ナースときどき女子

記事を読む

ハテナース

看護技術Q&A

香ばしい小麦粉と芳醇なバターの薫り。サクッ、モチッの食感。「あぁぁ パン屋さんのパンの誘惑..」ズルカン中山さんがおくる『看護師メシ』【vol.4】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3031_TOP.jpg



3031_1.jpg


私の職場の近くには、パン屋さんがあった。

そこでパンを買うことがあったのだが、コンビニのパンとは違い、何故かパン屋さんのパンには「特別感」がある。

田舎者の私からすると、お洒落で美味しいというすごく魅力的な食べ物で、よく職場の可愛い後輩がベーグルなどを食べていたのだ。

私は、大体家で作ってきた「どれだけスタミナつける気なんだ」と言われても仕方ないスタミナ弁当(肉だらけで茶色)を持参していたので、パン屋さんのパンにすごく憧れていたのだ。

後輩がベーグルや名前もわからないお洒落なパンを食べているのを見ては、「スタミナ足りる?お肉あげようか?」と思っていたのだが、いざ朝からパン屋さんでパンを買うと、もうワクワクが止まらなかった。

パンを食べるまでの、「お昼に私にはパン屋のパンが待っている」という感覚がスタミナになるのだな・・・と感じたのだが、皆はどんな感覚でパン屋さんのパンを食べているのか教えて欲しい。(ちなみに、数分で食べ終わるため私は食べ終わった後よく空中を眺めていた)



【『看護師メシ』バックナンバー】
『看護師メシ』vol.1 ~年末年始の「すき焼き」~
『看護師メシ』vol.2 ~夜勤明けの「ラーメン」~
『看護師メシ』vol.3 ~休憩室を襲う「カップ焼きそば」~


【プロフィール】
中山有香里

看護師✕イラストレーター。著書に『ズルいくらいに1年目を乗り切る看護技術『悲しいくらい人に聞けない看護技術』(メディカ出版)

Twitter:@musashi_0303
Instagram:zurukan.yukari33

cta_banner_070.jpg