お部屋をオシャレに飾りたいナースに!オリジナルのインテリア雑貨を作ろう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3006_top.jpg


オシャレな雑貨屋さんを覗くと、どれも目移りしてしまうほどかわいいものばかりが並んでいます。だけど、中には手作りできるものもあるんです!そこで、ここでは今話題のインテリア雑貨や手軽に作れるアイテムなど、今すぐ作りたくなるハンドメイド雑貨のアイデアが詰まった記事を集めてみました。ぜひ自分だけのオリジナル作品を作ってみてくださいね♪


(1)100均材料で簡単!キラキラなサンキャッチャー♪


happygolucky.png


『happy-go-lucky -心地いい暮らしのコツ-』の筆者hanaさんは、お二人のお子さんを持つ専業主婦。
ブログには、インテリア・片付け・収納術・ハンドメイドなど、暮らしの参考にしたい記事が満載です♪

そんな中、注目したのがこちらの《100均材料で簡単!キラキラなサンキャッチャー♪子ども部屋にもリビングにも♪》という記事!
ここでは、100均材料を使った可愛らしい"サンキャッチャー"の作り方が紹介されています。

hanaさんによると、ほんの10分ぐらいで簡単に作れるとのこと!
実際に使った材料、そして作る過程が一つ一つ丁寧に記されているので、手作りサンキャッチャーに興味を持った方は要チェックですよ☆

お手軽で簡単なので、親子や友達同士で共同でアレンジして作っても楽しめそうですね!お部屋をキラキラと照らしてくれる、素敵な思い出のサンキャッチャーを作ってみていかがでしょう?

ブログには他にも、リース、ポーチ、アクセサリー、エコクラフト作品など、hanaさんが手がけた魅力的なアイテムが多数掲載されています。
自分好みのハンドメイド作品を作ってみたい方は、サイト全体を覗いてみてくださいね。

【参照元】
http://happygolucky.blog.jp/archives/10755919.html



(2)海の向こうの国の草花の壁飾り『スワッグ』とやらを作ってみたい


泡沫工房.png


ものづくりが好きだというゆうのめさんと歪神楽さんが、自分たちの作品を発表しているブログ『泡沫工房』
そこには、草花を使った壁飾りの制作過程が綴られた記事が載っていました。
タイトルは、《海の向こうの国の草花の壁飾り『スワッグ』とやらを作ってみたい!》という記事です。

筆者のゆうのめさんは、ノスタルジックな雰囲気のものが大好きで、花や草木を束ねて吊るす壁飾りの"スワッグ"に興味がそそられたそうです。
そこで、晩秋の庭に咲く草木を摘み、"スワッグ"作りにチャレンジすることに♪
記事には、摘んだ植物を束ね、布やリボンで花束をデコレーションをしていく様子が写真付きで紹介されています。
「オシャレなインテリアを自分で作ってみたい!」という看護師さんは、ぜひ一読してみてくださいね!

"スワッグ"は、生花のときとドライフラワーになったときで表情が変わるので、その変化も楽しむことができますよ。
作り方もシンプルなので、お子さんと一緒に作ってみても楽しいのではないでしょうか。

【参照元】
http://utakata-street.com/2018/02/16/wordpress-handmade-swag/



(3)ハーバリウムの作り方!100均で液体や造花に使える材料はコレ


ふしょみんブログ.png


オイルが入った瓶にドライフラワーや造花を浸し、長くお花を楽しめるインテリアグッズとして人気を集めている"ハーバリウム"。
可愛いインテリアやお花が好きな方の中には、「自分で作ってみたい!」と感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回ピックアップしたのが、《ハーバリウムの作り方!100均で液体や造花など使える材料はコレ!》の記事。
筆者のふしょみんさんが、ハーバリウム作りの手順を紹介してくれています!

使用する容器・ピンセットを消毒する重要性、花材の入れ方のバランスなど、細かいポイントが記載されているのが嬉しいところ♪
初心者でも簡単に素敵なハーバリウムを完成させることができますよ。
ぜひ一読して、ハーバリウム作りをマスターしてみてくださいね。
さらにここでは、ハーバリウムの材料にうってつけな100均アイテムも紹介されています。手軽にハーバリウムを作りたい方は参考にしてみてはどうでしょう?

