労働者派遣の詳細

派遣と直接雇用の違いってなに??

派遣は、直接雇用とは異なる働き方です。

直接雇用の場合、賃金の支払いから保険の手続き、仕事上の指揮命令まで、勤務先の雇用主がすべてを行います。

派遣の場合、派遣労働者は派遣会社と労働契約を結び、勤務先となる派遣先企業に派遣されます。
仕事上の指揮命令は勤務先の派遣先企業がこれを行いますが、給与は雇用主である派遣会社から支払われ、労働基準法などの関係法令についても、基本的には派遣会社がその責務を負います。

派遣と直接雇用

派遣で働く前に知っておきたいこと

マージン率や教育訓練などの情報を参考にしましょう

派遣会社のマージン率や教育訓練に関する取組状況が派遣会社のホームページなどで確認できます。派遣会社を選ぶ際の情報として活用してください。

※)マージンには、派遣労働者の福利厚生費や教育訓練費なども含まれていますので、マージン率は低いほどよいというわけではなく、その他の情報と組み合わせて総合的に評価する必要があります。

派遣で働いた場合の賃金見込み額などの説明を受けましょう

派遣の場合、派遣労働者は派遣会社と労働契約を結び、勤務先となる派遣先企業に派遣されます。
仕事上の指揮命令は勤務先の派遣先企業がこれを行いますが、給与は雇用主である派遣会社から支払われ、労働基準法などの関係法令についても、基本的には派遣会社がその責務を負います。

派遣で働く時に知っておきたいこと

労働条件、派遣料金額、就業条件の明示を受けましょう

派遣会社から、労働契約を締結するときに労働条件の明示、派遣就業を開始するときに派遣料金額の明示、就業条件の明示があります。

※)社会保険・労働保険の加入手続は派遣会社が行います。未加入の場合には、派遣会社から理由の通知があります。

年次有給休暇、育児休業をとることができます

派遣でも労働基準法、男女雇用機会均等法などの労働関係法令は適用されます。
これらの法律の責務は派遣会社と派遣先で分担されています。年次有給休暇の付与などは派遣会社に責務があります。

働いていてトラブルが起こった場合

派遣会社と派遣先に、それぞれ相談を受ける担当者がいます。担当者に相談をしてください。