思いっきりはしゃいで看護ワークで感じるストレスを発散!開放感に浸れるアクティビティ特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3504_top.jpg


夏といえば、外で行うアクティビティが楽しい季節ですよね。川や空、森、洞窟など魅力あふれるスポットを巡りたくなる方も多いはず!そこで今回は、お仕事からの開放感に浸りたい看護師さんに向けて、体全体で楽しめるアクティビティを紹介します♪


(1)ラフティング体験レポート!施設・内容などくわしく♪


もんきち的生活はつづく2.png


夏を思う存分、アクティブに楽しみたいというナースにおすすめしたいのがラフティング。
素敵な思い出が作れるレジャースポーツですよ♪

そこで、ラフティングの楽しさがよく伝わる記事《【ハッピーラフト】ラフティング体験レポート!施設・内容などくわしく♪》を紹介。
筆者のもんちゃんさんが、「ハッピーラフト」という施設を利用して、高知県の吉野川でラフティングを体験したときのことが綴られています。

まずは、受付でツアーの流れを聞いて着替えをした後、講習を受けるのだそう。
講習は、ボートの乗り方やパドルの漕ぎ方、川に落ちた時の対処法など、安全にラフティングを楽しむために必要な内容だったといいます。
講習を終えたら、いよいよラフティング!
トロ場と呼ばれるゆるやかなポイントでは、カメラに向かってポーズを取る余裕があったようですが、進むに連れて波は強くなり、激流ポイントでは迫力ある川を体全体で楽しむ姿が見て取れます。
その後、トロ場ではバランスゲームやダイブをして遊んだとのことで、激流下りはもちろん、多様な遊び方ができるのがラフティングの魅力でしょう☆

なお、「ハッピーラフト」ではツアー中の写真がまとめられたCD-Rを1枚1,000円で購入できるのだとか。
素敵な夏の思い出が記憶に、そして形として残るのは嬉しいですよね!
記事には、施設の位置情報から外観、内観、サービス内容まで詳細に記述されていましたので、ラフティングの際にどの施設を選ぶか悩んだ際には参考にしてみてはいかがでしょうか。

『もんきち的生活はつづく』は、お金の教養をメインに働き方や大人旅についての情報を発信しています。
賢い大人女子を目指すナースには、見逃せない情報が盛りだくさんなブログですよ♪

【参照元】
https://monkichilife.com/2018/08/06/happyraft/



(2)沖縄のわんさか大浦パークでマングローブカヤック体験しました


旅行鞄にクリスティ.png


『旅行鞄にクリスティ』は、17カ国の海外渡航歴があるというmugiさんが運営するブログ。
ブログ開設当初は自身の海外旅行記をメインに更新されていたものの、今では国内外の旅行記をはじめ、ファッションやコスメなど女子のココロを鷲掴みにするジャンルも手広く取り扱い、月平均10万pvのアクセス数を誇るブログとして定期的に更新されています。

どれも見応えある記事ばかりで迷ってしまいますが、今回はこちらの《沖縄のわんさか大浦パークでマングローブカヤック体験してきました【沖縄本部・名護・国頭エリア旅行記】》にフォーカスを当ててみました。

記事によると、mugiさんはマングローブ林でシーカヤックに乗るべく、沖縄県名護市にある「わんさか大浦パーク」に訪れたそうです。
以前旅行したマレーシアでマングローブクルーズは体験済みだったとのことですが、シーカヤックを自力で漕ぐのは初めてで心配だったと語られています。

さて、この日mugiさんが挑戦したのは、大浦マングローブや大浦湾を体験する初心者コースでした。
濡れても困らない服装にライフジャケットを装着し、ガイドさんにシーカヤックのレクチャーを受けたら、いざ出発!
2人乗りのシーカヤックだったため、水面では前と後ろで息を揃えて漕がなくては思った方向へ進まないものの、その状況もまた楽しかったといいます。
最終的には、ダイナミックで幻想的な大自然の風景に感動し、童心に返ってシーカヤックを楽しんだ様子。
ある程度自力で漕ぐことができるお子さんであれば、家族で体験するのもいいですね♪

記事には、当時のことが写真付きで具体的に綴られているほか、お出かけ前にチェックしておきたいことが随所に記されているので、お見逃しなく!

