お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

アイスと同期の絆!ヨレてたズルカンさんを癒やした、甘くてちょっといい話『看護師メシ』【vol.9】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べた物って、
3073_TOP.jpg

®



3073_1.jpg



3073_2.jpg



3073_3.jpg



新人看護師時代の私は、同期には様々な形で支えてもらった。

その中でも、毎月のアイスには私自身かなり支えられた。

毎日、ヘトヘトになって帰り,
予習・復習をして、眠るとまた朝になり...
という日常を繰り返し疲弊しきっていた。

同期は、皆賢くて仕事が出来て
私一人が落ちこぼれなんだと思っては、自分が嫌で仕方がなかった。


そんなとき、同期からアイスクリームを食べに行こうと誘われたのを今でも覚えている。
アイスが特別好きというわけではなかったが、同期と一緒にアイスを買って、しょうもないことで笑っている時間が好きだったし、
同じくらい同期も苦しんでいるということがわかった。


「目標は、毎月の31のアイス」。
それを目標にして、辛い時期を乗り越えようと思えたのだった。


あれから数年たち同期ともバラバラの環境だが、今でも辛いことがあるとアイスクリームを買ってしまう癖がある。
(ちなみにまだ31種類の制覇はできていない)


中山有香里




【『看護師メシ』バックナンバー】
『看護師メシ』vol.1 ~年末年始の「すき焼き」~
『看護師メシ』vol.2 ~夜勤明けの「ラーメン」~
『看護師メシ』vol.3 ~休憩室を襲う「カップ焼きそば」~
『看護師メシ』vol.4 ~特別感がある「パン屋さんのパン」~
『看護師メシ』vol.5 ~士気が上がる「ケーキ」~
『看護師メシ』vol.6 ~欲望のままに「コンビニ飯」~
『看護師メシ』vol.7 ~腹も心も満たす「実家飯」~
『看護師メシ』vol.8 ~何杯もいける「カレー」~


【プロフィール】
中山有香里
看護師✕イラストレーター。著書に『ズルいくらいに1年目を乗り切る看護技術『悲しいくらい人に聞けない看護技術』(メディカ出版)

Twitter:@musashi_0303
Instagram:@zurukan.yukari33


cta_banner_070.jpg