ナース仲間に自慢したくなる水槽の中の小さな世界!今こそアクアリウムライフを始めよう☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AdobeStock_112606877.jpg


「ペットを飼いたいけど、不規則な勤務だと無理かな」と諦めている看護師さんはいらっしゃいませんか?アクアリウムは、そんな看護師さんにぜひオススメしたい趣味の一つ☆お気に入りの水草やお魚を水槽に入れ、自分だけの世界を作り上げてみるのもいいですね。幻想的な小さな世界を眺めることで、心をリラックスさせることができますよ!


(1)近況… ~我が家の紅龍達~


近況… ~我が家の紅龍達~.jpg


「インパクトのある魚を育ててみたい」「色が美しい魚が好き」
そんな方にオススメしたいのが、アジアアロワナの飼育です。

アジアアロワナは、金・黒・赤など鮮やかな配色が特徴的な魚。
龍のように悠々と泳ぐ姿から、中国では龍魚と呼ばれています。

そんなアジアアロワナの飼育日記が綴られているのが、『さといなりの趣味のブログ』です。
ブログ内の《近況… ~我が家の紅龍達~》では、赤の発色が美しい「紅龍」というアジアアロワナが紹介されています。

記事には、管理人のさといなりさんが大切に育てている紅龍の「琉鳳(リュウホウ)」「紅羽(コウウ)」の変化報告と共に、一眼レフで撮ったアロワナ達の写真が並んでいます。
優雅でカッコいい、アジアアロワナの魅力に触れてみてはいかがでしょうか?

【参照元】
http://mmr708.blog.fc2.com/blog-entry-58.html



(2)木曜日のレイアウト水槽・・・ミクロソリウム小株の収穫


木曜日のレイアウト水槽・・・ミクロソリウム小株の収穫.jpg


アクアリウム歴約30年のYOSSYさんが綴るブログ『YOSSYのトロピカルライフ』
奥深い水槽の中の神秘と美しさをこちらのブログから感じることができます。

例えば、《木曜日のレイアウト水槽・・・ミクロソリウム小株の収穫》という記事では、YOSSYさんがこまめにお手入れしている水草の様子が綴られています。
記事によるとミクロソリウムのバランスを保つため、成長して増えた小株を収穫し別容器で保存。
ミクロソリウム本体を傷つけないように小株を収穫する方法や、その小株の活用法についてはブログをチェックして確認してみてくださいね♪

その他《高級ボトルアクアリウム》という記事では、ボトルアクアリウムを作成した様子を記載されています。

アクアリウム初心者さんや、大きな水槽を持っていないという看護師さんも参考になるこちらのブログです。水槽をいかに美しく魅せるかというテクニックを真似するところからアクアリウム生活をスタートさせてみてはどうでしょうか。

【参照元】
http://yossyaqua.blog.fc2.com/blog-entry-1266.html



(3)水換え風景


水換え風景.jpg


大型水槽のアクアリウムに初めて挑戦する方にご紹介したいのが、こちらのブログ『ザントップ家の日常』

大型水槽を管理する上で特に気になるのが、大掛かりな水換えですよね。
《水換え風景》の記事では、管理人さんによる週1回の水換え作業がアップされています。
水換えをしているのは、アジアアロワナとアルタムが泳ぐ広々とした水槽。水位が下がってくると当然魚たちはギュウギュウ詰めに。

ストレスで魚同士の戦闘がはじまることもあるので、その場合は水槽を叩いて止めたり、もしくはセパレーター(仕切り板)で区分けするのだそう。その様子が写真でもアップされています。

また、水槽の注水時間はシャワー全開でも1時間弱かかると語られています。大型水槽ならではの大変さが伝わってきますね。
それだけ手間がかかる分、管理人さんが生き物を愛する気持ちも伝わってきます。

ブログの他の記事では、大迫力の水槽で泳ぐ魚達の成長記録が面白く軽快に綴られています♪そちらの方もぜひチェックしてみてくださいね!

