仕事の疲れを癒やしてくれる!? 看護師がペットを飼うメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2472_TOP_看護師がペットを飼うメリットとは.jpg


看護師さんに限らず、仕事や人間関係に疲れた多くの現代人は、ペットに癒しを求めています。
ただ、ペットを飼うとお世話の手間や時間がかかりますし、お金も必要になります。
それに加え、いつかはお別れが来るものですので、飼わなければ味わうことのなかった悲しみも待っています。

それでも、ペットを飼うことには大きなメリットがあります。
これからペットを飼いたいと思っている看護師さんの背中を押すべく、ペットを飼うことのメリットについてご紹介します。


動物と触れ合うことで癒される


2472_1_動物と触れ合うことで癒される.jpg


よく言われることですが、言葉を交わさなくても動物に触れることで、本当に精神的に満たされて癒されるものです。
その成果は昔から広く認められており、アニマルセラピーといった形で応用されています。

言葉を交わさなくても愛情が通じ合える動物との触れ合いによって、気分を和らげる効果が期待できるオキシトシンや、ドーパミンなどのホルモンが分泌されると言われています。

実際、私はウサギを飼っていましたが、仕事から疲れて帰ってきて撫でているだけで、一日の疲れから解放された気分になれたものです。
アニマルカフェなども増えていますが、やはり自宅に愛するペットがいる存在は大きいですよ。


目的ができて生きる気力が沸いてくる


2472_2_目的ができて生きる気力が沸いてくる.jpg


忙しく働くばかりの日々が続いていると、「何のために生きているのだろう・・」と思ってしまうこともありますが、ペットがいると「この子のためにがんばらないと!」と、日々にハリが出て目的もできます。

ペットは無条件に飼い主に愛情を注ぎ、全幅の信頼を置いてくれるので、自分ががんばってお金を稼いでお世話をしないと! という義務感がやる気に変換され、キツい仕事も少しは楽しくなってきます。
また、つらいことや悲しいことがあって落ち込んでしまうような日でも、ペットと触れ合うと元気になりますよ。


規則正しい生活になる


2472_3_規則正しい生活になる.jpg


一人暮らしだと、ついつい夜更かしをしたり、休みの日などはだらだらしたりとなりがちですが、ペットは毎日こまめに世話することが多いので、自動的に規則正しい生活になります。
もちろんペットの種類にもよっては、あまり手のかからない場合もありますが、清潔にするために掃除を欠かさないようになったり、ペットのごはんと共に自分の食事にも気を使うようになったりと、健康的な生活に送ることが期待できます。
またイヌなどは、一緒に散歩に行くことで運動不足も解消できます。


友人が増えたり、会話のきっかけになったり


2472_4_友人が増えたり、会話のきっかけになったり.jpg


ペットを飼うと今まで知らなかったことに興味が出てきたり、散歩やイベント、ネット上の交流の場などで新たな出会いがあったりします。
イヌの場合は散歩をする機会も多いので、実際に散歩中に会った人と友達になったり、ネット上で知識を増やす内に同じペットを飼っている人と知り合ったりする機会が増えます。
また、職場の同僚や先輩はもちろん、上司などふだんあまり話さないような人とも、ペットの話で盛り上がったり会話の糸口になったりと役立ってくれます。
患者さんの中にもペットを飼っている人は少なくありません。
ペットの話をする時は、みんな心穏やかで優しい気持ちになるので、ほかの趣味や世間話などよりも距離が近くなって仲良くなりやすいというメリットがあります。


まとめ


ペットを飼うことは大変なことも多いですが、こうしたメリットは、他の手段では得られないものばかりです。
特に、ふだん気を張ってお仕事をしている看護師のみなさんは、おうちに帰ってもリラックスできず、疲れが取れないようなこともあるのではないでしょうか。
メリットなどを気にせずに素直に愛情を注いで触れ合うことで、ペットも飼い主も幸せになれますので、ペットを飼うか迷っている人は下調べをしっかりして無理のない範囲で選んでくださいね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!