【看護師の働き方研究所】~手術室看護師編2~「あまり知らない手術室看護、ここが面白い!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2845_TOP_あまり知らない手術室看護.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


2回に渡りお届けしている【看護師の働き方研究所】~手術室看護師編~
前回は、手術室看護師に持たれるイメージや、なぜ手術室看護師になったのかなど、現役の手術室看護師に教えていただきました(※)。

今回も引き続き現役手術室看護師から、実際の手術室での看護師の役割や、どんな看護が学べて、ステップアップにはどんな道があるのかをご紹介していきます。

手術室看護師の役割は?


2845_1_手術室看護師の役割は.jpg

https://stock.adobe.com/jp/



手術に関わるスタッフとの連携が大事


手術室看護師の業務内容は、大きく分けると直接介助、間接介助、手術機器の管理、リーダー業務があります。

手術室看護師は、手術の準備を行い、患者様を迎え、術後に病棟に送り出すまでを担当します。もちろん、一人一人の患者さまの手術が安全に円滑に進めれれるようにサポートすることも大事な役割ですが、緊急手術を見据えて、1日の手術が計画的に行われるよう手術室の運営を行うことも大事な役割です。

また、看護師同士だけではなく、麻酔科医、各診療科の医師、病理医、臨床工学技士、看護助手、さらには手術機器メーカーの担当者とも連携を行い、1症例ごと患者様の状態に合わせた手術の計画、リスクへの対応などのサポートを行います。


幅広い科目を知っている強みを活かす


2845_2_幅広い科目を知っている強み.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


多くの診療科を抱える手術室で行われる術式は非常に多様であり、それぞれに関する知識・技術が必要になります。
また、手術ではイレギュラーなことが多く発生するため、手術室看護師の“起点”により解決できることが少なくありません。

一見、全く違うような診療科・症例であっても、アプローチ方法や機器の使い方で共通する部分があります。必要時には起点を利かせ、自分が持っている知識技術を他科の症例であっても応用していく必要があります。
手術室では知識・技術に加え、看護師のインスピレーションや経験も非常に大切な要素なのです。

手術室看護師のスキルアップ


2845_3_手術室ではこんな看護が学べる.jpg

https://stock.adobe.com/jp/



手術室では、こんな看護が学べる!


手術室での「看護」では、『患者さまが安全に安楽に手術が受けられるようにサポートしていくこと』がキーワードになります。

そのためには、予定する手術がスムーズに効率的に実施されなくてはなりません。
『患者さまの麻酔時間・手術時間の短縮』は、手術に関わるスタッフの大きな目標です。
また、手術の回転効率が上がることは、手術件数を増やし、より多くの患者さまを受け入れることにつながります。

手術室看護師は、手術室の運営から手術の準備、術中のサポート、術後のリカバリーまで担当するため、患者さまの状況や医師のアプローチ方法に合わせた準備や術中の管理、危機予測ができれば手術時間が短縮できることは明らかです。

また、手術中は直接介助看護師が器械を渡して、初めて執刀医が施行できるので、直接介助看護師がいかにスムーズに先手を予測して安全に器械を渡すことができるかが重要です。
時間の短縮に繋がるとともに、医師も滞りなく最大限のパフォーマンスを発揮できるからです。

間接介助看護師は、術野のサポートと併せて患者さまの管理、麻酔科医や臨床工学技士と連携して手術をサポートしています。
効率よく安全に手術が行われるためには、一人一人の患者さまのに対して、術前の情報収集(術前外来・術前訪問や医師からの情報)に基づいた充分な準備が必要不可欠です。
緊急時であっても、少ない情報や限られた時間か で的確な準備ができる必要があります。


手術室看護師が一人前になるには5年以上かかる!?


2845_4_手術室看護師が一人前に.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


手術室に緊急手術の依頼が来ると、まず手術室看護師(リーダー)が根拠を持って手術の優先順位を考えて、手術の組み立てをします。

それを麻酔科、手術の担当診療科の医師、病棟看護師や救急外来の看護師に説明し、協議して手術の受け入れ時間、部屋、必要な準備が決まっていきます。
執刀医や麻酔科の医師と直接話し合ったり、医療機器メーカーとやり取りしたり、説明・協議できなければなりません。

これらのことを行えるよう独り立ちできるまでには、最低でも5年程度の経験が必要であり、病棟看護師と比較すると出世は遅めになると言えます。

また10年以上の経験があっても、医師の入れ替わりや、医学の進歩による術式や手術器具等の変化が著しいため、常にベストの看護が提供できるようにするためには、試行錯誤の毎日が続きます。

大変ではありますが、手術室チームの中での大事なひとつの役割を担えることは大きなやりがいになります。


手術室看護師のステップアップとは


2845_5_手術室看護師のステップアップ.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


手術室経験が豊富な看護師は、手術室での看護の質を高めていくことができます。こうした経験豊富な手術室看護師は、手術室の主任や師長へ望まれることが多くあります。

経験豊富な手術室看護師は、あらゆる場面でのアドバイスや、スタッフの配置への配慮、医師や医療機器メーカー担当者などの他職種との連携をうまく行うことができる貴重な人材となります。

緊急時など咄嗟の判断に迷いが生じたり、自分の経験にない症例に立ち向かわなくてはいけない場面では、経験豊富な手術室看護師がスーパーバイザーとして助言を行える存在となっています。

また、手術室認定看護師や麻酔科ナースを目指す看護師もいます。
他にも手術室での経験を生かして、救急外来やドクタヘリナースとして救急医療のエキスパートとして活躍している看護師もいます。
手術室看護の経験は、さまざまな未来の選択肢にもつながっているのです。

おわりに


2845_6_おわりに.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


2回のシリーズでお届けしてきた『【看護師の働き方研究所】~手術室看護師編2~「あまり知らない手術室看護、ここが面白い!」』いかがでしたか? みなさん、手術室看護のリアルなイメージは持てたでしょうか?

他にも男性看護師が多い職場であったり、スタッフみんなが基本的には日勤のため(夜間に手術が入るケースもあります)、仲良く出かけることがあったりなど、あまり知られていない手術室看護師特有の環境があります。

専門知識を持ち、チームの一員として患者さまのために日々頑張る手術室看護師。外部からはわからないさまざまな業務があったのではないでしょうか。

今後も、看護師が自分に合う職場を見つけて、いきいきとお仕事できるように、看護師のいろいろな働き方をご紹介していきたいと思います。


※前回の記事はこちらから!
【看護師の働き方研究所】~手術室看護師編1~「どうして手術室看護師になったの?」

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!