【参照元】
https://nowboarding.blog.fc2.com/blog-entry-1120.html



(3)沖縄旅行でマングローブカヤックを体験してきた感想と注意点


脱お小遣い制.png


『脱・お小遣い制』は、管理人の自由気ままな猫さんが運営するブログ。
お金を稼ぐ方法、節約方法といったお金に関するお役立ちネタはじめ、資格・お出かけ情報・レビュー記事など多彩な情報がラインナップしています。

その中から、面白いアクティビティ情報としてピックアップしたのが《沖縄旅行でマングローブカヤックを体験してきた感想と注意点》
ここでは自由気ままな猫さんが、沖縄の「東村ふれあいヒルギ公園」で体験したマングローブカヤックの感想を語ってくれています。

今回、自由気ままな猫さんが体験したのは、1時間半~2時間のショートコース。
マングローブカヤックは初めてだったそうですが、感想として「とっても楽しかった」と絶賛しています。

カヤック中は、景色を楽しみながらゆっくり進んでいきますが、その中でガイドさんがマングローブやそこに生息している生き物の説明をしてくれるのだそう。
カヤックを漕ぎながら自然を見る楽しさがあるのはもちろん、ガイドのお兄さんの話もとても面白かったと綴られています♪
大自然を肌で感じながら、新しい発見に出会える貴重な体験ができそうですね。
沖縄旅行を考えている看護師さんは、マングローブカヤックをアクティビティ候補に入れてみてはいかがでしょう?

また記事には、カヤック時に必要な物や服装、虫対策など各注意事項も細かく記載されているので、興味が湧いた方はしっかり確認してみてくださいね。

【参照元】
https://freewheeling-cat.com/okinawa-mangrove-kayak-hirugipark/



(4)最近流行りのSUPを信州の色んなとこで体験したまとめ


長野ウラドオリ.png


長野県を北信・中信・東信・南信の4つのエリアに分け、わかりやすくカテゴリ別で紹介してくれている『長野ウラドオリ』は、ワカバヤシヒロアキさんが管理人を務めるブログ。
各カテゴリには、エリアごとの穴場スポットや美味しいグルメに関する記事が掲載されています。
どの記事も詳しく語られていますので、長野県へ行く予定のある看護師さんは、旅の前にブログにアクセスしてみてくださいね♪

《木崎湖、野尻湖、千曲川…最近流行りのSUPを信州の色んなとこで体験したから、そのまとめ》は、信州のあらゆる湖や川でSUPを体験したことがまとめられていました。
浮力あるボートの上に立ち、水面を進むSUPというウォータースポーツはオールシーズン楽しめるアクティビティで、ワカバヤシさんがSUPを始めたのは夏の時期。
初心者でも簡単、かつ水面に立つミステリアスな体験ができる魅力に惹かれて、3回もチャレンジしたといいます。

まず、初めてSUP体験をしたのは、木崎湖の「POWWOW(ぱうわう)」というキャンプ場。
ここはアクティビティが盛んな湖で、夏になるとカヌーやカヤック、ウインドサーフィンが行われるそうです。
準備運動をして基本操作を学び、ガイドの方が風の強さを見極めた後に板の上に立つという流れで始まります。

ワカバヤシさんが、木崎湖のSUPで特に素敵だと思ったのが、木崎湖の自然を案内してくれたこと。
魚が集まる場所や蓮の花が咲いている場所をガイドさんが教えてくれるので、SUPを使って木崎湖を散歩している感覚を味わえたようですよ。
水上を散歩する非日常体験、やみつきになりそうですね♪
慌ただしい日常を過ごしている看護師さんは、SUPに挑戦してみてはいかがでしょう?

そのほか、野尻湖や千曲川でのSUP体験についても触れられているので、併せて読み進めてみることをおすすめします。

【参照元】
http://www.uradoori.com/archives/48291634.html



(5)ザファームのグランピングでカヌー体験してきた


ミニママイズム.png


「子どもと一緒に楽しめるアウトドアレジャーが知りたい!」というママさんナースにぜひ読んでもらいたい記事が、《ザファームのグランピングでカヌー体験してきた》です。
記事を執筆したのは、『ミニママイズム』を運営するミニママさん。
ミニママさんはこの日、5歳の息子さんと一緒にカヌーを初体験したそうですよ。

カヌー体験の予約を取ったのは千葉県香取市の「農園リゾート ザファーム」で、実際にカヌーをする場所は施設から8km離れた利根川周辺。
水門をくぐった先にある、無形文化遺産に登録された街並みや白鳥を見ることができ、とても楽しかったと感想が述べられています。
カヌーといえば転覆しないかどうか気になるところですが、ミニママさんたちが乗ったカヌーは安定性に優れており、多少揺さぶっても転覆する気配はまったくなかったのだとか。
背もたれもついており、終始快適に川遊びができたようです♪

なお、「農園リゾート ザファーム」ではグランピングも体験でき、ミニママさんたちは実際にグランピングの後にカヌー体験をしたとのこと。
時間が許すなら、グランピングとカヌーの両方を体験してみるのもいいですね!
夏休みの思い出づくりにぜひ、家族でお出かけしてみられてはいかがでしょうか?

