旅好きナースの心を掴むお宿とは?一度は泊まってみたくなる宿泊施設の情報をチェック☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3260_top.jpg


旅行の醍醐味は、非日常を味わえること。その非日常体験を満喫できるのは、なにも目的地のスポットだけではありません。旅先で泊まるお宿もいつもと違った雰囲気だとワクワクしませんか?そこで、ここではユニークだったりゴージャスだったり、ちょっと気になる宿泊施設の情報をお届けしたいと思います♪


(1)尾道U2の宿泊施設「HOTEL CYCLE」に泊まってみた!


SmartPartyjp.png


サイクリングが好き、もしくは興味があるという看護師さんにチェックしてほしいのが、こちらの《尾道U2の宿泊施設「HOTEL CYCLE」に泊まってみた!尾道U2の口コミ・アクセス方法も紹介》

ここでは筆者のtakahiroさんが、広島県尾道市にあるサイクリスト向けの複合施設「ONOMICHI-U2」の中の「HOTEL CYCLE(ホテル サイクル)」に泊まった体験を書いてくれています。

「ONOMICHI-U2」は、戦時中に建造された海運倉庫を改装した施設。
倉庫のテイストを残しつつ、洗練されたおしゃれな空間が広がっており、施設内には自転車専門店や雑貨屋、ベーカリー、カフェなどのお店がズラリと並んでいます。

その中の「HOTEL CYCLE(ホテル サイクル)」の外観も、モダンでおしゃれな作り。
こちらのホテルはお部屋に自転車ごとチェックインできるのが特徴で、サイクリストの間でも注目を集めています。

記事に添付されたホテルのお部屋の写真を見ると、ダーク系カラーを基調としたシックなつくりが印象的。落ち着いた雰囲気でゆったりくつろげそうです。
また、宿泊した際には「ONOMICHI-U2」の中で朝食ビュッフェをいただけるそうで、takahiroさんは、味も非常においしく良い朝食をとることができたとコメントしています。詳細は記事にまとめてあるので、気になった方はアクセスしてみてくださいね!

takahiroさんが運営する『SmartParty.jp』には、全国の撮影スポットが特集されており、行ってみたくなる素敵な場所がたくさん紹介されています。
観光スポットの美しい写真と共に、詳しい旅のレポートが綴られているので、ぜひ目を通してみてくださいね♪

【参照元】
https://smartparty.jp/onomichi-u2-stay-hotel-cycle



(2)湯西川温泉「桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄」に宿泊


休みはアウトドア旅行.png


旅行やキャンプ、釣りなど、アクティブな趣味を持つ『休みはアウトドア旅行』の管理人さん。
アウトドア好きの方や「旅行に行きたいなぁ」と考えている看護師さんは、楽しみながらブログを読み進めることができるはずですよ♪
ぜひお時間のあるときにチェックしてみてくださいね。

管理人さんは2018年の夏、湯西川温泉を訪れました。
その際に宿泊した施設について詳しく書いてある記事が《湯西川温泉「桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄」に宿泊》です。
宿入り口で客人を迎えるのは、大きな天狗のお面!
もうこれだけでもインパクト大ですね。
フロントには、米俵をはじめ、昔の日本を彷彿とするアイテムが飾られており、まるで時代劇の舞台に迷い込んでしまったかのような錯覚を覚えます。

旅館のあちこちにも民芸品や骨董品が飾られており、宿全体が博物館のようです。

「落ち着きある大人の時間を過ごしたい」という看護師さんに、癒やしを与えてくれそうなお宿ですね♪
記事には露天風呂や料理の写真も掲載されています。
気になる方は覗いてみてはいかがでしょうか。

【参照元】
https://blog.tabiji.org/archives/179369



(3)旭川のパラダイス(?)に行ってきた。


nokotoblog.png


2017年より、旭川市での移住ライフをスタートさせているken2 (けんけん)さん。
彼が運営するブログ『nokotoblog』には、北海道の観光情報をはじめ、旭川での生活の様子などについての記事が多く綴られています。
「北海道が好き!」という看護師さんは、記事を読んでいるだけでも楽しい気分になれるかも♡ぜひチェックしてみてくださいね。

また、ミニマリスト生活を実践しているken2さんのブログには、シンプルなくらしを手に入れるためのヒントもたくさん!こちらもぜひ注目してみてはいかがでしょうか。

さて、今回の注目記事は《旭川のパラダイス(?)に行ってきた。》です。
ここでは、アウトドア好きの看護師さんに特におすすめの宿泊施設が紹介されていましたよ!