【参照元】
http://xantop55.blog.fc2.com/blog-entry-294.html



(4)自然の原理に触れながらデザインを学ぶ


自然の原理に触れながらデザインを学ぶ.jpg


本物の自然を見ているかのような水槽世界を人の手で表現する水草レイアウト。芸術として注目を集め、現在では世界水槽レイアウトコンテストも開催されています。

世界でも熱い、水草レイアウトの奥深さを教えてくれるのが『京都精華大学水槽学部の水草ブログ』です。

「京都精華大学水槽学部」とは、大学の客員教授であるタナカカツキさんを筆頭に設立された架空の学部。

ブログには、アクアリウムに魅せられたメンバー(部員)たちによる水草レイアウトのテクニックやメイキング、そして水草に関する記事が数多くアップされています。息を飲むほど美しいアクアリウム作品も見どころです。

中でも、これから水草レイアウトにチャレンジしたいと思っている看護師さんに見て欲しいのが《自然の原理に触れながらデザインを学ぶ》の記事。こちらでは世界水槽レイアウトコンテスト入賞歴もあるタナカカツキさんが、レイアウトを作り上げる中で必要なことを綴っています。

水草レイアウトの基礎的なポイントを掴んで、自分だけの水槽世界をクリエイトしてみてはいかがでしょうか?

【参照元】
http://seikasuisoubu.jugem.jp/?eid=525



(5)不安を解消する苔との向き合い方【アクアリウム持論】


不安を解消する苔との向き合い方【アクアリウム持論】.jpg


ブログ『tawawo.com』の管理人である京タワヲさんは、京都に住んでいるサラリーマン。そんな彼が一人暮らしになって始めたのがアクアリウムです。

ブログにも、アクアリウムに関する記事が多数掲載されています。
その中で今回ご紹介するのが《アクアリスト3ヶ月目で分かってきた不安を解消する苔との向き合い方【アクアリウム持論】》です。

管理人さんは、ここ3ヶ月「コケ」という存在に大きく悩まされてきました。
「なんとかしてコケを取り除きたい」と思うこともしばしば。

でも、あるとき管理人さんは考えを変えました。
「コケは悪ではない」という風に。

「コケがついたって、水槽のエビが死ぬわけでも水草の成長が止まるわけでもない」
そう思うようになってから、管理人さんはまた心穏やかにアクアリウムを楽しめるようになったそうです。

水槽の管理がうまくいかず悩んでいる看護師さんは、こちらの記事を読むことで気持ちが楽になるかもしれませんよ♪

【参照元】
http://tawawo.com/aquarium/post-2560/



(6)ピンボケ写真量産機。


ピンボケ写真量産機。.jpg


『食べられません。 』というタイトルのブログを管理・運営しているのは、アクアリウムが趣味のほんだしさん。ちなみにユーモアのあるブログタイトルは、管理人さんが魚を食べられないことから来ているようです。

ほんだしさんは、《ピンボケ写真量産機。》の記事の中で、飼育しているパロスフロメヌス・ハーベイの写真を多数公開されています。
一番古い写真は、なんと半年も前のもの。

ご本人は、「アップし損ねた写真をまとめて公開した」と言われていますが、読者にとってはお魚の成長を一気に見ることができるのでとてもありがたいですね♪

さて、こちらのお魚さん、成長と共にヒレの青さが広範囲に広がっているのが見て取れます。色自体もどんどん濃くなっているのが分かりますね!なんとも幻想的な姿です。

リコリス好きの方はもちろん、「次に飼うお魚を何にしようか考え中」という方にもオススメのこちらの記事、ぜひチェックしてみてくださいね☆

【参照元】
http://happer.blog119.fc2.com/blog-category-21.html



(7)1周年と5周年


1周年と5周年.jpg


小型魚から大型魚まで、様々な種類のお魚を飼育しているりょうさんが綴るブログ『とらがみてる』。中には、ダトニオ・アロワナ・ネオンテトラ・コリドラスなど、たくさんのお魚が登場してくれています。その記事を一つ一つチェックしていると、まるで水族館にいるような気分になる人もいるかもしれませんね!

さて、今回ご紹介する記事は《1周年と5周年》です。
この日、ピュアアロワナの蒼ちゃんが、管理人さんのところに来て一年目という節目を迎えたんだそう。

かなり上の方まで金が巻いていて、美しいですね。
これから、背の上まで金が来るのかどうか?今後の成長が楽しみな蒼ちゃんです。

さて、もう一つの節目である5周年は何かと言うと、実はこちらのブログを開設してから5周年を迎えられたとのこと。

りょうさんのアクアリウムの歴史がたくさん詰まったこちらのブログ、興味のある方はぜひ覗いてみてくださいね!

