お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2013年04月24日

やめづらい環境

現在、28歳のTさんは、
新卒から総合病院で5年間勤めた後、
結婚を機に退職され、専業主婦をされていました。

新婚生活にも余裕ができ、
「無理せずに働いてみようかな」と思ったTさんは、
ご自身で探したクリニックで働き始めました。

ところが、Tさんの予想に反し、
そのクリニックでの仕事はかなりハードなものでした。

最低限の人数でまわしているため、
1人にかかる負担が大きく、残業もおおかったのです。
また、代わりがいないために休みも取りづらく、
急な用事や体調が悪い時も無理しなければいけませんでした。

毎日、顔を合わすスタッフは同じで、
小さなクリニックのため、
業務以外でもコミュニケーションを取らなければなりません。
しかも、Tさんと気の合う人がいなかったのです。

それでも仕事だからと1年間は、頑張ってきたTさんですが、
「思い込みでクリニックは楽だと決め付けて、
 もっと調べればよかった」
と後悔されているようでした。

前の病院は総合病院で、
患者さんの入れ替わりが激しく、重症度の高い方が多く、
業務レベルも高くて、緊張感はありましたが、
看護師の人数が多いことで、
業務も休みも、みんなでカバーし合うことができ、
気の合わない人とあまり関わらずともよかったそうです。

寿退社した前職に戻りたいけど、うまくいかないかも、
と悩んだTさんは、今回、ご相談下さったのでした。

Tさんがそもそもクリニックを選んだのは、
結婚生活に支障をきたさずにお仕事に戻りたかったからでした。

思い込みで転職に失敗されたご経験があるので、
今回は、それぞれ特徴の違う4件の
病院とクリニックの内容を比べて頂こうと思いました。
見学だけでも行って頂いてから判断したかったのですが、
Tさんの気持ちは、すでに前職の総合病院で固まっていました。

そこで、
前職の総合病院に無理のない勤務の交渉をしてみます、
とお約束しました。

前職の総合病院側では、
Tさんの以前のお仕事ぶりをわかっていることもあり、
勤務形態を変えても歓迎して下さる、と言うことでした。

さっそくご報告しましたが、
Tさんは「やっぱり転職は難しいかも」とおっしゃるのです。

詳しくお伺いしてみると、
現在のクリニックで同僚に方に転職の話をしてしまい、
強く引きとめられている、と言うのです。


転職に伴い、退職をされる場合は、
転職先が決まっていない段階でお話することはおススメできません。
転職先がはっきり決定していない段階で退職の可能性を出すと、
8割がたは退職を引き止められます。

また、始めに退職の意思を伝えるのは、
「同僚」ではなく、「直属の上司」が好ましいです。
噂という形で上司に伝わると感じが悪いものなのです。

現在の不満は、転職すれば解消されるでしょう。
しかし、そこでお仕事し、お給料を頂いているわけですから、
最低限の〝心遣い〟は持った方が良いと思います。

医療機関というのは繋がりもあります。
悪い噂は転職に不利になりますし、
退職の意思を伝えた後も、
様々な書類を現職の病院側に依頼しなければいけません。
お互いにとって気持ちよく退職することは、
転職にとって、とても大切なのです。


Tさんの場合は、ただでさえ人間関係のよくない環境です。
すでに〝悪い噂″という形で上まで話が伝わってしまっていました。
呼び出されたTさんは、上司の方から、
「人がいないのはわかっているわよね。急にやめられたら困るのよ」
と言われてしまったそうです。

もう転職はできないと言うTさんに、
私は、転職先の総合病院には入職時期を待って頂くよう交渉するので、
しっかりと退職をやり遂げましょうと言いました。

まず、Tさんには転職の意思を固めてもらい、
「そこで何を目指すか」と言う目標を考えてもらいました。
退職理由が自分の病院の悪口であれば快く受け入れてはくれないでしょうが、
転職後の目標が明確なら、引き止めることは難しいと思います。

それから、退職時期を明確にし、引継ぎをしっかりする計画を考え、
上司の方に伝えてもらいました。

稀に「代わりの職員を募集するから待って欲しい」と言いながら、
いつまでも求人を出さない病院もなくはありませんが、
労働基準法では、ルールにのっとり退職の意思を表明した者を
留めておく権利は病院側にはありません。

しかし、退職者が丁寧な対応をすれば、
そのようなトラブルになることはまずありません。

ひとつ、ひとつアドバイスし、確認しながら、
Tさんの退職をクリニックに迷惑がかからないように行い、
最終的には、上司の方に「頑張ってね」と送って頂くことができました。

そして、Tさんは無事、元の総合病院に入職されました。
現在は、家庭と仕事の両立がバランス良くできているそうです。


“病院側に納得のいく退職”は、
転職を考える人にとってとても大切なことです。

もし、どうしたら問題なく退職できるのかわからない場合は、
どんな些細なことでもいいのでご相談下さい。

あなたが気持ちよく、次のスタートを切れるように、
丁寧にアドバイスさせて頂きます。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