お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

かわいい動物に癒やされよう!ペットを飼いたい看護師さんに読んでほしい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1561_TOP.jpg

仕事に追われる看護師さんの中には、愛らしい動物の姿に癒やしを求めたくなる方もいるのではないでしょうか。しかし、動物を家族の一員に迎えようとする場合は、慎重にならざるを得ません。そこで、ここではこれからペットを飼うときの参考になる記事を特集します!

※尚、記載中の内容は、各ブロガーさんが執筆したときの情報になります。

cta_banner_070.jpg

目次

(1)ハムスター日記①ジャンガリアンハムスターが家にやってきた~

なつやぎBLOG.jpg

「ハムスターを飼ってみたい!」という看護師さんにおすすめしたいのは、こちらの《ハムスター日記①ジャンガリアンハムスターが家にやってきた~》という記事。
アニメの考察や子育て情報、映画レビューなど、多彩なジャンルの記事が満載の『なつやぎブログ』に掲載されていました。

こちらの記事には、筆者であるなつやぎさんの実体験に基づくリアルな情報が綴られており、ハムスターをお迎えするときに準備したグッズや、購入時の失敗談が語られています。
実際に飼育しているからこそ気づける問題についても取り上げられているので、ハムスター飼育の事前準備に役立つはずです。

また、ハムスターを飼育するにあたって欠かせなくなる餌や消耗品の価格についても言及しているので、具体的なことが知りたい方は、ぜひ本文をくまなくチェックしてみてくださいね!
経験者の意見を参考にして飼育環境を万全に整えておけば、安心してハムスターをお迎えできるのではないでしょうか。

【参照元】
⇒ハムスター日記①ジャンガリアンハムスターが家にやってきた~ | なつやぎブログ

(2)シマリスを飼い始める方へ。知っておいて欲しい事。

SIMAP.jpg

犬や猫は無理だけど、ペットは飼いたい…。
そんな看護師さんに一読してほしいのが、《【シマリスを飼う】これから飼い始める方へ。知っておいて欲しい事。》という記事です。

2匹のシマリスを飼っている著者のはこじろうさんは、シマリスを飼育するうえで大切なポイントとして、秋から春先にかけて性格が凶暴化するタイガー期があることと冬眠をすることの2つを挙げています。
しかし、この2つの特徴についてしっかり予習をしておけば、いざというときの対応もスムーズにできるようになるので、「シマリスの飼育はそこまで難しくない」のだとか。
愛くるしい姿のペットに心ときめく方は、ぜひはこじろうさんの記事を読んで、シマリスとの生活を検討してみてはいかがでしょう。

今回紹介した記事は、はこじろうさんのサイト『【SIMAP・シマリスの地図】』に掲載されていました。
こちらには、タイガー期の詳細はもちろんのこと、冬眠対策や臭い対策など、シマリスに関するあらゆる情報が載っているので、興味のある方はぜひほかの記事も併せてチェックしてみてくださいね♪

【参照元】
⇒【シマリスを飼う】これから飼い始める方へ。知っておいて欲しい事。 | 【SIMAP・シマリスの地図】

(3)初めてのうさぎの飼育

うさびび.jpg

これからペットを飼いたいと考えている看護師さんの中には、うさぎを候補に入れている方もいるかもしれませんね。
しかし、周りにうさぎを飼っている人がいないと、上手く育てていけるか不安に感じるのではないでしょうか。

そこで、ここでは『うさぎカフェうさびび』のサイトの中から、うさぎの飼育を検討中の方におすすめの記事《初めてのうさぎの飼育》を紹介したいと思います。
この記事によると、うさぎには、ネザーランドドワーフやホーランドロップをはじめ、ミニレッキスやミニうさぎなど、さまざまな品種がいるのだとか。
しかも、オスとメスとで性格が随分異なるので、まずはどんな子が飼いやすいのかを十分にリサーチする必要があるそうです。

また、初めてうさぎを飼育するときには、ペットシーツやペレットのような消耗品だけでなく、ケージやキャリーバッグ、給水ボトルといったアイテムの準備も重要とのこと。
そして、うさぎが安心して暮らせる環境を整えたら、トイレのしつけや食事、接し方、室温管理に気をつけながら、責任をもって飼うことが大切だと書かれています。
こちらの記事には、うさぎを飼うときの基本が詳しくまとめられているので、最終的な決断をするときには、ぜひ熟読してみてくださいね!
うさぎを飼うときに押さえておくべきポイントがわかれば、お迎えするときの不安もいくらか拭えるはずです。