この日、ken2さんが訪れたのは「旭川モンゴル村キャンプ場」。
敷地内では、ヤギやポニーがお客様をお出迎えしてくれています。
動物好きの子どもたちが、喜ぶこと間違い無しの環境です♪

そして、宿泊施設として紹介されているのはモンゴル遊牧民の移動式住居「ゲル」。
記事では、室内の様子も確認することができます。
中央にはストーブも。寒い時期も温かく過ごせそうですね♪

こちらには五右衛門風呂もあるようです。非日常体験を楽しみたい方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【参照元】
https://nokotoblog.com/asahikawa/170629-paradise-asahikawa/



(4)「しまかぜ」でプライムリゾート賢島に行ってきた!


とっとこランサーのブログ.png


「国内で海外リゾート気分を感じられるようなホテルはないかな?」とお探しの看護師さん、「プライムリゾート賢島」へ足を伸ばしてみるのはいかがでしょう?
「プライムリゾート賢島」は三重県志摩市にある英虞湾のほど近くに位置しており、エントランスからでもその広大な景色を見ることができるのだそう。

その「プライムリゾート賢島」について、実際に泊まった感想を綴られているのが、『とっとこランサーのブログ』に掲載されている《「しまかぜ」でプライムリゾート賢島に行ってきた!感想と世界一の朝食レビュー、賢島観光について》という記事です。

ホテルにチェックインをした、筆者のとっとこランサーさんがはじめに感じたことは、GWにもかかわらず人が少ないという点。
GWであれば、通常ホテルは人でごった返し、賑やか雰囲気になることは想像に難くないでしょう。
しかし、「プライムリゾート賢島」はとにかく敷地が広いために人口密度も必然的に低くなり、それが要因となって他の宿泊客と遭遇することがなかったと思い至ったのだそう。
また、敷地だけではなくもちろんお部屋も広かったと語られています。
スタンダードな部屋でも十分な広さがあり、なんとベランダまでついていたとのこと。
海外リゾート気分を味わいながら、ゆったりと過ごしたい看護師さんは要チェックですね!

その他、記事ではホテルから見える夕日やディナー、そして神戸北野ホテルのシェフが監修したという世界一の朝食などについても言及されていました。
ぜひ隅々にまで目を通して、気になる情報をゲットしてくださいね♪

【参照元】
http://tottokolancer.blog.jp/archives/1056704631.html



(5)【ファーストキャビン羽田ターミナル1】女性でも泊まれる!


旅するてん.png


ひとり旅が好きだという高瀬てんさんのブログ『旅するてん』には、旅をテーマにした記事がたくさん♪
「私も旅行するのが好き!」という看護師さんは、共感を覚えながら読み進めることができるはずですよ。
また、「おひとり様」をテーマにした記事も多いので、自分だけの時間を大切にしている看護師さんもぜひチェックしてみてくださいね。

今回の注目記事はこちら、《【ファーストキャビン羽田ターミナル1】女性でも泊まれる!羽田空港のカプセルホテル》です。
てんさんは、羽田空港発の早朝便を予約した際、こちらのホテルを利用したそう。
てんさんは記事の中で、こちらのホテルを"進化型カプセルホテル"と表現しています。
どういったところが進化型なのか気になりますよね。
記事にはその詳細がしっかりと書かれています。

例えば、ファーストクラスキャビンの部屋にはベッド横に鍵付きの棚が置いてあったり、部屋着が用意されていたり。
もうこれだけでも、進化形と言えそうですよね。
また、大浴場やシャワールームが設けられている他、洗面台にはドライヤー以外にコテも用意されているという充実ぶり!
さらに、フロアは男女別になっているため、安心感も大きいそうですよ。

早朝便を利用する際は、こちらのホテルを利用してみるのも良いですね♪

【参照元】
https://travel-takaten.com/first-cabin-haneda



(6)おすすめの珍宿!和歌山県・南紀白浜の「とれとれヴィレッジ」!


職業としてのDrアキラッチョ.png


Dr.アキラッチョさんが紹介してくれているのは、和歌山県の南紀白浜にある「とれとれヴィレッジ」。
そこにはある週末の休みを利用して泊まったそうですが、今まで見たこともないような宿だったと語っています。

それもそのはず!この「とれとれヴィレッジ」は形がちょっとユニークで、なんとドーム型をしているんです。
しかも、建物はひとつひとつが独立していて、敷地いっぱいにぎっしりと建てられているのだとか。
実際に、そのドーム型ハウスの中に入った筆者は、天井が高くて広いという印象を持ったようです。
また部屋の中での話し声が反響し大きく聞こえるという、ドーム型ならではのユーモラスな特徴も。
遊び心満載で、お子さんも喜びそうですね♪

