもしれませんが、
ただ、手放しで受け止めてあげて欲しいのです。


こんな同じようなことをしつこく書いていると、
社内で「熱いのは顔だけにしろ」なんて言われそうですが(笑)、
でも、せっかくの機会なので、しつこく言わせて頂きます!(笑)


看護師さんは、本当に特殊なお仕事です。
多くの精神的に辛かった経験を
みなさんがそれぞれ、たくさん抱えていらっしゃいます。

そして、まじめな方ほど、自責の念にかられ、
心の調子をくずしてしまう方もいます。

でも、周囲がどんなに心配をしても、
あなたを本当に大事にし、
あなたを許し、
あなたに助けの一歩を踏み出させるのは、
自分以外にはいないのです。

私たちで出来ることがあるのなら、
お話を聞くだけでも、
選択肢をお調べするだけでもします。

だけど、“誰かに話してみよう”と思えるのはあなただけです。

どうか、自分を大事に、
その上で、お仕事を頑張って下さいね。


この仕事をしていて一番嬉しい瞬間は、
ご相談頂けた方の“笑顔”が見られた時です。

その笑顔があるからこそ、
私も勇気づけられ、頑張っていけるのだと思います。

だから、最後にもう一度、言います。

いつもご相談のお電話を頂き、
本当にありがとうございます。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