【参照元】
⇒初めてのうさぎの飼育 | うさぎカフェうさびび

(4)ハリネズミと日々の世話

はりねずみびれっじ.jpg

神奈川県横浜市にある『はりねずみびれっじ』は、ハリネズミを専門に取り扱っているお店。
ハリネズミをペットとして飼う前の触れ合い体験から、ハリネズミの購入、飼育用品まで広く対応しており、ハリネズミ初心者さんでも安心できるお店づくりがなされています。
また、はりねずみびれっじのサイト内には、《ハリネズミと日々の世話》という記事が掲載されており、ハリネズミの飼育方法を項目ごとに紹介。

たとえば、毎日のお世話で欠かせない給餌は、ハリネズミが活発的に行動する夕方ごろに与えたほうが理想的だと綴られています。
また、お水については1日に1回~2回の交換が必要とのこと。
ウォーターボトルを使う場合は、細菌繁殖がしやすくなるので、夏場は特に頻繁に換えてあげることがポイントのようです。

上記の記事には、このほかにも、週ごとのお世話や適宜必要になるお世話についてもまとめられているので、ハリネズミを飼う際にはしっかりとチェックしてみることをおすすめします。

【参照元】
⇒ハリネズミと日々の世話 | はりねずみびれっじ

(5)文鳥がかわいすぎる!育て方のコツや魅力を語る

ハマリタガリ.jpg

「文鳥の可愛さは、飼うことでさらに身に沁みてわかる」と語るのは、『ハマリタガリ』というブログの管理人さん。
ブログ内の記事《文鳥がかわいすぎる!育て方のコツや魅力を語る》によると、管理人さんはこれまで爬虫類をはじめ、オオクワガタやハムスター、熱帯魚など、さまざまな生き物を飼ってきたそうですが、その中でも特に魅力を感じたのは文鳥なのだとか。

文鳥は表情や鳴き声、仕草で喜怒哀楽を知ることができ、それが魅力だといいます。
また、意外にも気性が荒く、何羽も一緒に飼うのは難しいものの、1羽であればとても飼いやすいうえに、育て方によっては手乗り文鳥にもできるとのこと。
愛情込めて育てた文鳥が、手に乗ってきてくれることを考えるとたまりませんね?

上記の記事には、文鳥の種類や購入先の見極め方をはじめ、手乗り文鳥にするための育て方や必要なアイテムなど、飼育の際に気になるポイントが網羅されています。
文鳥を飼ってみたい方は、熟読すると、有益な情報を得ることができるのではないでしょうか。

【参照元】
⇒文鳥がかわいすぎる!育て方のコツや魅力を語る | ハマリタガリ

(6)フクロウ飼育に向いている人・向いていない人。飼育の条件は?

くるるの野望.jpg

まだまだ一般家庭での飼育は珍しいイメージがあるフクロウ。
しかし、どうしてもフクロウを飼いたい場合は、こちらの記事《フクロウ飼育に向いている人・向いていない人。飼うための条件は?》を一読しておくと参考になりそうです。
この記事は、実際にアフリカオオコノハズクというフクロウを飼っているポンさんが実体験に基づいて執筆しており、フクロウを飼う前の条件について詳しく解説してくれています。

ポンさんによると、フクロウを飼う前には、あらかじめ確認しておきたい事項が7つあるのだとか。
たとえば、フクロウには、マウスやひよこ、うずらといった小動物を餌として与える必要がありますが、飼い主はそれらを食べやすく下処理する必要があるそうです。
したがって、小動物を餌として考えることができ、きちんと与えられるかどうかが条件の1つになるとポンさんはいいます。
また、そのほかの6つのことについても具体的に綴られているので、ぜひ本文で詳細を確認してみてくださいね。

ちなみに、今回ピックアップした記事が掲載されている『くるるの野望』というサイトには、フクロウにまつわる記事が豊富にエントリーしています。
そのため、アクセスするとフクロウの生体や飼い方について、より詳しい情報を得ることができるでしょう。
興味がある方は、ほかの記事もお見逃しなく♪

