全国のお雑煮~北から南まで各地のお雑煮クルージング~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3264_TOP_テキストなし.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


年末も忙しく働いていた看護師の中には、家族みんなで食べるお雑煮がお正月の楽しみ!という方もいるのではないでしょうか。元旦の清々しい空気の中で食べるお雑煮の味は格別です。一年の始まりに欠かせないお雑煮ですが、地域によって味付けやお餅の形が異なります。全国ではどんなお雑煮が食べられているのか見てみましょう。

728_90_3.png


地方によって違うお雑煮の味


3264_1_地方によって違うお雑煮の味.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


お雑煮の語源は諸説ありますが、いろいろな具材を煮合わせるという意味の「煮雑ぜ(にまぜ)」だと言われています。もともとお雑煮は、神様に捧げる神聖な食べもの。神棚に作りたてのお雑煮を供え、家族全員で手を合わせてからいただいた記憶がある方も多いかもしれません。

地域によってお雑煮のおだしや味付け、お餅の形、使う具材など、組み合わせのバリエーションはさまざま。多くの地方ではすまし汁仕立てが主流ですが、関西や四国では白みそ仕立てで作る家庭が多く、中には赤みそ仕立てというお宅もあります。

お餅の形は丸?四角?


3264_2_お餅の形は丸,四角.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


お雑煮に入れるお餅の形も地方によって違いが見られ、関東より北では四角い切り餅、関西より南では丸餅を入れることが多いです。

丸餅は「円満」を意味する縁起物ということで、縁起を大切にする関西らしいですね。一方、人口が集中しているためいつも忙しい関東周辺では、手間がかからずに作れる角餅を使うようになっていったのだとか。ひとつひとつ手で丸める丸餅より、四角く伸ばして切るだけの角餅のほうが、作る時間が短縮できたそうです。四国では、あんこの入った餅を入れる地域も。また形だけでなく、お餅を焼くか煮るかという差も見られます。

関東はしょうゆ・関西は白みそ


3264_3_関東はしょうゆ・関西は白みそ.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


鶏肉・大根・人参・ごぼう・しいたけ・青菜・かまぼこなど具材も盛りだくさんのお雑煮。新潟では鮭やいくら、広島では牡蠣、福岡ではブリなど、地元の特産品を入れるという地方もあります。

また、それぞれの家庭で慣れ親しまれた味が次の世代へと受け継がれていくのも、お雑煮の魅力です。東京に伝わる昔ながらのお雑煮はいたってシンプル。カツオや昆布でだしをとったしょうゆのすまし汁に、香ばしく焼いた角餅を入れ、鶏肉・小松菜・三つ葉やゆずの皮を乗せていただくのが定番です。
一方、関西では白みそベースが主流。京風のお雑煮は、昆布でだしを取った白味噌の汁に、丸餅・里芋・大根・人参・ほうれん草などを入れ、花かつおを乗せます。奈良では、味噌仕立てのお雑煮の丸餅を甘いきな粉につけて食べるのだとか。
そして大阪では、元旦は京風の白みそ仕立てのお雑煮を食べ、2日目はすまし汁のもお雑煮を食べるという習慣があるそうです。その理由は、味に「飽きない(商い)」ように。さすが商人の街・大阪ですね。

地域によってお雑煮の食べ方がこんなにも違うのは、やはりその地方の昔からの習わしが息づいているからかもしれませんね。

全国にはいろいろなお雑煮が!


3264_4_全国にはいろいろなお雑煮が.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


ほかにも、全国には珍しいお雑煮がいろいろあります。三陸沿岸の岩手の一部では、しょうゆ味の汁に入れたお餅をクルミ・砂糖・しょうゆを混ぜたタレにつけて食べるそうです。

福井では、合わせ味噌の汁に丸餅と茎が付いたかぶを入れるかぶら雑煮が一般的。島根の一部地域では、小豆を柔らかく煮た上にお餅を入れるぜんざいのような小豆雑煮が食べられています。福岡の博多ではだしを取るのに焼アゴを使い、熊本ではするめを入れるというのも珍しいですね。

広島ではブリを使ったしょうゆベースのブリ雑煮を食べるという家庭もあれば、牡蠣を入れたかき雑煮を食べるところもあるそう。同じ県内でも、地域によって習慣に違いがあるのですね。それぞれの地方に根付いたお雑煮の味。ぜひ、あれこれ食べ比べてみたいものです。

お雑煮レシピを増やしてみよう


3264_5_お雑煮レシピを増やしてみよう.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


家族でいただく元旦のお雑煮は、古くから続く日本の大切な風習です。そんな各地・各家庭の特色を守っていきたいですね。今年は一味違ったお雑煮作りにチャレンジしてみてもよし。病院に地方出身の看護師さんや患者さんがいるなら、日本各地のお雑煮レシピを聞いてみてもいいでしょう。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!