脳ヘルニア患者の症状と、看護をする上での注意点とは何か

質問したきっかけ

こんにちは。脳神経外科病棟で働く2年目の看護師です。最近、緊急脳出血の患者さんを受け入れたときに、医師から「出血部位が小脳だったから、脳ヘルニアの症状があったらすぐに連絡がほしい。すぐに再手術するから」と言われました。

脳ヘルニアってイメージはあるのですがよくわかっていません。そのときは患者さんも安定しており看護ケアを行っても変化がなかったのですが、今後のために脳ヘルニアについて勉強してみようと思いました。

質問したいこと

脳ヘルニアになった患者さんはどのような症状が出ますか?またどんな点に注意し看護をすればいいですか?

ひとこと回答

脳ヘルニアで一番大切なのは、ヘルニアによる脳幹への圧迫の予防です。脳圧亢進症状の増悪がないか確認していくことが大切です(特に瞳孔不同の有無や呼吸状態の変化、バイタルサインの変化に注意し観察すること)。看護ケアをするときもその前後に神経症状のモニタリングをし、変化の有無がないか細心の注意をしましょう。

詳しく説明すると

こんにちは。私は看護師として救急外来と脳神経外科病棟で3年働いています。今回、脳ヘルニアになる可能性が高い患者さんの看護を行ったということで、大変緊張した勤務だったと思います。脳ヘルニアは、その症状の特性から急激な転機をたどる可能性がある症状です。今後のためにも一緒に勉強してみましょう。

脳ヘルニアとは何か?


頭蓋骨内は閉鎖された空間です。脳梗塞、脳出血、脳腫瘍等によって頭蓋内圧亢進が起きた結果、脳組織は圧迫され圧が逃げられるところに動こうとします。このとき、脳組織が一定の境界を越えて隣接腔へ嵌入(かんにゅう)した状態を脳ヘルニアといいます。

脳ヘルニアには発生部位により、テント切痕ヘルニア小脳扁桃ヘルニア大脳鎌下ヘルニア蝶形骨縁ヘルニアの4つに別れます。この中でもテント切痕ヘルニアと小脳扁桃ヘルニアは重篤化しやすいので注意して看護をする必要があります。今回、質問者さんが看護を提供した患者さんが小脳出血であったことから、医師は小脳扁桃ヘルニアを危惧したのだと思います。

脳ヘルニアをきたした(きたしそうな)患者さんの看護について


上記でテント切痕ヘルニアと小脳扁桃ヘルニアは重篤化しやすいと記載しましたが、その理由は、近辺に橋や延髄といった生命の根幹に関わる部分があるからです。ヘルニアをきたし、この部分を圧迫し始めた場合、呼吸循環動態が脅かされます。注意してモニタリングすべき看護ポイントは次の通りです。
  • 全身状態の変化(急激な高血圧や徐脈の発生等、バイタルサインの変化)
  • 呼吸様式の変化(チェーンストークス様呼吸の有無等)
  • 神経学的所見(瞳孔径の散大の有無や瞳孔径左右差の有無)
  • 嘔吐の有無
  • 意識レベルの変化(JCSの低下)

他の脳ヘルニア(大脳鎌下ヘルニア、蝶形骨縁ヘルニア)が起きれば、起こした部位の血管障害が発生し、障害部位に即した麻痺等の症状が出現します。クリティカルな場面なので、看護する上で全身状態の細心のモニタリングを行い、状態の変化を見る必要があります。

例えば共同偏視の有無や瞳孔径の差の有無であったり、片麻痺の有無などです。神経学的所見も同様です。患者さんの微細な変化を見逃さないことが脳ヘルニアの看護要点と言えます。

おわりに

質問者さんが小脳の手術後の患者さんを任せられたと言うことは、それだけ普段の看護で繊細に患者さんの変化を見ていることを医師が理解していたのだと思います。今回の事例では何事もなく経過していたようですが、脳ヘルニアをきたすと1時間で急激な転機をたどることも少なくありません。知識と技術を持って異常の早期発見に努め、今後も患者さんの看護に励んでくださいね。
無料 質問を投稿する

脳神経外科新着QA一覧

NEW 脳波検査時の看護のポイントが知りたい
脳神経外科に勤務している新人看護師です。てんかん疑いのある患者さんの脳波検査を行うことになりました。脳波検査につくのははじめてなので、どのようなことに注意すべきか知りたいと思いました。
科目
脳神経外科
2020.10.19
低酸素性虚血性脳症でのバイタルサイン変化について知りたい
低酸素性虚血性脳症の場合、どのようなバイタルサインの変化が起こるか知りたいです。学校の授業で課題が出ているのですが、なかなか教科書に載っておらずわからりません。
科目
脳神経外科
2020.10.15
脳卒中後の痙縮の治療方法について知りたい
脳卒中後、半年ほど経過した患者さんで、手足の痙縮を起こしている方がいらっしゃいます。その患者さんが「いろいろ治療をしているんだけどなかなか良くならなくてね」とおっしゃっており、痙縮の治療にはどのようなものがあるのか調べてみましたがよくわかりませんでした。
科目
脳神経外科
2020.10.15
髄液漏が起こった際に頭部挙上する理由が知りたい
髄液漏が起こった時の治療についてです。整形外科勤務の看護師です。頸椎の術後、ドレーンを挿入して帰室しました。手術操作にて硬膜を損傷してしまい、髄液漏の危険性が高く、医師の指示で常時頭部を30度以上挙上する指示が出ていました。
科目
脳神経外科
2020.10.14
頭痛の生命の危機に関わるサインは?
外来勤務の看護師です。先日、頭痛症状を訴えられて、待合室で待っている間に間欠的な呼吸を繰り返している患者さんがいらっしゃいました。大丈夫か尋ねたところ問題ないとのことで、他にも待っている患者さんが多かったので、ベッドに横になって待っていてもらいました。あとで医師から「頭痛があって間欠的な呼吸をするなどの随伴症状があるのなら、診察に早く回さないといけない」と言われました。 後からわかったことなのですが、その患者さんは間脳の障害の前触れで、あのときの間欠的呼吸はチェーンストークス呼吸でした。他にも、頭痛で命の危機に関わるようなサインがあれば知りたいです。
科目
脳神経外科
2020.10.14