世界を駆け回る「エスコートナース」ってどんな仕事?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1549_TOP_インターナショナルナース.jpg


看護師が活躍するフィールドは今やワールドワイド。日本国内はもちろん、海外でも日本の医療レベルには定評があり、日本人の看護師を歓迎する国は少なくありません。

そんな中、最近密かに注目が集まっている仕事が「エスコートナース」です。エスコートナースは自力で移動できない患者さんや、移動途中に医療行為が必要な患者さんなどに付き添い、処置や治療を行いながら、希望される場所へ送り届けるのが仕事です。



エスコートナースの一日


1549_エスコートナース.jpg


エスコートナースは文字通り患者さんをエスコートする看護の仕事。数日前に仕事の電話が入ると、その後はできるだけ迅速に日本を経てるよう準備を進めます。

現地へ赴き、患者さんの元に到着した後は、お体の状態に応じて適切な処置を行い、状態の変化や管理を行いながら道中の付き添いにあたります。その間はもちろん休みはなく、患者さんの見守りとケアに時間と体力のすべてを注ぎ込みます。

患者さんを目的の場所までエスコートすれば、エスコートナースのお仕事は完了です。
一日に何度も海外と日本を往復するわけではありませんが、立て続けに仕事が入る場合もあるため、時間が空いた時にはしっかりと休んで、心身をリセットしなければなりません。


エスコートナースのやりがい


1549_英語とナース.jpg


エスコートナースのやりがいは、何と言っても、通常では移動の難しい患者さんの移動をお手伝いできること。目的地へ行きたい思い、行く必要のある患者さんが安心して移動できた時、患者さんの喜び同様、エスコートしたナースも喜びを感じることができます。

また、看護スキルだけでなく語学の能力が鍛えられるのもエスコートナースのメリットの一つ。患者さんが日本語以外の言語を話せない場合は、現地の担当者と英語でやり取りをしたり、交渉や手続きを担当する場合もあります。とにかくフレキシブルに頭を使うことも、エスコートナースに欠かせないスキルなのです。

患者さんによっては、大きなケガを負っている場合もあれば、脳梗塞や心疾患などの重篤な病気を抱えているケースもあります。エスコートナースはそれぞれの患者さんの詳しい状況に合わせて適切な処置を行うため、救急医療の現場に求められるような、柔軟な対応と豊富な知識がなければなりません。

医師が傍におらず、誰にも相談できないケースもありますし、自分一人ですべての医療行為をこなしていくという、大きなプレッシャーもあります。一つの仕事をこなすだけでも大きくレベルアップできるのが、このお仕事の最大の対価と言えそうです。


エスコートナースに求められるスキル


1549_外国で活躍するナース.jpg


エスコートナースになるためには、第一に”看護師であること”。第二に”現場の経験を積んでいること”。この2つをベースとして、「語学力」と「体力」が求められます。

海外で活躍するために語学力は欠かせないスキルです。患者さんや現地の担当者とのやり取りはもちろん、目にする指示書もすべて英語。日本語書きしてくれる優しい現場ではないため、医療に関する専門用語がすべて英語で読み取れるレベルでなければなりません。

患者さんを搬送する間の体力や辛抱強さも必須のスキルと言われています。一般的な医療現場と同じで、ナースの仕事は基本的にどこにあっても体力が第一。エスコートナースの場合は、遠い異国の地まで足を運び、患者さんをお連れするわけですから、看護の仕事にプラスして現地と日本を往復する体力も必要です。


またエスコートナースの依頼は定期的にあるものではなく、急に来る場合もあります。つまり時間的に融通がきける人でないと務まりづらいのが現状です。また、行き先によって何日くらいかかるかというのもそれぞれ違います。
常勤勤務のナースだと対応はちょっと難しいですね。
エスコートナースだけの収入で暮らしていくのは難しいので、その辺をクリアできることも必要かもしれません。



まとめ


海外をまたにかけて活躍できるエスコートナースは、日本ではまだまだ知名度が低めの仕事です。
しかし、将来的に外国人の患者さんが増える可能性もあり、エスコートナースの需要はさらに高まっていくと考えられます。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!