【参照元】
http://ryoaqua.blog.fc2.com/blog-entry-986.html



(8)#067 新しいスタート


新しいスタート.jpg


人工的に作る水中のアートと言えるアクアリウム。
水の中でゆらゆらと漂う水草や鮮やかな色彩の観賞魚を見ていると、心が癒やされますよね。

『きゅうづっせんつ』というブログの管理人しばさんも、そんなアクアリウムに魅せられた一人。自宅にはショートヘアーグラスやマツモなどの水草をはじめ、バジスバジス、ヤマトヌマエビといった観賞魚用の水槽を設置されています。

しかも、《#067 新しいスタート》という記事を読むと、今年は新たに水槽を増設したと書かれています。

アクアリウムを作り込んだり、維持したりするためには、出費も工夫も必要なはずですが、その分喜びや楽しみは大きいのでしょうね。
植物や小さな生き物が好きな方は、ぜひしばさん自慢のアクアリウムをブログでチェックしてみてはいかがでしょう♪

アクアリウムの世界観に、あなたも心を奪われるかもしれませんよ。

【参照元】
http://90x45x45.blog.fc2.com/blog-entry-72.html



(9)水草の天敵……


水草の天敵…….jpg


アクアリウムの醍醐味といえば水槽のレイアウト。
独自で作ったミニチュアの世界で生き物を飼育するのはとても楽しいことです。ただ、やはり生き物と水草を共存させるのはそう簡単ではないようで…。

水上で育てた水草を水槽に移す様子について語られているのが、《水草の天敵……》という記事。水中に水草をそのまま移してしまうと水槽にいるエビに食べられてしまうため、水草が隔離されています。

食べられないように生き物の餌をコントロールしながら、水草を慣らしていくことが大切なようです。水槽レイアウトに憧れている方は、一度こちらの記事に目を通してみるといいでしょう。

『Real Bee Shrimp』には、Shrimp(エビ)のブリードをしている管理人さんの飼育日記が綴られています。小さくて愛らしいエビ達の様子を覗き見してみてはいかがでしょう♪水草や飼育環境についても詳しく書かれているので、気になる情報をチェックしてみてくださいね。

【参照元】
http://realbeeshrimp.blog.fc2.com/blog-entry-138.html



(10)今年度は底面フィルターで水草水槽


今年度は底面フィルターで水草水槽.jpg


アクアリウムを楽しむ上でなにより大切なのが水の管理です。
生き物だけでなく、水草の育成にも大きな影響を及ぼします。

そんな中、水を濾過する機材として多くの愛好家たちに支持されているのが「底面フィルター」です。
・コストパフォーマンスが良い
・濾過能力が高い
などの利点があるようですが、実際のところはどうなんでしょう?

その気になる内容について触れてあるのが《今年度は底面フィルターで水草水槽》の記事。
90cmの水草水槽をつくる管理人さんが、底面フィルターを使用した際に感じた水草への影響や機材のメリットについて語られていますので、興味がある方は参考にしてみるといいでしょう。

記事が紹介されているブログ『ポテトにマヨネーズ~potato with mayonnaise~』は、水草レイアウトにスポットを当てたサイト。

自分だけのミニチュアな世界をつくる魅力を教えてくれています。管理人さんが手がける神秘的な水草水槽が紹介されているので、ぜひ覗いてみてくださいね!

【参照元】
http://potatonimayonnaise.blog.fc2.com/blog-entry-497.html



(11)マーブルクレイフィッシュの観察日記 5


マーブルクレイフィッシュの観察日記 5.jpg


ブログ『水槽日記』の管理人さんは、レッドビーシュリンプや金魚、エンドリケリーを飼育しているアクアニスト。

ブログでは、かわいいお魚さんたちやキレイな水草を観察することができますよ!
その中で、エビ好きの方に読んで欲しい記事がこちら《マーブルクレイフィッシュの観察日記 5》です。

最初は5匹いたマーブルクレイフィッシュですが、3匹は大きなエビの餌食になり、今では2匹しか水槽に残っていないそう…。
ちょっと寂しい気持ちを覚えつつ読み進めると、なんと小さい方のマーブルクレイフィッシュが脱皮に成功しているではありませんか!

残念ながら脱皮の瞬間をカメラに収めることはできなかったそうですが、このままこの子が成長してくれたら、大きいエビに食べられてしまう心配もありませんね♪

この子の今後の成長を見守りたい方は、ぜひこれからのブログ更新に目を光らせていてくださいね。
もちろん、他のお魚さん達の成長をチェックするのもオススメですよ!

【参照元】
https://endori.net/mc-7


この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!