ちなみに、露天風呂付きのお風呂や、バイキングが楽しめるレストランが併設されているようなので、賑やかな雰囲気も同時に味わえそうです。
詳しいレビューは、《おすすめの珍宿!和歌山県・南紀白浜の「とれとれヴィレッジ」を紹介!》に画像を添えて記されているのでしっかり目を通してみてくださいね。

上記の記事は、『職業としてのDr.アキラッチョ』に掲載中。
Dr.アキラッチョさんは脳神経外科医として活躍するひとりで、ブログには看護師さんにぜひ読んでいただきたい記事が豊富にエントリーしています。
ぜひアクセスして、医療現場で役立つ情報をゲットしてみては?

【参照元】
http://dr-akiratcho.com/2017/09/27/toretore-village/



(7)【宿泊体験記】「変なホテル東京銀座」に泊まってみた。


僻地で陸マイラーの忘備録.png


面白い体験ができる宿泊施設として注目したのが、HISが運営する「変なホテル」。ロボットが働くホテルとして、国内外でも大きな話題になっています。

こちらの《【宿泊体験記】「変なホテル東京銀座」に泊まってみた。》という記事では、筆者のはみぃさんが東京銀座の「変なホテル」の全容を詳しくレポートしてくれていましたよ!

変なホテルの象徴ともいえるのが、受付のロボット。
ロビーカウンターには、きれいな受付お姉さんのロボットがおり、瞬きをしたり、口もちゃんと言葉に合わせて動いたりと、なかなかリアルだったのだそう。
チェックインすぐにロボットと対面するインパクトは、貴重な体験として思い出になりそうですね♪

また、変なホテルの客室には、服のニオイ・しわ・ほこり・花粉をリフレッシュしてくれるクローゼット型ホームクリーニング機が完備されている上、無料で国際電話かけ放題可能の客室用スマホも使えるのだとか!
個性派ホテルならではの、こだわったサービス精神を感じられます。

その他、記事では館内設備、ホテル内に併設されているバー、朝食など、実際の現場をくまなくレポートされているので、興味を持った方は確認してみてくださいね☆

はみぃさんが運営する『僻地で陸マイラーの忘備録』は、地域で働く総合診療医夫婦が、医療の話、旅行情報、結婚・育児など、多岐に渡るお役立ち情報を発信しているブログです。
読み応えのある記事ばかりなので、時間を見つけて為になる記事をリサーチしてみてはいかがでしょう?

【参照元】
https://www.hekichi-miler.com/entry/2018/04/28/【宿泊体験記】「変なホテル東京銀座」に泊まっ



(8)【御所社乃森】平安時代にタイムスリップ?お遊びや着付け体験


海斗の手控え.png


歴史好きの看護師さんなら、「一度は泊まってみたい」と思うであろうお宿が紹介されている記事を発見!
それがこちら、《【御所社乃森】平安時代にタイムスリップ?お遊びや着付け体験感想》です。

お宿の名前は「旅殿 御所 社乃森」。
徳島県にあるこちらのお宿では、平安時代にタイムスリップしたかのような体験ができるとのことです。
詳細を教えてくれるのは、海斗さん。ブログ『海斗の手控え』の管理人で、こちらの記事の執筆者でもあります。

チェックインを済ませ客室に通されると、そこには時代劇に登場しそうな空間が!
平安時代のお姫様になった気分で一日を過ごせそうです。

こちらでは、十二単をはじめとした衣装着付け体験も楽しめるそうで、海斗さんは小袿をチョイス☆
お顔は見えないものの、その上品さが写真からも伝わってきます。
また、衣装を着たまま昔遊びもできるそうですよ。
これは、ぜひとも体験してみたい♡

記事には、お風呂やお食事など、お宿の紹介が更に詳しく書かれているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。
ブログには、心理学や料理、美容など、さまざまなジャンルの記事が綴られていますので、興味のある方はそちらも併せて読んでみてはいかがでしょうか。

【参照元】
https://kaito-zakki.com/2017/02/10/zakki-yasironomori/



(9)癒しの旅 in 静岡 〜1日目〜


StoptryingtobePerfect.png


「せっかくなら誰もが羨むような素敵なホテルに泊まりたい♡」
という看護師さんにぜひ読んでもらいたいのが、《癒しの旅 in 静岡 〜1日目〜》の記事です。
こちらの記事で紹介されているのは、静岡県にある「コルテラルゴ」というホテル。

ブログ『Stop trying to be "Perfect"』の管理人で、記事を執筆したMinaさんが、ホテルの感想をたくさんの写真付きで紹介してくれていますよ♪