ふしょみんさんは、3人のお子さんを育てているママ。
彼女が綴る『ふしょみんブログ』には、暮らしのお役立ち情報や子育てネタ、DIYなど耳寄りな豆知識がエントリーしています。
ハーバリウムの記事と併せて、為になる記事をリサーチしてみてくださいね。

【参照元】
http://fushomin.com/diy/harbarium-howtomake



(4)話題のハーバリウムを作ってみました!必要な材料と作り方のコツ


ツクルビヨリ.png


映像制作やデザイン、オリジナル雑貨ブランドの企画販売活動をされている筆者が運営する『ツクルビヨリ』
こちらのブログでは、仕事やプライベートで制作したクラフトおせちやハート柄折り紙コップなど、珍しいアイテムが紹介されています。
一つひとつの記事を見ていると、筆者の高いデザイン力や創造力に感動しちゃいますよ♪
今回は、そんな筆者が制作したという"ハーバリウム"をご紹介!
《話題のハーバリウムを作ってみました!〜必要な材料と作り方のコツ〜》という記事に、制作工程が記載されています。
このハーバリウムは、ドライフラワーやプリザーブドフラワーを特殊なオイルにつけて瓶に入れた新感覚インテリアで、「おしゃれで女子力も上がる!」と女性を中心に絶大な人気を集めています。

作り方は至って簡単。

・お花をカット
・ビンにお花を入れる
・オイルを注ぐ

上記の3STEPのみ!
作る時は「瓶にお花を入れた時のバランスを考えてカットする」ことや、オイルでお花が浮くのを防ぐため「お花を絡めて入れる」など、工夫とコツが必要とされるようです。
制作時間はおよそ1時間。出来上がりを想像しながら作るのも楽しそうですよね♪
必要な材料や作り方の詳しい手順は、ぜひ記事内でチェックしてみてくださいね。

【参照元】
http://framecue.net/tsukurubiyori/flower-green/herbarium_20171019



(5)燃やさないアロマキャンドル「ワックスバー」を作ってみました!


赤ワインのアウトドア日記.png


火を使わず、飾っておくだけで香りを楽しめるキャンドル"ワックスバー"をご存知ですか?
オシャレなインテリア・可愛い贈り物として、女性を中心に注目を集めています。

そんなワックスバーの作り方を紹介されているのがこちらの、《燃やさないアロマキャンドル「ワックスバー」を作ってみました!》という記事!
ここでは、筆者の赤ワインさんがワークショップに足を運び、ワックスバー作りに挑戦した体験が綴られています。

ワックスバーの作り方の手順は、まずドライフラワーをロウでコーティングした後、ドライフラワーやドライフルーツを配置した型を準備し、蜜蝋・パラフィンワックス・アロマを混ぜた液を流すだけ!
難しい工程は一切ないので、ハンドメイド初心者でも楽しく簡単に作れますよ♪

色とりどりなドライフラワーやドライフルーツを飾るワックスバー作りの様子は、見ているだけでも乙女ゴコロがくすぐられます。
気になった方は、ぜひ赤ワインさんのワックスバー作りレポを読んでみてくださいね。

赤ワインさんは、アウトドア雑誌、釣り雑誌、Web媒体の執筆の他、アウトドアワークショップの開催といった幅広い活動を行い、アウトドアの魅力を発信しています。
そんな彼のブログ『赤ワインのアウトドア日記』には、海と山の楽しみ方を教えてくれるアウトドア情報が満載です!
興味がある方は、心惹かれる情報をリサーチしてみてはいかがでしょう?

【参照元】
http://www.akawine.com/2015/05/10/post-5525/



(6)北欧生地を使ってファブリックパネルを作りました~!


闘うアラフォー.png


北欧風の"ファブリックパネル"をDIYしたという、吹田あんこさん。
玄関を北欧スタイルにシフトさせたい彼女は、これまでも白を基調とした色合いのコンセプトに沿ってアレンジしてきました。
ただ、何かしら北欧風のインテリアを飾りたい彼女は、今回、念願の"ファブリックパネル"の作成に取り掛かったと語っています。

その時の様子を綴られているのがこちらの《北欧生地を使ってファブリックパネルを作りました~!》です。
使用する生地は、ずっと欲しかったという北欧生地ボラスのマラガ。
生地を貼るキャンバスのサイズを迷ったそうですが、最終的に小型の3連でDIYすることに決定したそうです。

ここでは実際にどのように作成したのか、写真を添えてその手順を紹介されています。
カットする生地のサイズや生地の貼り方など、キレイに仕上げるコツが記載されているので、興味がある方は作成する前に本文をチェックしてみてくださいね。

その他、吹田あんこさんのブログ『闘う!アラフォー』には、DIYや子育て関連、美容関連などの記事が豊富に揃っています。
ぜひ目を通して、アラフォー女性や子育て世代の看護師さんも共感できる記事を探してみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://azu.citylife-new.com/e117546.html



(7)おしゃれなファブリックパネルの作り方と設置方法


ナチュラルmemo.png


『ナチュラルmemo』でも、"ファブリックパネル"の作り方を紹介されていました!
掲載されている記事のタイトルは、《おしゃれなファブリックパネルの作り方と設置方法》
以前、北欧風生地でファブリックパネルを作った経験がある筆者は、今回スムーズに作成できたと語っています。
生地を貼る土台として使用したのは、発泡スチロール。
軽量な上に、お好みのサイズに切断しやすいというメリットがあるようです。
選んだ生地はリバティプリントのイルマの布で、筆者は土台に発泡スチロール用のボンドで接着したのだとか。
生地を再利用したいという場合は、その他のはめ込み方があるようなので、記事で確認してみてくださいね。
また、作り方の詳しい手順や設置方法についても記載されているので、しっかり目を通して参考にしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事以外にも、ブログにはナチュラル志向のインテリアや雑貨、ファッションなどを取り上げた記事が満載です。
シンプルだけど、何かこだわりのある毎日を過ごしたいという看護師さんは要チェックですよ!

