ベルギーの魅力解説!愛するチョコレートとビール、ため息ものの美しい街

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3321_TOP_ベルギーの魅力解説!愛するチョコレートとビール、ため息ものの美しい街.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


バレンタインシーズンだからでなくても、病棟の休憩室やバッグの中に必ずと言っていいほど常備されているお菓子の王道チョコレート。

その本場と言えば、やっぱりベルギーでしょう。
ベルギーにはチョコレートのほかにも、世界遺産のグラン・プラス広場や、テレビアニメでおなじみのノートルダム大聖堂など、見どころ満載の観光スポットがたくさんあります。

今回は魅力たっぷりのベルギーをご紹介していきます。

728_90_3.png


ベルギーチョコレートのはじまりとは


3321_1_ベルギーチョコレートのはじまりとは.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


今でこそ世界中で広く愛されているチョコレートですが、その原料のカカオは、かつてマヤ文明やアステカ文明では貴重な薬や通貨としても用いられていました。

1502年には、あのコロンブスがカカオの種子を発見し持ち帰りましたが、当時はまだカカオの用途やその価値についてだれも気付かなかったそうです。

カカオ豆が貴重であることが知られるようになったのは、1519年のこと。現在のようなチョコレートとして食べられるようになったのは19世紀のことです。

今ではチョコレートは手軽に購入できるお菓子ですが、昔は高級品で一般庶民には手に入らないものでした。

世界最高峰のベルギーチョコレート


3321_2_世界最高峰のベルギーチョコレート.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


ベルギーチョコレートと言えば、ゴディバやノイハウスといった高級ブランドが有名です。

中でも傑作は、1912年にノイハウスによって生み出された宝石とも呼ばれるチョコレート「プラリネ」。厳選されたナッツが多彩に組み合わされ、一粒ごとに違う味わいを楽しめます。

その製法は一つひとつの型にチョコレートを流し込んで形を作った後、中にナッツやクリームなどを詰めていく、というもの。その後チョコレートで蓋をし、最後に型から抜きます。チョコレートは高温で練り込んでいくためカカオのいい香りが引き出され、コクのある風味豊かなチョコレートになると言われています。

種類豊富なベルギービール


3321_3_種類豊富なベルギービール.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


そんな人気のチョコレートですが、ベルギーではちょっと大人な楽しみ方があります。

ベルギー名物といえばチョコレート以外にビールを思い浮かべる人も多いでしょう。じつはこのベルギー名物の両者、一緒に楽しむのもおすすめなのです。

ベルギービールはとにかく種類が豊富。その数なんと800種とも言われ、ラガーやエールといったビールのほか、アルコール度数の高いビールやビールの苦いイメージを覆す爽やかなフルーツビールなど、日本では出会えないビールがたくさんあります。

また、銘柄ごとにオリジナルグラスまであるというから驚き。グラスはビールの度数や飲み頃の温度を考えた最適な形になっているため、それぞれお気に入りのビールに合ったグラスでビールを楽しむのだとか。

そんな多彩な種類のビールの中でも、自然発酵ビールにサクランボを加えたフルーツビール。柑橘系の甘酸っぱさがあり、スパークリングワインのようなさわやかな味わいは、ほろ苦くて甘いチョコレートとの相性も抜群だそうですよ。

美しく荘厳、圧倒的な建築に息をのむ


3321_4_美しく荘厳、圧倒的な建築に息をのむ.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


グランプラス


世界で最も美しい広場とも言われている「グランプラス」。縦110m横70mの石畳の広場に立つとそこはまさに中世の舞台のようです。

1998年にはユネスコの世界遺産に登録されました。広場の周囲は、ブリュッセル市立博物館、15世紀に建てられた市庁舎、公益の都市として栄えたブリュッセルらしいギルドハウス(職業別組合の家)など歴史的な建造物に囲まれています。

グランプラスだけでなく、レストランやカフェ、ショッピングなども楽しめるお店が軒を連ねているため、常に観光客でにぎわっている人気スポットです。

ノートルダム大聖堂


あの有名なアニメ「フランダースの犬」のラストシーンでおなじみのノートルダム大聖堂があるのも、ここベルギーです。

ノートルダム大聖堂は、200年もの歳月をかけて建設された最高傑作のゴシック建築としても有名です。

全長130m・幅48m・高さ35mの広さの大聖堂は圧巻の外観もさることながら、聖堂内の厳かな空気もぜひ体感したいところです。

差し込む陽の光を色とりどりに照らすステンドグラス、美しい細工が施された祭壇、美術館並みに数多く飾られたルーベンスの絵画など見どころいっぱいです。

アントワープ中央駅


1905年に建てられた、まるで宮殿のような「アントワープ中央駅」は数々の映画やドラマのロケ地にもなっています。

鉄とガラスで作られ、鉄道の大聖堂とも言われるプラットホームは、長さ185m・高さ44mという広さを誇ります。美しい建造物とドーム型の天井は圧巻。うっとりするような駅です。

アントワープ駅からノートルダム大聖堂は徒歩で20分程度。ルーベンスの家やショッピングなど、一日かけてたっぷりアントワープを散策するのもおすすめです。


フランス・ドイツ・オランダ・ルクセンブルクと4つの国と接しているベルギーは「ヨーロッパの心臓」との呼び名もある人気の観光スポットです。

チョコレートを片手に美しい街並みを散策したり、夜は種類豊富なビールで楽しみたいですね。次に連休が取れたら、ぜひナース仲間たちとベルギー旅行を計画してみてはいかがですか。

もちろんお土産はチョコレートに決まりです!

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!