【参照元】
⇒フクロウ飼育に向いている人・向いていない人。飼うための条件は? | くるるの野望

(7)一人暮らしで猫を迎えて起こった生活の変化

ネコーズブログ.jpg

『ネコーズブログ』を運営するのは、猫の育て方アドバイザーやキャットケアスペシャリストの資格を取得しているのりをさん。
ブログ内には、猫との生活や猫グッズのレビューなど、猫にまつわる記事が豊富にラインナップしています。
今回紹介するこちらの記事《一人暮らしで猫を迎えて起こった生活の変化》も、その中の1つ。
ここには、一人暮らしをするのりをさんが、ペットとして猫をお迎えしたことで起きた生活や気持ちの変化が綴られています。

たとえば、早起きが弱かったのりをさんは、猫との暮らしを通して、以前に比べると早く起きられるようになったとのこと。
なぜなら、猫ちゃんが朝ごはんを催促して、鳴いたり、壁で爪を研いだりして、のりをさんを起こしに来るからなのだそうです。

また、そのほかにも、猫のおかげでライフスタイルや考え方、行動がガラリと変化したらしく、記事にはその詳細がまとめられています。
上記の記事を読めば、猫を飼うことで生活がどのように変わるのかを具体的にイメージできるので、猫を飼いたい看護師さんは、ぜひ本文を熟読してみてくださいね。

【参照元】
⇒一人暮らしで猫を迎えて起こった生活の変化 | ネコーズブログ

(8)愛犬に長生きしてもらうために今日からできる3つのこと

ぱぐろぐ。.jpg

「家族の一員であるペットに少しでも長生きしてもらいたい」と語るのは、しげおパパさん。
しげおパパさんが運営するブログ『ぱぐろぐ。』に掲載中の《愛犬に長生きしてもらうために今日からできる3つのこと》という記事には、その思いと、愛犬に長生きしてもらうために飼い主ができることが綴られています。

この記事で、愛犬が長生きするためのポイントとして挙げられているのは全部で3つ。
その中の1つは、健康的な生活習慣を実践することが挙げられており、特に重要なのが愛犬に適した食事を準備することなのだそうです。
また、人間と同様に、口腔ケアやシャンプーも怠ってはいけないとのこと。
さらに、そのほかの2つのポイントについても、記事の中で詳しく触れられています。
これから犬を家族としてお迎えするのであれば、しげおパパさんのアドバイスをしっかり心に留め置いておく必要がありそうですよ。

ちなみに、今回紹介した記事以外にも、ブログ内には愛犬との生活に関する記事をはじめ、犬用グッズや犬関連の情報が多数エントリーしています。
どの記事にも、犬との暮らしに役立つ情報が書かれているので、ぜひアクセスして、興味のある記事を探してみてくださいね!

【参照元】
⇒愛犬に長生きしてもらうために今日からできる3つのこと | ぱぐろぐ。

(9)【完全版】フクロモモンガのブリーダーが教える飼育のしかた!

おこじょでぽん!.jpg

アクアリウム関連や暮らしの知恵、料理レシピなど、読み応えのある記事が満載のブログ『おこじょ で ぽん!』を運営しているのは、フクロモモンガのブリーダーをしているSARAさん。

こちらの《【まとめ完全版!】フクロモモンガのブリーダーが教える飼育のしかた!》という記事には、フクロモモンガを飼うときに押さえておきたい大切な情報が綴られています。
「フクロモモンガを育ててみたい!」という看護師さんは、SARAさんのアドバイスは必見ですよ!

上記の記事には、フクロモモンガの生体に関する基礎知識に加え、実際に飼ったときのしつけの方法やブリーダー目線での正しい飼い方がまとめられています。
また、SARAさんによると、プラケースでの飼育は賛否両論あるそうですが、ここではそのメリットやデメリットについても言及。
かゆいところに手が届くような適切なアドバイスが載っているので、フクロモモンガをお迎えするときには、事前に記事をしっかり読んでおくことをおすすめします。

【参照元】
⇒【まとめ完全版!】フクロモモンガのブリーダーが教える飼育のしかた! | おこじょ で ぽん!

(10)フクロモモンガとアメリカモモンガの違いとは?

