お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2013年01月31日

やはり看護師として働きたい

いろんな理由で看護師の仕事を手放して、
違う業種で働いている元看護師の方は、
たくさんおられます。

そして、
一度医療の現場を離れてしまうと、
また看護師に戻ることに、
不安を感じる方が多いようです。

けれど、
別の職種で働いた後で、
また看護師に戻った方もいらっしゃいます。

Nさんもそのひとりです。

Nさんは、
最初に総合病院で4年勤めたあと、
数ケ所のクリニックに勤めましたが、
いずれも1年持ちませんでした。

職場の人間関係になじめず、
短期間で職場を転々としたNさんは、

「どこへ行っても長続きしない自分は、
看護師に向いていないのではないか」

そう考えて、
看護師以外の道を選んだのです。

Nさんは保険の外交員に転身しました。

保険の仕事をしながら1年が経ったものの、
「やはり医療の現場に戻りたい」
という気持ちが湧きました。

けれど、

「もう病院で働くのは無理かも」

「一度看護師の職を離れた自分には、
良い職場は見つからないのではないか」

不安な要素ばかりが思い浮かんで、
なかなか行動に移す勇気が出なかったとおっしゃいます。

でも、
Nさんは思いきってご相談をくださいました。

私はNさんに申し上げました。

「看護師免許を取得した時点で、
看護師に向いていない、
なんてことはないはずです。

その証拠に、
また看護師になりたい”という思いが
湧いてきたではありませんか。」

看護師にもいろいろな職場や働き方があります。
今までいた職場が、
たまたま合っていなかっただけということもあります。

ゆっくりお話をうかがいながら、
以前にNさんが長続きしなかった原因を、
一緒に考えていきました。

Nさんは人間関係に一番不安を感じておられたので、
院長先生の人柄に定評のある、
アットホームなクリニックをご紹介したのです。

事前の職場見学で院長だけでなく、
他の看護師とも話す機会を作っていただきました。

働く人たちの穏やかな雰囲気を感じて、
Nさんは、看護師への復帰を決意したのです。

「一度離れてみて、
看護師の仕事の良さが再確認できました。
また現場に戻ることができて嬉しい。」

Nさんはおっしゃっています。

一度職を離れてしまっても、
また復帰することは充分可能です。

「もう一度、看護師として働きたい」
という気持ちが湧いたなら、
きっと無理だろう…とあきらめてしまわずに、
ぜひ相談をしていただきたいと願っています。

不安なことがあるなら、
無理なく勤められる職場からスタートすればいいのです。
職場探しは、誠心誠意バックアップします。


…そしてもうひとつ。
同時に言いたいことがあります。

今、看護師を辞めたいと思っている方へ。

「せっかく苦労して看護師免許を取ったのだから」
「職場や患者さまに迷惑がかかる」
「自分の代わりはいないから…」

そうやって、
懸命に看護師を続けておられることも知っています。

でももし、心身ともにボロボロになってしまいそうなら、
一度、看護の仕事から離れてみるのも、
ひとつの方法です。

自分が心地よいと思う場所を求めて、
居場所を変えることは、
決して逃げでもないし、
罪悪感を感じることでもありません。

むしろ前向きな、
勇気ある行動ではないでしょうか。

今の道を離れることで、
新しい道が見つかるかもしれない。

離れたからこそ、
また戻りたいと思えるかもしれない。

もしまた看護師に戻りたくなったら、
Nさんのように、戻って来ればよいのだと思います。

だから、
どうか自分を追い詰めないで、
自由に生きてください。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