ストレス発散にやってみたいけど知らないと怖い…そんな人にパチンコの超基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2160_TOP_ストレス発散になる人も!?パチンコってどういう仕組なの?.jpg


ナースのみなさんはパチンコに行ったことはありますか?
パチンコでお金を稼ぐことを目的にしている人もいますが、ゲーム性が強いので、遊び感覚やストレス発散しに行く人も多いようです。

自分で行かなくても、パチンコすきな同僚や患者さんの話に合わせられるように、今回はパチンコの基本的な仕組みや遊び方についてまとめてみました。


パチンコの仕組み


2160_パチンコの仕組み.jpg


パチンコとは、たくさんの釘が打ってある盤面に小さな鋼球を弾き出して、釘に当たりながら落ちた先で、どこの穴に入ったかで当たりが決まります。
パチンコの玉は、1個1円〜4円くらいの価値が定められていて、まず最初にパチンコ玉を「借りて」、パチンコ台に投入、打つことで当たりになると玉が増え、その玉を換金したり景品に代えることで利益になるシステムです。
もちろん当たらなければ、お金は戻ってこないので、損をすることになります。


パチンコ台の種類



パチンコ台は、大きく分けて2種類あります。
最近はアニメやキャラクターなどとタイアップした人気の機種もあります。

CR機


中央のチャッカーと呼ばれる部分に玉が入ると、パチンコ内部のコンピューターにより抽選されて当たりが決定するものです。
中央にある液晶画面でアニメーションなどの数字や絵柄が3枚揃ったら当たりになります。リーチになってから当たりが確定するまで結構時間がかかりますが、実際はすでに内部で当たりかどうかが決まっているそうです。

羽根物


昔からあるタイプで、チャッカーに玉が入ると羽が開いて、そこに玉が入って、さらに決まった部分に玉が入ることで大当たりになります。
羽根物とCR機が合体したような機種もあります。

パチンコの遊び方



パチンコ店は玉のジャラジャラ流れる音とBGMなどですごい音量になっていますよね。
昔はどこでもタバコが吸えたので、煙もすごかったのですが、最近は若い女性のお客さんも増えて、きれいになってきているようですよ。

1.まず店内に入ったら、機種を選びます。
人がいなくても、席取りをしていることもあるので、人の打っている台に勝手に割り込んでしまわないか注意が必要です。不安ならお店の方に確認してもいいかも。
2.席に着いたら、台のお金を入れるところに紙幣を入れます。隣の台の投入口とまちがえないようにしてください。
3.ボタンを押すと、金額ごとの玉が出てきます。
4.ハンドルを回して玉を打ち出します。
チャッカーに玉が入って、CR機なら数字や絵柄が3つ揃えば当たりです。
そのまま玉を打ち続けると台から玉が出てくるので、どんどん自分の玉を増やしていきます。
5.台の下にある受け皿に玉がいっぱいになったらドル箱に移します。
どんどん当たっている人は、このドル箱が積み重なっていきます。
6.打つのをやめたい時は店員さんを呼んでドル箱の玉を持って行き、機械で玉の数をカウントしてもらいます。
7.玉の数によって景品に代えてもらうのですが、ここで直接換金することはできません。
特殊景品と呼ばれるものに代えてもらって、それを店の外にある特殊景品交換所で換金してもらいます。


換金率について



換金率はパチンコ店や、玉ごとの価格にもよりますが、玉の価格が低いとローリスク・ローリターン、高い玉ならばハイリスク・ハイリターンになり、ギャンブル性が高まります。
よくパチンコで10万勝ったとか負けたとか聞きますが、やったことのない人には、それがどれくらいすごいことなのかわかりにくいですね。
ただ、勝った際は、人に話す方が多いですが、負けた際は言わない人もいるようなので、パチコンは特をするものなのだとは、あまり考えない方がよいかもしれませんね。


まとめ



特にナースのパチンコ率が高いというわけではなく、ハマる人はハマるし、やらない人は一生やることがないもののようです。

いつも神経を使い頑張って働いていると、ちょっと息抜きしたい時もありますよね。
興味があるという人は、パチンコで気分転換もいいかもしれません。ですが、中毒性のあるギャンブル狂にはならないように気を付けて、楽しんでくださいね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!