お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2013年05月14日

正看護師になりたい!

「志(こころざし)は気の帥(すい)なり」

中国の儒学者・孟子の言葉です。

「目標があればやる気が湧いて、
ものごとを良い方へ導いてくれる」

という意味だそうです。


さて、
29歳の准看護師、Kさんは
やる気が湧かずに悩んでいました。

四国の准看護師学校を卒業したKさんは、
名古屋の急性期病院に就職。

2年ほど勤めたところで、
体調を崩して退職しました。

数か月の休養を経て、
近所の特別養護老人ホームで、
派遣職員として働いています。

ここで働き始めて長くなりますが、
最近のKさんは、
やる気が起きず、
仕事中もどうにも身が入りません。

朝目覚めたとき、
憂鬱で胃が痛みます。
重い足をひきづるように毎日出勤していました。


Kさんにはいろいろな、
不満や不安があったようです。

「人間関係があまり良くなくて、
毎日が張り詰めているから疲れてしまった…」

「派遣だから、
この先長く勤めたとしても、
退職金が出るわけでもない…」

「ここで正職員になれたとしても、
正看護師になることはできない」

いろいろなストレスが重なって、
気力がそがれてしまっているようでした。


ただ、ちらりと出た
「正看護師になりたい」
という言葉に、
私は前向きな向上心を感じたのです。


正看護師になることを、
しっかりと目標に据えれば、
Kさんはもっとイキイキできるのではないだろうか。

私はそう考えました。

そこで、
「正看護師資格取得支援」制度があり、
教育にも力を入れている、
P病院をご紹介したのでした。


ひょっとするとKさんは、
「正看護師になれればいいなぁ」と、
漠然と思っていただけかもしれません。

けれど、
具体的な道筋が見えたことで、

「正看護師として、
責任持って仕事がしたい!
さらに患者さまの役に立てるようになりたい!」

Kさんの中で、
正看護師を目指すことが、
はっきりとした“目標”に変わったのです。


P病院の選考は、
三次面接まであるのですが、
やる気にあふれたKさんは、
最終の面接までスムーズに進みました。

トントン拍子に話がまとまるかと思いきや、
ここでひとつ問題が起こります…


正看護学校へ通うとなると、
医師会専門学校しか選択肢が無いところに、
Kさんはお住まいでした。

そしてその専門学校には、
受験制限があったのです。

年齢制限が31歳。

Kさんは29歳。

受験のチャンスは、
あと2回きりしかないのです!


けれど、
もし今年合格できたとして、
4月から通学をすることになると、
P病院の内定は取り消されてしまいます。

資格取得支援制度は、
1年以上継続して勤務した人しか使えない、
という病院の規定があるからです。

でも今年の試験を受けずに、
再来年のラストの試験に、
一発勝負で挑むのも不安がありました。

迷うところです。


でも、
最終的な目的がしっかりしていれば、
そこにたどり着くまでのさまざまな選択については、
自然と答えが導かれていくものなのでしょう。

考えた結果、
Kさんは今年の受験はせず、
P病院へ入職することに決めました。

医療の現場からしばらく離れていたため、
今から焦って勉強しても、
合格するかどうかわからない。

それなら、
1年かけてしっかり受験準備をしよう。

来年必ず合格して、
支援制度を使って学校に通おう。

そんな判断でした。


正看護師資格を取得するという目標を定めて、
新しい病院での勤務を始めたKさん。

今は、朝目覚めたときワクワクして、
一日が始まるのが待ち遠しいとおっしゃいます。

派遣で働いていたときとは、
大きな違いです。

以前は、
常にどこか不満足な気持ちを抱えていました。

職場の人間関係や、
不安定な非正規雇用という条件のせいも、
もちろんあったでしょう。

けれど一番大きいのは、
「はっきりした目的がなかった」
ということではないかと思うのです。


目的のない作業の繰り返しは、
究極の拷問だとさえいわれています。

Kさんは、
ストレスを感じて当然の状況だったのです。

だからこそ、
はっきりと「目的」を定めただけで、
気力を充実させることができました。


今回私は、
Kさんに教えてもらった気がします。

「志を持つ」ことで人は変われる、
ということを。


さて、
あなたはいかがでしょうか?
「志」、持っていますか?

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