記事によると、ホテルの客室は全部で7室ほど。それぞれの部屋がリゾート地をイメージしてデザインされているそうで、お部屋ごとに違った印象を楽しめるようになっているそうです。
Minaさんが宿泊したのは、地中海スイートのお部屋。
たくさんの写真とともにお部屋の様子が紹介されていますが、一つ一つの空間が本当に絵になります。

しかも、地中海のお部屋にはプライベートプールも完備されているという贅沢さ!
温水なので、冬でもプールを楽しめるそうです。
こんなステキな空間でバケーションを楽しめたら、心からのリフレッシュが図れるはず☆
自分へのご褒美として、宿泊してみるのも良いかもしれませんね。

その他、ブログにはさまざまなジャンルの記事が豊富に公開されています。ぜひ、スキマ時間に他の記事もチェックしてみてくださいね!

【参照元】
http://itsmimi87.hatenablog.com/entry/2017/07/18/205154



(10)【下呂温泉で泊まった湯之島館】緑に囲まれた素敵なお宿


りすと私と暮らし.png


『りすと私と暮らし。』は、北米在住のりわさんが運営するブログ。
インテリアをはじめ、掃除や収納に関する記事など、シンプルながらスタイリッシュな日々を送るためのヒントが綴られています。

どれも気になる記事ばかりですが、今回は《【下呂温泉で泊まった湯之島館】緑に囲まれた素敵なお宿、心も体も癒される。》をピックアップしました。
記事では、りわさんが日本滞在中に訪れた、故郷・岐阜県にある「湯之島館」というお宿について紹介されています。

この「湯之島館」は下呂の中でも歴史のある老舗温泉旅館で、施設内の複数の箇所が国登録有形文化財として登録されているのだとか。
りわさんは玄関を見た瞬間、その歴史深さと厳かな雰囲気を感じたそうです。
また、スタッフの礼儀正しく丁寧なおもてなしも印象的だったと語っています。

お部屋から眺める景色も圧巻で、目にも心にも癒やしを与えてくれる緑いっぱいの景色にりわさんは感動したようです。
館内には足湯もあるそうで、お湯の温度も程良く、のんびりできたと言います。
ゆっくり足を温めてくつろぐことで、心の休養にもなるのではないでしょうか。
敷地はなんと5万坪ほどあるとのことなので、ゆったり辺りを散策するのもいいですね♪
豪華で、ちょっと贅沢したいときに訪れたいこちらのお宿のレポートは、記事で確認してみてください。
そして、岐阜への旅行をお考えの看護師さんは、お宿の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

【参照元】
http://riswatashi.blog/blog/2018/6/29



(11)葉山「THE HOUSE on the beach」秋冬バージョン


安藤美紀のおいしいもの探検記.png


フリーライターの安藤美紀さんのブログ『安藤美紀の『おいしいもの探検記』』には、日常の出来事とともに、心身に良い刺激を与えてくれそうなパワースポットや温泉、ホテル、カフェの記事が数多くエントリーしています。

今回紹介するこちらの記事《女子に教えてあげたい!葉山「THE HOUSE on the beach」が超おしゃれな秋冬バージョンに》という記事もその中の1つ♪
ここでは、東京から車で1時間の場所にある葉山の森戸海岸沿いに建つ、ギリシャ風のレンタル邸宅「THE HOUSE on the beach」が紹介されています。

安藤さんによると、「THE HOUSE on the beach」は人気のスポットである葉山の海沿いにあるため、夏季シーズンは予約でいっぱいなのだとか。
しかし、秋や冬は比較的予約がしやすく、室内はモダンな趣の中に温かさが感じられるように様変わりをするため、おしゃれな空間に泊まってみたい方にとっては狙い目なのだそうですよ。
上記の記事には、白を基調にした各部屋の様子をはじめ、窓やお風呂付きのウッドデッキから見える景色もアップされているので、気になる方はぜひ詳細をチェックしてみてくださいね!