狛江人の日常.jpg

ブログ『狛江人の日常』を運営する狛江人さんは、フクロモモンガとアメリカモモンガのどちらを飼おうかと悩んでいる方へアドバイスをしてくれています。
該当の記事は、こちらの《フクロモモンガとアメリカモモンガの違いとは?【飼うならどっち?】》
どちらの種類も同じモモンガという名前がついているものの、体の大きさや性格、臭いなどが異なるそうで、それらを把握したうえでどちらを飼うのかをしっかりと検討した方がよさそうです。

たとえば、フクロモモンガは5年~7年ほどの寿命であるのに対して、アメリカモモンガは平均寿命が12年ほどだといわれており、飼育期間には大きな差があります。
また、アメリカモモンガの方が希少価値があるとのことで、そのぶん、価格も高めに設定されているのだとか。
さらに、そのほかにもこの2種類のフクロモモンガには違いがあるそうなので、狛江人さんの記事を参考にして、最終的にどちらをお迎えするべきかをじっくりと検討してみてはいかがでしょう。

ちなみに、ブログ内には上記の記事以外にも、ビジネス関連やライフハック、グルメなど、多岐にわたる情報もラインナップ。
そちらも読み応えがあるので、ぜひ併せて読んでみてくださいね。

【参照元】
⇒フクロモモンガとアメリカモモンガの違いとは?【飼うならどっち?】 | 狛江人の日常

(11)クリオネ飼育は簡単か?お家で飼える海の妖精の餌や水温は?

生き物の不思議と不思議な生き物を語るサイト.jpg

[流氷の天使]や[氷の妖精]と呼ばれるクリオネは、羽のようなヒレを使って、水中をフワフワと舞う愛らしさがあります。
その姿に癒やしを求め、実際に飼ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか?
『Animals the Mysterious』というサイトを管理する紅蛙さんによると、実はクリオネの飼育は意外と簡単なのだとか。
なんでも、クリオネは瓶に入れて冷蔵庫で飼育する方法が一般的で、月に1~2度水を換えればOKの放置系ペットなのだそうです。

しかも、クリオネは餌であるミジンウキマイマイを一生に1度しか採餌しないといわれているそうなので、餌やりの心配もいらないとのこと。
こちらの《クリオネ飼育は簡単か?お家で飼える海の妖精の餌や水温は?》という記事に、そんなクリオネの育て方がまとめられているので、興味がある方はぜひ注目してみてください。

クリオネを長生きさせる方法や飼育の際の注意点など、普段耳にすることのない情報が記されているので、とても参考になりますよ。

【参照元】
⇒クリオネ飼育は簡単か?お家で飼える海の妖精の餌や水温は? | Animals the Mysterious

(12)ウーパールーパーの飼育方法を紹介!人気の種類や水槽の大きさは

ウーパールーパー.jpg

小動物や観賞魚、爬虫類など、あらゆる生き物の特徴とペットとしての飼育方法が網羅されている、ブログ『ペットの魅力と飼育情報を紹介-Woriver』
どれも為になる記事ばかりが掲載されていますが、その中から今回は《ウーパールーパーの飼育方法を紹介!人気の種類や水槽の大きさは?》という記事を厳選しました。

ここでは、ある年代に一世を風靡した生き物、ウーパールーパーについて取り上げられています。
ウーパールーパーは、そのつぶらな瞳と愛らしい顔立ちが特徴。
記事によると、世間一般的によく知られているウーパールーパーは、白色の体で目が黒いリューシスティックという種類のようですが、実は他にも色々な種類がいるそうです。
飼育は比較的に簡単で、初めて飼うという方にもオススメなんだそうですよ。
また、餌をあげるうちにしっかり懐いてくれて、ときにはダンスを見せてくれることも!
飼い主としての喜びを味わえる瞬間があると言います。

そんなウーパールーパーを飼ってみたい場合は、記事にウーパールーパーの基本的な情報や飼育に必要な道具の選び方、具体的な飼育方法などが綴られているので、くまなく目を通して参考にしてみてくださいね。

【参照元】
⇒ウーパールーパーの飼育方法を紹介!人気の種類や水槽の大きさは? | ペットの魅力と飼育情報を紹介-Woriver

cta_banner_070.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加