ブログには、アウトドア関連の記事のほか、ミニマリストの生活や掃除術なども数多く掲載されています。
興味のある方は、ほかの記事にもぜひ注目してみてください。

【参照元】
http://minimum-mom.net/category50/entry664.html



(6)女一人パラグライダー体験してきたはなし


わたしのひとりごと.png


看護師さんの中には、「青々とした空が好き!」という方もいるのではないでしょうか?
ブログ『わたしのひとりごと』の運営者であるぺりさんも、空を長い時間眺めたり、空をテーマに詩を書いたりするほどに、空が大好きと宣言している一人。
そんな彼女は自身の誕生日の記念に、なんと空を飛ぶことを思いつきます!

空を飛ぶにはいくつか方法がありますが、ぺりさんは「人生でやりたいことリスト100」の1つ目に挙げていた夢を叶えるべく、パラグライダーに挑戦することにしました。
そこでぺりさんが予約を入れたのは、東京からでも無理なく向かえる山梨県上野原市にあるパラグライダースクール。
四方津駅から送迎してくれるようなので、車やバイクを持っていない方でも安心です。

さて、パラグライダーは風という自然が相手なだけにコンディションによって何時間か待たなくてはいけないそうで、ぺりさんの場合は9時30分に施設に着いたものの、実際にフライトできたのは13時40分頃だったといいます。
そうして無事にフライトしたぺりさんを待ち受けていたのは、地上にいるときには感じられないほどの壮大な自然!
泣けるほど感動したという彼女は、地上に降り立つや否や「もう一度飛びたい、ずっと空にいたい」と感じたとのことです。

ぺりさんは今回の体験を通して、このような体験はやったもの勝ちだと述べています。
自分がしたいと思ったことを思い切ってしてみることで、自信がついたり、自分をもっと好きになったり、心が豊かになると思えたのだとか。
このことは《女一人パラグライダー体験してきたはなし》という記事に書かれており、そのほかにも予約方法や持ち物、体験記などについても言及されています。
開放感や感動を得たい方にピッタリなアクティビティですので、パラグライダーに興味を持った方はぜひ熟読してみてくださいね。

【参照元】
https://experico.hatenablog.com/entry/2018/07/28/185342



(7)パラグライダー初体験!湘南で空を10分だけ飛んできた。


ひとみにカルチャーショックを.png


非日常体験でストレスを吹き飛ばしたい看護師さんにおすすめなのが、こちらの《パラグライダー初体験!湘南で空を10分だけ飛んできた。予約から当日の流れ、値段やアフターフォローまで。》という記事。
ここでは筆者の瞳さんが、人生初のパラグライダー体験をレポートしてくれています。

今回、瞳さんが選んだのは、滞空時間20分で江ノ島上空を周遊するコース。
プロのインストラクターさんと2人乗りなので、フライト中は思い切り空中散歩を満喫できますよ♪

記事には、フライト中に撮影した写真がアップされており、パラグライダーから望める壮大な景観と、海の上を悠々と飛行する爽快感が伝わってきます。
瞳さんは、目的地の江ノ島が少しずつ近づく中、浜辺でサーフィンをしている人が見えてきたり、江ノ島名物のしらす猟の漁船の網がはっきり見えたりと、パラグライダーならではの飛行体験に大変感動し、「すごいな~空を飛ぶって楽しいな~」とハイテンションの頂点に達したそう♪
そんな空を飛ぶドキドキとワクワクが詰まったパラグライダーは、一生心に残るアクティビティになるのではないでしょうか。

しかし、瞳さんがパラグライダーで空を飛んでいる最中、なんとモーターが一瞬止まるという衝撃のハプニングが…!
その後の展開が気になる方は、ぜひ記事にアクセスして確かめてみてくださいね。

ほかにも、瞳さんが綴る『ひとみにカルチャーショックを。』には、お出かけレポートをはじめ、グルメ・美容・日常のお役立ち情報など、多様なジャンルの記事が掲載されています。
読み応えある内容が充実しているので、興味あるテーマを探してみては?

【参照元】
https://www.hitomi-shock.com/entry/paraglider



(8)【沖縄旅行】石垣島鍾乳洞に行ってきた!所要時間や感想まとめ


今日は何色どんな色.png


シロみむさんが運営するブログ『今日は何色?どんな色?』からは、「外とは違う雰囲気でリフレッシュできるような感じがした」と語られている、鍾乳洞に関する記事に注目してみました!

