あなたは何科?

あなたが知りたい科目を選んでみんなのQAを見てみましょう

新着QA一覧

NEW DVT(深部静脈血栓症)の観察すべき項目を知りたい
病棟に勤務している経験3年目の看護師です。先日入院された下肢のDVT(深部静脈血栓症:以下DVTと表記します)の疑いのある患者さんが入院され、私が担当することになりました。...
科目
全科共通
2017.11.23
NEW デュロテップパッチを使用中の患者さんへの看護について知りたい
消化器内科病棟に勤務する看護師です。がん性疼痛から、デュロテップパッチを使用している患者さんがいます。しかし、私はいままでデュロテップパッチを使用している患者さんを看護した...
科目
消化器科
2017.11.23
NEW バイタルサインを測定するために疾患や解剖の知識が必要な理由とは?
バイタルサイン測定をするうえで疾患や解剖を知る必要性をおしえてください。...
科目
全科共通
2017.11.22
NEW 弾性ストッキングのストッキング・ハイソックスタイプの使い分け
看護師1年目です。先日、大腿骨頸部骨折した患者さんがいて、先輩看護師に「DVT予防のために弾性ストッキングを買ってきて」と言われました。「とりあえず、ふくらはぎを圧迫しない...
科目
全科共通
2017.11.22
NEW 腎ろうの固定水の減少確認を看護師が行ってもよいか?
腎ろうの固定水交換は医者がしますが、固定水が減っていないかの確認は看護師がしても良いのでしょうか?...
科目
泌尿器科
2017.11.22
NEW 腰椎穿刺の禁忌について知りたい
こんにちは。脳神経外科病棟に勤務している看護師です。先日、高血圧と高熱、頭痛、意識障害(不穏)を伴った30歳台の男性が来院しました。男性のご両親から「一週間前から風邪を引い...
科目
脳神経外科
2017.11.22
扁桃周囲炎と扁桃周囲膿瘍の違いについて知りたい
病院の外来勤務をしていますが、耳鼻科外来に異動になりました。扁桃周囲炎と扁桃周囲膿瘍の違いがよく分かりません。扁桃周囲炎と扁桃周囲膿瘍の違いについて教えてください。...
科目
耳鼻咽喉科
2017.11.21
硬膜外麻酔の副作用について知りたい
呼吸器外科病棟に勤めています、看護師です。肺の部分切除術をした患者さんが、受け持っているときに嘔吐しました。先輩看護師から、硬膜外麻酔の副作用の可能性があるといわれて、自分...
科目
外科
2017.11.21
手浴、足浴の時間の違いについて知りたい
手浴や足浴をする際、はじめにお湯につける時間は、手浴が3分から5分、足浴が5から10分と書いてありました。この違いは何なのでしょうか。...
科目
全科共通
2017.11.20
尿失禁による臀部のびらんを軽減するための対処方法を知りたい
オムツにパットを使用し、日中は車椅子乗車で過ごされている認知症の患者さんがいます。臀部~陰部にかけて、びらんに一部潰瘍があり、おむつ交換時の洗浄と亜鉛華軟膏の塗布を毎回実施...
科目
全科共通
2017.11.20
無料 質問を投稿する
無料 質問を投稿する

ハテナースとは?

ハテナースは、「看護のお仕事」が運営する看護師のための、看護技術に特化したQAサイトです。いまさら聞けないような基本的な手技から、応用レベルの手技まで幅広いテーマを扱っています。ナースの疑問(?|ハテナ)を解決するQAサイトであるため、「?」と「ナース」を掛け合わせ、「ハテナース」というサイト名にしました。ハテナースは、看護師の看護技術についての疑問・課題解決をサポートするために役立つQAを随時配信していきますので、看護技術で困った際は是非ハテナースをチェックしてみてください。

ハテナースの特徴

ハテナースは、看護技術に特化したQAサイトです。看護師全員に共通する全科共通をはじめ、呼吸器科や循環器科など各診療科目ごとに幅広いQAを扱っています。科目ごとにQAを取り揃えているため、看護師自身の担当科目、または興味のある科目に内容を絞ってQAを見ることができます。ハテナースは、ナースの質問したキッカケに注目した上で、まるで新人看護師に説明するように具体的でわかりやすく、親切な回答を心がけているQAサイトです。当り前のものから難しいものまでさまざまな質問がありますが、どれに対しても質問したナースの気持ちを汲みとって回答しています。

ハテナースの想い

看護師にとって、看護技術は覚えることも多くなあなあにしてしまいがちで、周りに聞きたくても聞きづらい状況にいる看護師も多くいます。ハテナースは、看護師の手技に関する疑問を解決することで、質問したナースの看護技術・知識を磨くだけでなく、同じ疑問・課題を持っているナースの悩み解決もサポートします。看護師の看護技術・知識が磨かれることで、よりレベルの高いケアを患者様に提供することが可能になります。これらの行いが、総じて日本の医療業界に貢献することをハテナースは願っています。