あなたは何科?

あなたが知りたい科目を選んでみんなのQAを見てみましょう

新着QA一覧

NEW 経管栄養チューブの選び方について知りたい
経管栄養チューブの太さの選び方がわかりません。患者さんによって太い、細いチューブを選ぶ根拠を知りたいです。...
科目
全科共通
2018.11.14
NEW 幽門側胃切除術の再建法について知りたい
幽門側胃切除術のビルロートⅠとⅡの違いがわかりません。先輩に「どうしてこの患者さんがこっちの術式なのか説明して」と言われましたがわかりませんでした。違いについて教えてくださ...
科目
消化器科
2018.11.14
NEW 救急外来での労作性狭心症の患者さんの対応方法、看護について知りたい
今年から救急外来に異動した3年目の看護師です。先日、胸痛を主訴に来院された患者さんがいました。さまざまな検査を行ったのち、労作性狭心症の疑いがあるという結果となりました。胸...
科目
循環器科
2018.11.14
NEW 救急外来での労作性狭心症の患者さんの対応方法、看護について知りたい
今年から救急外来に異動した3年目の看護師です。先日、胸痛を主訴に来院された患者さんがいました。さまざまな検査を行ったのち、労作性狭心症の疑いがあるという結果となりました。胸...
科目
循環器科
2018.11.14
疼痛コントロールでの三段階除痛ラダーの使い方について教えてほしい
2年目の看護師です。疼痛コントロールが難しい患者さんを担当しており先輩看護師に相談したところ、「今使っている痛み止めは、どういう段階の時に使う痛み止めは分かる?患者さんの痛...
科目
全科共通
2018.11.12
抗がん剤投与中に血管外漏出したときのルートの抜去方法が知りたい
抗がん剤投与中に血管外漏出した場合は医師がルートを抜去すると思いますが、その方法と介助が知りたいので教えてください。...
科目
全科共通
内科
2018.11.09
扁桃周囲膿瘍、扁桃炎、急性喉頭蓋炎の診断方法について知りたい
風邪の治療には抗生物質を使用しないと言われていますが、扁桃周囲膿瘍や扁桃炎、急性喉頭蓋炎では抗生物質の点滴をすると思います。風邪かこれらの疾患かの判別はどこでするのでしょう...
科目
内科
2018.11.09
PICCカテーテルからの血液培養について知りたい
PICCカテーテルから血液培養を採取するときの方法を教えてください。...
科目
全科共通
内科
2018.11.09
採血で使用する抗凝固剤のEDTAとクエン酸とヘパリンの違いが知りたい
採血について質問です。抗凝固剤のEDTAとクエン酸とヘパリンの違いを教えてください。...
科目
全科共通
2018.11.09
TPNの患者さんに脂肪乳化剤を投与する理由や投与速度について知りたい
数年のブランクを経て再就職した看護師です。久しぶりに病棟勤務をしていますが慣れない事ばかりです。先日、TPNの患者さんに20%イントラリポスという点滴を投与しました。100...
科目
全科共通
2018.11.09
無料 質問を投稿する
無料 質問を投稿する

ハテナースとは?

ハテナースは、「看護のお仕事」が運営する看護師のための、看護技術に特化したQAサイトです。いまさら聞けないような基本的な手技から、応用レベルの手技まで幅広いテーマを扱っています。ナースの疑問(?|ハテナ)を解決するQAサイトであるため、「?」と「ナース」を掛け合わせ、「ハテナース」というサイト名にしました。ハテナースは、看護師の看護技術についての疑問・課題解決をサポートするために役立つQAを随時配信していきますので、看護技術で困った際は是非ハテナースをチェックしてみてください。

ハテナースの特徴

ハテナースは、看護技術に特化したQAサイトです。看護師全員に共通する全科共通をはじめ、呼吸器科や循環器科など各診療科目ごとに幅広いQAを扱っています。科目ごとにQAを取り揃えているため、看護師自身の担当科目、または興味のある科目に内容を絞ってQAを見ることができます。ハテナースは、ナースの質問したキッカケに注目した上で、まるで新人看護師に説明するように具体的でわかりやすく、親切な回答を心がけているQAサイトです。当り前のものから難しいものまでさまざまな質問がありますが、どれに対しても質問したナースの気持ちを汲みとって回答しています。

ハテナースの想い

看護師にとって、看護技術は覚えることも多くなあなあにしてしまいがちで、周りに聞きたくても聞きづらい状況にいる看護師も多くいます。ハテナースは、看護師の手技に関する疑問を解決することで、質問したナースの看護技術・知識を磨くだけでなく、同じ疑問・課題を持っているナースの悩み解決もサポートします。看護師の看護技術・知識が磨かれることで、よりレベルの高いケアを患者様に提供することが可能になります。これらの行いが、総じて日本の医療業界に貢献することをハテナースは願っています。