雪景色を拝みに行きたい!1月におすすめの国内旅行5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3270_TOP_テキストなし.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


この冬、一度は見てみたい日本の美しい雪景色。今回は、出勤続きでお疲れのナースの皆さんにおススメしたい冬の絶景スポットをご紹介します。非日常の風景をとことん楽しんで、日頃の疲れを吹っ飛ばしてくださいね。

728_90_3.png



八甲田山(青森県)



世界でも有数の豪雪地帯と言われる「八甲田山」。青森県の南側にそびえ、日本百名山のひとつで、複数の火山群から構成されています。また、1月から2月にかけてはさまざまな形の樹氷を見ることができますよ。「スノーモンスター」とも呼ばれる圧巻の樹氷を眺めながら、ロープウェーで空中散歩をするのもまた冬の醍醐味。また、「雪の回廊」も見どころのひとつ。雪が崩れないよう、除雪していくことで形成された道のことです。その高さはなんと10mに及ぶところも!その絶景に圧倒されること間違いなしです。

<DATA>
八甲田山
住所:青森県青森市寒水沢1-12(八甲田山ロープウェー)
アクセス:「青森駅」前JRバス11番「十和田湖」行き乗車約1時間、「八甲田ロープウェー駅前」下車 ※冬季は、酸ヶ湯温泉行き乗車になります。
TEL:017-738-0343/017-738-8591(リフト)
定休日:5月・11月上旬点検のため運休あり
時間:9:00~(20分間隔で運行)
3月1日~11月上旬 登り最終16:20/下り最終16:40
11月中旬~2月末 登り最終15:40/下り最終16:00
料金:大人片道1180円 大人往復1850円
URL:https://www.aptinet.jp/Detail_display_00000092.html


乳頭温泉郷(秋田県)



十和田・八幡平国立公園に位置する「乳頭温泉郷」は、七湯が点在する温泉の総称。温泉マニアなら一度は訪れたい秘湯として、人気の温泉地です。「鶴の湯」「妙乃湯」「黒湯温泉」「蟹場温泉」「孫六温泉」「大釜温泉」「休暇村乳頭温泉郷」の7つの温泉から成ります。泉質や効能はそれぞれ違いがあるため、いくつかの湯をめぐってさまざまな効能を楽しむのがおすすめ。しんしんと雪が降る景色を眺めながら乳白色のお湯に浸かって、静かな非日常を味わってみよう。

<DATA>
乳頭温泉郷
住所:秋田県仙北市田沢湖 
※各温泉によって住所・電話番号等が異なります。
 詳しくは下記のホームページにてご確認ください。アクセス:最寄り駅「田沢湖」駅。「秋田」駅より約57分、「盛岡」駅より約35分。
※最新情報は公式ホームページ内のFacebookをご確認ください。
URL:http://www.nyuto-onsenkyo.com/


銀山温泉(山形県)



まるで大正時代にタイムスリップしたかのような情緒あふれる「銀山温泉」。銀山川を挟むように、モダンな宿が軒を連ねています。日没に合わせて照らされるガス灯の明かりと、雪の積もった景色は銀山温泉ならでは。幻想的で美しい冬の銀山温泉で、日本の古き良き温泉街をとことん堪能し、心身ともにリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

<DATA>
銀山温泉
住所:山形県尾花沢市銀山新畑地内
アクセス:JR「山形駅」から奥羽本線急行乗車約40分、大石田バス乗車約15分、「尾花沢」でのりかえた後約40分、「銀山温泉」下車
TEL:0237-28-3933(銀山温泉案内所)
※各宿の詳細は公式ホームページにてご確認ください
URL:http://www.ginzanonsen.jp/


大内宿(福島)



今から400年以上前、江戸に向かう大名や旅人たちの宿場町として栄えた「大内宿」。ここには現在でも30軒以上の茅葺屋根が立ち並んでいます。特に冬の時期の雪景色は、かつての江戸時代を彷彿とさせます。夜は雪灯籠のオレンジの明かりに照らされ、幻想的な雰囲気に。いつまでも見続けていたいような風情ある街並みが魅力です。

<DATA>
大内宿
住所:福島県南会津郡下郷町大内山本
アクセス:「湯野上温泉駅」からタクシーで約10分
TEL:0241-68-2657(下郷町役場)
※詳しくは公式ホームページをご確認ください。
URL:http://ouchi-juku.com/


兼六園(石川県)



日本三名園のひとつと言われている「兼六園」は、江戸時代の代表的な庭園として作られました。金沢の冬の風物詩と言えば「雪吊り」。冬が来る前、雪の重みで木が折れないよう樹木に支柱を立てたり、縄で縛ったりするものです。縄が放射線状に伸びたその美しい姿は、まるで雪の傘をかぶっているよう。雪吊り、灯篭、そしてその景色が映り込む池はまさに絶景。日々の喧騒を忘れさせてくれる別世界を楽しんでみてください。

<DATA>
兼六園
住所:石川県金沢市兼六町1-1(石川県金沢城・兼六園管理事務所)
アクセス:北陸自動車道 金沢西ICから約30分
     金沢駅―兼六園下下車― 金沢城公園(石川門口)・兼六園(桂坂口)
     ※兼六園シャトルバスあり
TEL:076-234-3800(石川県金沢城・兼六園管理事務所)
定休日:年中無休
時間: 3月1日~3月31日 5:00~(6:45)
4月1日~8月31日 4:00~(6:45)
9月1日~10月15日 5:00~(6:45)
10月16日~10月31日 5:00~(7:45)
11月1日~2月末日 6:00~(7:45)
8:00~17:00 (10月16日~2月末日)
入園料:大人310円
URL: http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/


冬にしか出会えない、美しく幻想的な雰囲気の雪景色。夜のライトアップも昼間と違い別の世界を魅せてくれますよ。シフトが入っていない日は、ぜひ季節感をたっぷり味わえる旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!