あなたは何科?

あなたが知りたい科目を選んでみんなのQAを見てみましょう

新着QA一覧

NEW 点滴前に確認する逆血方法について知りたい
点滴をつなぐ際に、留置針が血管内にあるか逆血確認が必要です。点滴ラインをつなぎ、チューブを折り曲げたりしますが、なかなか逆血が分かりません。点滴前の逆血確認方法を教えてくだ...
科目
全科共通
2018.05.22
NEW 輸液ポンプの交換時の手順が知りたい
私は新人看護師です。輸液ポンプ使用時の点滴交換について質問があります。輸液ポンプを使用し、1本目の点滴がなくなる前に2本目の点滴に交換する際、一度輸液ポンプのドアを開け、ル...
科目
全科共通
2018.05.22
NEW CVカテーテルとCVポートの違いについて知りたい
CVカテーテルとCVポートはどのような違いがあるのですか?...
科目
全科共通
循環器科
2018.05.22
NEW VFの心電図の見方や対処方法、看護について知りたい
私は、消化器内科の病棟に勤めている新人看護師です。先日、心電図モニターを装着していた患者さんが、急にVFを起こしました。そのとき、急に先輩看護師たちが患者さんの処に向かいま...
科目
循環器科
2018.05.22
NEW シリンジからスピッツへ採血を移すときにキャップを外すのはだめなのか?
シリンジに翼状針をつけて採血し、シリンジと針を外してスピッツに移しています。その際はスピッツの蓋を開けてシリンジから血液を移します。その際に同僚から「蓋をけるのは真空じゃな...
科目
全科共通
2018.05.21
NEW 人工呼吸器の位置を変える必要があるのか?
重心のICUで働いています呼吸器の場所を定期的に左右に入れ替えは必要なんでしょうか?今日患者さんの家族からリハビリがしにくいから定期的に入れ替えてほしいと言う訴えがありまし...
科目
呼吸器科
2018.05.21
NEW アプニアが出る患者さんを看護する上で注意するポイントが知りたい
こんにちは。ICUに勤務し始めた看護師です。モニターが多く、全部を見ながら看護していく大変さと楽しさを今実感している感じです。先日、アプニアアラームが鳴る患者さんがいました...
科目
ICU
2018.05.21
エアーマット上にシーツなどを重ねて使用しない方が良い理由とは
恥ずかしい話ですが、現在私が勤めている病棟では体位変換をする回数が少なく、夜間などは一度もしません。私は褥瘡発生を防止するために業務改善を行っており、日勤帯・夜間帯に体位変...
科目
全科共通
2018.05.18
感染性角膜炎の原因と治療について知りたい
先日、目の充血と眼脂を主訴に受診された患者さんが「細菌性角膜炎」の診断にて抗菌剤を処方されていました。日常生活上で何を気を付けたらいいのか質問をされたのですが、点眼薬以外に...
科目
眼科
2018.05.18
ケリー鉗子と直角鉗子の違いについて知りたい
ケリー鉗子と直角鉗子の違いについて教えてください。...
科目
外科
2018.05.17
無料 質問を投稿する
無料 質問を投稿する

ハテナースとは?

ハテナースは、「看護のお仕事」が運営する看護師のための、看護技術に特化したQAサイトです。いまさら聞けないような基本的な手技から、応用レベルの手技まで幅広いテーマを扱っています。ナースの疑問(?|ハテナ)を解決するQAサイトであるため、「?」と「ナース」を掛け合わせ、「ハテナース」というサイト名にしました。ハテナースは、看護師の看護技術についての疑問・課題解決をサポートするために役立つQAを随時配信していきますので、看護技術で困った際は是非ハテナースをチェックしてみてください。

ハテナースの特徴

ハテナースは、看護技術に特化したQAサイトです。看護師全員に共通する全科共通をはじめ、呼吸器科や循環器科など各診療科目ごとに幅広いQAを扱っています。科目ごとにQAを取り揃えているため、看護師自身の担当科目、または興味のある科目に内容を絞ってQAを見ることができます。ハテナースは、ナースの質問したキッカケに注目した上で、まるで新人看護師に説明するように具体的でわかりやすく、親切な回答を心がけているQAサイトです。当り前のものから難しいものまでさまざまな質問がありますが、どれに対しても質問したナースの気持ちを汲みとって回答しています。

ハテナースの想い

看護師にとって、看護技術は覚えることも多くなあなあにしてしまいがちで、周りに聞きたくても聞きづらい状況にいる看護師も多くいます。ハテナースは、看護師の手技に関する疑問を解決することで、質問したナースの看護技術・知識を磨くだけでなく、同じ疑問・課題を持っているナースの悩み解決もサポートします。看護師の看護技術・知識が磨かれることで、よりレベルの高いケアを患者様に提供することが可能になります。これらの行いが、総じて日本の医療業界に貢献することをハテナースは願っています。