シロみむさんが訪れた鍾乳洞があるのは、沖縄県の石垣島。
日本最南端の鍾乳洞として観光スポット化されており、全長3.2㎞あるうちの660mほどを見学できるのだそうです。

一歩鍾乳洞へ足を踏み入れると、長年の月日をかけて成長してきた鍾乳石が堂々と姿を現します。
こうした鍾乳石が連なる広い空間がある一方で、高さや横幅が狭い通路もあり、リフレッシュついでに探検気分も味わえること間違いなし!
シロみむさん曰く、高低差はあるものの疲れている感じがなかったとのことなので、体力的な不安を感じる方でも気兼ねなく楽しめますね。

また、鍾乳洞の中には、イルミネーションが施されている場所があったり、記念撮影スポットがあったり、ユニークな名前がつけられた鍾乳石があったりと見どころがたくさんある様子。
《【沖縄旅行】石垣島鍾乳洞に行ってきた!所要時間や感想まとめ》では、そのごく一部の見どころ紹介や営業時間、料金、所要時間などについて言及されています。
沖縄旅行を検討している看護師さんはこちらを読んで、あらかじめ情報をゲットおくといいかもしれませんよ。

【参照元】
https://naniiro-donnairo.com/ishigakijima-limestone-cave-2018-08



(9)【絶景】沖縄南部で洞窟探検♪冒険気分が味わえる玉泉洞


生きるまで生きたらば.png


『生きるまで生きたらば』は、筆者である狛犬さんの寺社巡りや国内外の旅行記がメインに更新されているブログです。
旅行好きの看護師さんは、ぜひブログの中をくまなくチェックして、気になる情報を入手してみてくださいね♪

その中でも今回気になったのが、こちらの《【絶景】沖縄南部で洞窟探検♪冒険気分が味わえる玉泉洞》という記事。
狛犬さんが訪れた、沖縄県南城市にある複合テーマパーク「おきなわワールド」内の玉泉洞という鍾乳洞について綴られています。

驚くのが、なんといってもその鍾乳洞の長さではないでしょうか。
全長は5kmあるものの、一般公開されているのはわずか890mという、まだまだ自然の神秘が隠されているかなり巨大な鍾乳洞のようです。
いざ鍾乳洞の中に入ると、地上では見ることができないすばらしい絶景が広がっているとのことで、その圧巻の光景に狛犬さんは大きな感動を得られたといいます。
日常的には見られない光景ということもあって、ちょっとした探検気分でお子さんと一緒にお出かけしてみると楽しい思い出が作れそうです。
なお、冬から春にかけては珍しい現象を目撃できるそうなので、その時期を狙って訪れてみるのもいいかもしれませんね。

記事には、玉泉洞の見どころはもちろんのこと、アクセスや入場料などの詳しい情報も掲載されているので、最後までお見逃しのないように!

【参照元】
http://flyawaytrip.fun/2018/04/22/post-108/



(10)乗馬はウエスタンビレッジがおすすめ!森をホーストレッキング


天国に一番近い個人旅行.png


月間15万PVを誇る『天国に一番近い個人旅行』の運営者さんは、国内外の個人旅行のアドバイスやブログ運営、SEOライティングのノウハウをなどをブログを通して発信中。
旅好きナースはスキマ時間を使って足を運んでみると、耳寄りの情報を得ることができそうですよ。

ここで紹介する《【北海道】乗馬はウエスタンビレッジがおすすめ!森の中をホーストレッキング【感動体験】》もその1つ。
こちらの記事には、北海道の大自然の中をカウボーイ気分で冒険できる、ホーストレッキングのことが書かれていました。

ホーストレッキングとは、草原や森、海岸沿いなどで乗馬を行い、馬との触れ合いや馬上からの景色を楽しむアクティビティで、非日常体験をするのにうってつけ。
ブログの運営者さんは、北海道に訪れた際に、上川郡新得町にある「ウエスタンビレッジサホロ」に足を運んだそうです。
川を渡ったり、獣道のような坂道を往来すしたりするワイルドなコースを馬と共に散策することで、感動体験ができたとのこと。

一見して乗馬は難しそうに感じますが、「ウエスタンビレッジサホロ」の馬たちはしっかりと調教されており、未経験者でも安心して乗馬することができます。
大人から子どもまで、経験を問わずに存分に楽しめるアクティビティなので、好奇心旺盛な看護師さんはぜひ注目してみてはいかがでしょう?
自然の中での乗馬体験は、思い出づくりにも、話のネタにもなるはずです♪

【参照元】
https://caledonia01.com/western-village-3847

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!