【参照元】
https://n.fireking-memo.com/fabricpanel20171227/



(8)瓶の中の小さな世界!かわいくおしゃれな苔テラリウムの作り方


isLogイズログ.png


緑があるお部屋って素敵ですよね。置いているだけで、パッと明るいお部屋に早変わりします。
室内インテリアとして、植木鉢で育てる観葉植物を家に置きたいという看護師さんもいるのではないでしょうか?
癒し効果抜群の観葉植物ですが、葉のお手入れや水やり、鉢の植え替えなど何かと管理が必要。
忙しい看護師さんの中には「お手入れを続けられるか心配」という方もいることでしょう…
そんな方に見ていただきたいのがこちらの《瓶の中の小さな世界!かわいくおしゃれな苔テラリウムの作り方》という記事です!

「インテリアに苔?!」とはびっくりするかもしれませんが、最後まで読んでみると苔が持っている究極の魅力に気づきますよ♪
小さい頃から苔に興味を持っていた筆者のishikawaさんは、大人になってからより苔に魅了されたと言います。
そんな苔ファンのishikawaさんが観賞用に作ったのが「苔テラリウム」というものです。

密閉された瓶の中に広がる森。可愛いくて心が和やかになりそうですね♪
なんといっても苔テラリウムの魅力は管理が楽ということ!瓶の中だけなので、水や土がこぼれる心配もありません。
また、苔は「密閉した瓶の中で苔が透明のガラス越しに日光を受け光合成をし、苔の呼吸で自然に循環してくれる」とishikawaさんは言います。
毎日水やりをする必要はなく、乾いたら霧吹きでシュッとひと吹きするだけ♪これなら誰でも気軽に育てられそうですね!

詳しい作り方を知りたい方はぜひ記事をチェックしてみてくださいね。

こちらの記事は『isLog〜イズログ〜』の中にあります。管理者のishikawaさんは他にもグルメやWeb制作、ガジェットなど多彩なジャンルの記事をリリース。しっかりチェックすることで「これ、知りたかった」と思う記事が見つかるかもしれませんよ♪

【参照元】
https://www.islog.jp/entry/moss-terrarium/



(9)毛糸でランプシェードを作ってみたよ!


ひつじろぐ.png


"ランプシェード"を手作りしたというのは、『ひつじろぐ。』を運営するヒツジさんとご主人のクマタさんご夫妻。
それも、毛糸を使って自作したのだそうです。

記事《毛糸でランプシェードを作ってみたよ!》によると、必要な材料として4つが挙げられています。

■毛糸
■ボンド
■風船やビーチボール
■ペンダントソケット

上記4つの材料を揃えれば、毛糸でランプシェードを自作できるそうです。
ちなみに、使用する毛糸は自分好みの色をチョイス可能。
さらに1灯用や3灯用などソケットに合ったサイズのシェードを作成できるので、自分のお部屋にマッチするオリジナルのランプシェードが作れますね!
「なかなかお気に入りのアイテムに出会えなかった…」という看護師さんは、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

肝心の作り方ですが、こちらは記事の中でしっかり紹介されているので、添付されている写真と共に目を通してみてくださいね。
作業する工程でのポイントも至るところに記載されています。こちらもお見逃しなく!

今回紹介した記事以外にも、ブログには気になる情報がアップされています。
ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

【参照元】
https://hitsujilog.com/uchigoto/lampshade/



(10)100均アイテムだけでできる!コットンボールランプの作り方


OKASAN24.png


ブログ『OKA-SAN24』を運営しているのは、ママとライターの二つの顔を持つ奥戸サオリさん。
彼女はDIYが趣味だそうで、自身のブログでも手作りの作品とその制作過程を紹介しています。

今回紹介する《100均アイテムだけでできる!コットンボールランプの作り方》はその中の記事の一つですが、コストを抑えて可愛いインテリアを作ってみたい看護師さんにうってつけの内容ですよ♪

奥戸さんによると、コットンボールの材料は100円ショップで揃えられるものばかりとのこと。
しかも、制作過程もシンプルなので、不器用さんも気軽にチャレンジできそうです。
完成品は壁に吊るしたり、LEDライトをデコレーションしたりと、バリエーションに富んだ使い方ができるので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!
手作りのインテリアでお部屋を飾れば、気分もアガるのではないでしょうか。

【参照元】
https://oka-san24.com/cotton-ball-lamp

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!