ナースもプライベートではピアスをつけたい!耳に開けたピアスホールを隠す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2301_TOP_プライベートでピアスを着けたい!耳に開けたピアスホールを隠す方法.jpg


ファッションの一部として取り入れる方も多い「ピアス」や「イヤリング」。中でもピアスについては、一度あけた穴をふさぐのがもったいなくて、ピアスをつけっぱなしにしている人も少なくないようです。

しかし看護師の世界では、ピアスやネックレスなどのアクセサリー類を含め、過度な装飾品はご法度。

なぜなら、アクセサリーに細菌などが付着して院内感染を起こしたり、着替えの際につけはずしに手間がかかる、患者さんの前に出ていくにふさわしくない・・・など、さまざまなデメリットが考えられるためです。

多くの看護師さんは、仕事中はアクセサリーを身につけず、プライベートのみでオシャレを楽しんでいます。しかし中には、職場で耳にピアスがあいていること自体を快く思われない場合も。

そこで今回は、耳にあいたピアスホールとの上手な付き合い方について考えていきたいと思います。


ピアスホールがあいていても問題なし?


2301_ピアスホールがあいていても問題なし?.jpg



ピアスホールがあいていることについて「特に問題にはならない」とする医療機関もありますが、反対に「あいている必要はない」「ピアスは禁止されている」とするところもあります。職場によって禁止事項の範囲は異なりますので、看護師は勤め先の規定に従う必要があります。

不安な場合は、先輩や直属の上司など、院内でのルールがチェックできる人に尋ねてみてください。尋ねられない場合は、職場規定をチェックする方法でも構いません。

皮膚に直接つけて使う装飾品は、院内で落下したり感染症を起こすなどのトラブルにつながる可能性も高いため、リスクをしっかりと考慮して業務に臨む必要があります。


院内におけるピアスの扱いについて


「院内では装着禁止だが、プライベートではOK」とされている職場では、ピアスホールを隠す必要は特にありません。

ただし肌色のピアスホール隠し(ハイダープラグ)などは、一見ピアスを隠すための物ですが、根本的にはピアスと同じアクセサリーですので、使用はNGです。

穴があいていることもNGとされている場合は、プライベートでの装着も避けなければなりません。穴がふさがるまで、ピアスホールの上に肌色のシールを貼る(絆創膏の端を切り取って貼ってもOK)などして対応を行うと良いと思います。


ピアスホールを上手に隠す方法


先ほども紹介しましたが、ピアスホールには専用のシールやプラグがあります。特にホール径が大きいとすぐに穴がふさがってしまうため、プラグを日常的に愛用している方が多いです。

しかし医療の現場ではアクセサリー類の使用は好ましくありません。看護師さんの中には、絆創膏やシールなどを貼って隠したり、ピアス類を一切身につけない(穴があいていても閉じる)方法を選択される方が多いようです。

ヘアスタイルに厳しい規定がなく、セミロングやミディアムなどのダウンスタイルが認められている場合は、ピアスホールを髪の毛で隠してしまう方法もあります。サイドを長めに伸ばし、耳を覆ってしまえばピアスホールがあいているとは分かりません。

まとめ


ピアスも含めた服装規定については、各職場によって異なるルールが設けられています。看護師は必ずそれぞれの勤務先の方針に合わせていかなければなりませんので、ルールを確認せずにオシャレを楽しまないよう注意が必要です。

特に勤務中は忙しく動き回ることが多く、ピアスを外し忘れているとうっかり廊下や患者さんのベッドの上に落下して、ケガなどのアクシデントを招いてしまうおそれもあります。

さまざまな患者さんを抱える医療の現場で、思わぬトラブルを引き起こさないためにも、医療機関の最低限のルールを守っていくことが大切ではないでしょうか。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!