あなたは何科?

あなたが知りたい科目を選んでみんなのQAを見てみましょう

新着QA一覧

NEW 月経前症候群についての症状を知りたいです。
産婦人科外来に勤め始めた者です。30代女性が更年期を疑い受診されましたが、月経前症候群との診断でした。最近よく聞くようになった言葉ですが、更年期の症状にも似ているので、改め...
科目
産婦人科
2017.09.21
NEW アズノール外用薬を化膿している傷に使用して良いのか知りたい
介護施設で働いている看護師です。先日の出来事ですが、ある入居者さんが、腕をどこかにぶつけて傷ができ、そこがジクジクと化膿しているようでした。その日は休日で、訪問診療を担当し...
科目
全科共通
2017.09.21
NEW カルディオバージョンと除細動器の違いとは?
救急外来で働いている看護師です。今まで、除細動とカルディオバージョンはなんとなくですが同じだと認識をしていました。先日、先輩看護師から、除細動とカルディオバージョンは違うか...
科目
循環器科
2017.09.20
NEW 割と自立していて胸腔ドレーンを挿入している患者の援助項目とは?
割と自立している患者さんで、胸腔ドレーンを挿入されている方の援助項目は何がありますか?(例:足浴)...
科目
全科共通
2017.09.19
NEW ストーマ外来はどのようなときに行けばいいか知りたい
人工肛門を増設した後、ストーマ外来受診は1回だけで良いのでしょうか?「今後、何かあれば来て下さい。」とは言われましたが…。フィンガーブジーなどは必要無いのでしょうか?増設し...
科目
全科共通
消化器科
2017.09.19
NEW 膵管ステントが自然脱落。問題あり?問題なし?
膵管ステントが人工肛門から自然排出、これって有りですか?傷は付かないのですか?...
科目
外科
消化器科
2017.09.19
NEW 3管式のイレウス管の用手的吸引はどの管から行えばよいか?
イレウス管を挿入してる方で用手するとき、どこからシリンジをつないで用手すればいいのか分かりません。程管が3つに分かれていると思いますが、バッグの部分を外してシリンジに繋いで...
科目
全科共通
2017.09.19
NEW V-Pシャント術後の合併症の感染症リスクは何日まで続く?
V-Pシャント術後の合併症の術後感染症について。髄膜炎や腹膜炎、敗血症、また腸管損傷やイレウスのリスクは術後何日まで続きますか?...
科目
外科
2017.09.19
胆嚢結石の患者にどのような点に注意して看護していく必要があるか?
私は、消化器内科に勤めている新人看護師です。先日、胆嚢結石の患者さんを受け持ちました。胆嚢結石の患者さんを受け持つのは初めてであり、どのような点に注意していけばよいのか分か...
科目
内科
消化器科
2017.09.19
低体温療法の看護と観察ポイントとは?
ICU病棟の看護師です。心肺蘇生後の患者さんを受け持っていますが、低体温療法が始まっています。初めての受け持ちで、何を観察すればいいのかもわからず、不安です。低体温療法の看...
科目
全科共通
ICU
2017.09.19
無料 質問を投稿する
無料 質問を投稿する

ハテナースとは?

ハテナースは、「看護のお仕事」が運営する看護師のための、看護技術に特化したQAサイトです。いまさら聞けないような基本的な手技から、応用レベルの手技まで幅広いテーマを扱っています。ナースの疑問(?|ハテナ)を解決するQAサイトであるため、「?」と「ナース」を掛け合わせ、「ハテナース」というサイト名にしました。ハテナースは、看護師の看護技術についての疑問・課題解決をサポートするために役立つQAを随時配信していきますので、看護技術で困った際は是非ハテナースをチェックしてみてください。

ハテナースの特徴

ハテナースは、看護技術に特化したQAサイトです。看護師全員に共通する全科共通をはじめ、呼吸器科や循環器科など各診療科目ごとに幅広いQAを扱っています。科目ごとにQAを取り揃えているため、看護師自身の担当科目、または興味のある科目に内容を絞ってQAを見ることができます。ハテナースは、ナースの質問したキッカケに注目した上で、まるで新人看護師に説明するように具体的でわかりやすく、親切な回答を心がけているQAサイトです。当り前のものから難しいものまでさまざまな質問がありますが、どれに対しても質問したナースの気持ちを汲みとって回答しています。

ハテナースの想い

看護師にとって、看護技術は覚えることも多くなあなあにしてしまいがちで、周りに聞きたくても聞きづらい状況にいる看護師も多くいます。ハテナースは、看護師の手技に関する疑問を解決することで、質問したナースの看護技術・知識を磨くだけでなく、同じ疑問・課題を持っているナースの悩み解決もサポートします。看護師の看護技術・知識が磨かれることで、よりレベルの高いケアを患者様に提供することが可能になります。これらの行いが、総じて日本の医療業界に貢献することをハテナースは願っています。