オーシャンビューで、細部にまでオーナーのこだわりが感じられる「THE HOUSE on the beach」は、日本に居ることを忘れさせてくれそうな雰囲気なので、非日常的な時間を味わいたい看護師さんにはピッタリの宿泊施設ではないでしょうか。

【参照元】
https://mikitpg.com/hotel/resorthotel/the-house-on-the-beach



(12)レゴランドホテルのニンジャゴープレミアムプラス(ビュー)宿泊


たーたんファミリー.png


子どもだけでなく、大人も一緒になって楽しめる宿泊施設といえば、名古屋にあるレゴのテーマパーク「レゴランド・ジャパン」内の「レゴランド・ジャパン・ホテル」。

そこで、ご紹介したいのが「レゴランドが大好き!」と語る夫婦が運営するブログ『たーたんファミリー』《レゴランドホテルのニンジャゴープレミアムプラス(ビュー)に宿泊したよ!》という記事です。
ここでは、管理人さんのご家族がレゴランドホテルに宿泊した時の体験がしっかりレポートされていましたよ♪

レゴランドホテルの大きな特徴は、レゴの遊び心がたっぷり散りばめられているところ。ロビーにレゴブロック遊びコーナーがあったり、エレベーターの内装がディスコ風になっていたりと、チェックインすぐからワクワクする場面が目白押しです!

また、客室は階によってテーマが異なっており、管理人さんのご家族は、レゴの忍者を元に放送されたアニメ「ニンジャゴー」がテーマの客室に宿泊したのだとか。

実際の写真を見ると、エレベーターホールも廊下もすべてニンジャゴーで、客室もニンジャゴー一色に染められています。
部屋全体が、まるでおもちゃ箱の中のような空間で、大人も童心に帰れそうです。
さらに、客室からはレゴランドを一望できたようで、夜のレゴランドはとてもきれいだったそうですよ♪

その他、夕食と朝食の感想、宿泊者限定のワークショップの様子など、現地の様子を詳細にレポートされているので、興味がある方は記事を一読してみてくださいね!

上記以外にも、たーたんファミリーのブログには、名古屋近郊中心の子連れお出かけスポットが多数紹介されています。
家族旅行を計画中の看護師さんは、ぜひ行ってみたい場所をリサーチしてみてはいかがでしょう?

【参照元】
https://tahtanfamily.com/legoland-hotel-ninjago/



(13)ホテルアンテルーム京都・宿泊レビュー。おしゃれなアートホテル


YDブログ.png


「ホテルアンテルーム京都」は、学生寮をリノベートした宿泊施設。
館内には、ギャラリーが併設されている他、各ルームや公共エリアにアーティストの作品が飾られており、アートやカルチャーを身近に感じられるようにデザインされています。
「旅行先でトコトンインスタ映えを追求したい」「話のネタになるような個性的なホテルに泊まってみたい」という看護師さんは、ぜひ注目してみてくださいね!

ガジェットレビューやアプリをはじめ、旅行記や観光に関する記事が掲載されている『YDブログ』の中には、《ホテルアンテルーム京都・宿泊レビュー。おしゃれなアートホテルが大規模リニューアル》という記事が掲載されているので、ホテルの雰囲気が知りたい方は要チェックです。

筆者によると、「ホテルアンテルーム京都」は、アート作品の展示に力を入れているだけでなく、インテリアや文具にもこだわりが感じられるのだとか。
また、口コミで高評価の半ビュッフェスタイルの朝食も、うわさ通り美味しかったそうなので、利用すると旅の良い思い出が増えそうですよ。
コスパも良いとのことなので、京都旅行の折には利用してみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://matagotch.hatenablog.com/entry/travels/hotel-anteroom-kyoto



(14)高級ホテル!マンダリンオリエンタル東京に泊まってみた!


ホテログ.png


初めて利用しようとするホテルや旅館は、雰囲気や設備が気になりますよね。
そんな方におすすめなのが『ホテルログ』
ここには、ホテルや旅館に実際に泊まってみた感想が綴られているので、宿泊前のリサーチに役立ちそうですよ!

今回は数ある記事の中から、運営者さんが一番のお気に入りだというホテルの詳細が掲載されている《高級ホテル!マンダリンオリエンタル東京に泊まってみた!》という記事にフォーカスしてみました。

「マンダリンオリエンタルホテル東京」といえば、世界が認める5ツ星ホテル。
ラグジュアリーな空間とワンランク上のサービスに定評がありますが、筆者が気に入っているのは部屋からの景色と充実したアメニティなのだそうです。
中でも発汗作用に優れたバスソルトは購入に至るほどのスグレモノなのだとか。
このような配慮は、スパやウェルネスがあるホテルならではのこだわりなのかもしれませんね。

また、室内全体は落ちいついたインテリアで統一されており、上質な空間の中で極上のひとときを味わえるのも魅力。
宿泊費はそれなりにかかるものの、それに見合うだけの価値があると述べられています。
仕事を頑張る自分へのご褒美やアニバーサリーに高級ホテルの宿泊をチョイスするときには、ぜひ候補の1つとして「マンダリンオリエンタルホテル東京」をピックアップしてみてはいかがでしょう。

【参照元】
https://hotelog.hatenablog.com/entry/mandarin-tokyo

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!