「やりがいが持てない…」と悩む看護師に試してほしい「過去」と「未来」からのアプローチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2739_TOP_「やりがいが持てない…」と悩む看護師に試してほしい.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


希望に燃えて看護師の仕事を始めたはずなのに、いつの間にかやりがいを持てない毎日を過ごしている…。そんな悩みを抱えている看護師も少なくないようです。

どうしてやりがいのスイッチが切れてしまったのでしょうか?
また、一度なくしたやりがいは取り戻すことができないのでしょうか?

今回は、やりがいを感じられないと悩む多くの看護師にためしてほしいことをお伝えします。

728_90_3.png


どうしてやりがいをなくしてしまうのか


2739_1_どうしてやりがいをなくしてしまうのか.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師の仕事は一人ではできません。必ず、先輩や後輩などその他の看護師や、医師をはじめとさまざまなコメディカルスタッフと協力して患者さんの看護にあたることになります。
また患者さんは通常の状態ではなく、精神的にも不安定なケースがあり、そのご家族も患者さんを心配して神経質になっていることもあります。

看護師はそんなたくさんの人と触れ合う機会の多い仕事ですが、すべての人と気が合うということは難しいですよね。どうしても何らかの人間関係の悩みは出てきてしまうものです。
そういった人間関係の悩みから、精神的な疲労を感じ、次第にやりがいをなくしてしまう看護師も少なくないようです。

他にも、理想の看護感があるのに実践できないケースや、周囲の看護師と比較して自分の方が手技が劣っていると感じたり、知識が足りないと落ち込んでしまうケースもあるようです。

看護師のやりがいって何?


2739_2_看護師のやりがいって何?.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


そもそも看護師のやりがいとは、どんなものでしょうか?

看護師がやりがいを感じる瞬間で、一番多く聞かれた声は「患者さんにありがとうと言われた時」という答えでした。
看護師になろうとした動機が「誰かの役に立ちたい」という看護師も多く、患者さんから感謝されるということは、その方の役に少しでも慣れたということを実感できる時なのです。

しかし、実際にやりがいをつねに感じ続けながら働くことは、正直難しいと思います。
忙しい日々の中、不規則な生活になる看護師も多く、また前述した人間関係の悩みなどから、やりがいを見失うのは、実は当たり前とも言えるのです。

やりがいを見失うのは誰もが経験することですし、また見失ったからこそ「自分は看護師になったのか」を見つめ直す時間にもなります。
そして、再びやりがいを感じることができるのです。

やりがいを取り戻す方法


2739_3_やりがいを取り戻す方法.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


やりがいを取り戻すためには、「過去」と「現在」の2つの方向からのアプローチが役立ちます。具体的な方法について解説します。

過去からのアプローチ


過去からのアプローチとは「夢を持って看護学校で勉強に励んだ日々を思い出してみる」というものです。
看護師になるために必死でした勉強、研究、論文、実習、それらのための予習、復讐、記録物、試験…。大変な思いをしながらも看護師になるために頑張った自分や、一緒に励ましたった仲間がいたのではないでしょうか。

あなたは今、過去の自分がなりたかった看護師になっています。あとは、自分の理想の看護師に近づくためにできることを考え、実行に移せばいいのです。

例えば人間関係が悩みでつらい場合は、どうすれば解決できますか?
手技、知識が足りないと感じるならば、どうすれば解決できるでしょうか?
解決策を考えて、それを実行に移すことは簡単ではないかもしれません。
それでもその悩みがなければ、あなたは看護師としてもっとイキイキと仕事ができるのではないでしょうか?

またやりがいがなく、誰のためにも頑張る気力を失ってしまっている方は、かつて一緒に勉強に励んだ仲間に悩みを話すことで、看護学生の頃のようにお互いを励ましあって、癒やしあって頑張れるかもしれませんよ。

現在からのアプローチ


「なぜ、やりがいをなくして虚しい気持ちになっているのか」、現在の生活を見直してみることも大切です。

プライベートな時間を一切とれない日々を過ごしていませんか?
プライベートの中でも、自分のための時間を1時間でも30分でもいいので取れるように計画してみてください。自分のための自由時間を、自分のための贅沢にしてみてください。
好みのカフェでゆっくりしてもいい、買い物でもいい。「誰かのため」ということは一瞬でも忘れて、自分のために過ごしてみて下さい。

育児中などで難しい方でも、もし看護師を続けるのが辛いほど疲労しているのであれば、誰かに協力してもらったり、短い時間でもどこかに預けて、自分のための時間を作ってもよいのではないでしょうか。

もし可能な方であれば、一度まとまった休みを取ってみると、今の苦しさを客観的に理解できるかもしれませんよ。

一時的に仕事を離れることで、「自分がいかに看護師の仕事が好きか」に気付いて、看護師としてふたたびリスタートをきる看護師も少くありません。

抱えている悩みが重度で、心身にトラブルをきたすくらいならば、思い切って休んでみることも必要かもしれません。

まとめ


多くの看護師がやりがいをなくす経験をしています。もし、そんな時もあっていのです。自分を責めることはありません。
むしろ「忙しすぎないか?」「もう少し自分を大事にしよう」ともっと思ってもいいのです。

仕事にやりがいを持つことは素敵なことです。また看護師という仕事は、人の役に立てる素晴らしい仕事です。しかし、人間関係や目標が高いからこそ疲労したり、落ち込んだりして、やりがいを見失ってしまう時もあります。
そんな時は、やりがいを持てない自分を許し、できれば少し「誰かのために頑張ってしまう自分」を休ませてあげてくださいね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!