お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

看護師の志望動機…新卒の就活での重要なポイントをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1582_top.jpg


新卒で看護師を目指す看護学生の方は、就活中に志望動機の作成で悩むこともあるでしょう。採用担当者に好印象な志望動機を伝えることは、内定への第一歩です。このコラムでは、面接や履歴書での志望動機で押さえておきたいポイントや、例文をご紹介します。


新卒看護師の志望動機では、どのような点が重視されるのでしょうか。採用担当者は、看護学生の志望動機から「看護師としての将来性」「病院の求める人材か」「仕事に対する意欲や姿勢」などをみていることが多いです。このコラムでは、新卒看護師が志望動機を作成する際のポイントや、例文などをお伝えします。就職活動の応募書類や面接での回答にお悩みの方は、ぜひご一読ください。


新卒看護師の志望動機で求められる3つのこと


新卒看護師の志望動機で求められるのは、「看護師という仕事に対する意欲があるか」「この応募先を選んだ理由がはっきりしているか」といった点でしょう。新卒は職務経験がないため、中途看護師のように自身のキャリアにもとづいた志望動機がアピールできません。
ここでは、新卒看護師が履歴書や面接で志望動機を伝えるときに重視される3つのポイントをお伝えします。

応募先を選んだ理由


病院側が知りたいのは、「なぜこの病院を選んだのか」という点でしょう。病院ごとに、規模や特色、提供している医療や看護などは異なります。また、組織風土や雰囲気、看護師に求める人物像も多様です。数多く病院があるなか、「このような部分に共感して選んだ」「この病院だからこそ看護師として働きたい」という理由は、「職場にマッチする人材か」という部分を見極められるポイントになります。

仕事に対する姿勢や意欲


新卒看護師は職務経験がない分、看護師という仕事に対する熱意や前向きな姿勢が求められます。志望動機では、応募者自身が持つ看護に対する考えや看護学生時代の経験をもとに、「どのように看護師として活躍できるか」という点をチェックされるでしょう。

ポテンシャルがあるか


実務の経験から能力面が判断できない新卒看護師は、志望動機の内容で「今後看護師として成長できるか」「将来的に仕事で貢献できる人材か」といったポテンシャル面が見られます。

新卒看護師の志望動機を作る3つのコツ


なりたい姿.jpg


新卒看護師の志望動機作成は、「病院研究」と「自己分析」を行うことが重要です。応募先への理解が浅いまま志望動機を考えても、病院側の求めることがアピールできない可能性があります。また、自己分析は、自分がどのような看護師になりたいのか、どんな看護がしたいのかを上手く伝えるための必要な手段です。自分の性格や学生時代の経験などを深堀りし、具体的な自身の看護師像を見つけましょう。
以下に、新卒看護師の志望動機作成のコツをご紹介します。

応募先の病院の特徴を理解する


Webサイトの情報や病院見学などで、応募先の病院の概要や特徴を掴みましょう。診療科目や部署、地域での役割などあらゆる視点から病院の特色を把握し、応募先だからこそ学べること、実践できる看護などを探します。そのうえで、自身が目指す看護師像や取り組みたいことを照らし合わせてみましょう。それらを踏まえて志望動機に繋げると、説得力があり印象深い内容になります。

応募先の病院が求める人物像を理解する


病院が看護師に求めている資質や役割を理解しましょう。応募先の求める人物像が把握できたら、自身の個性や強み、目指す看護師像との共通点を探しましょう。それらを合わせると、「自分の長所を活かして、このような業務で貢献できる看護師になりたい」といった、採用ニーズに沿った志望動機になります。

学生時代に学んだことを応募先で活かしたいと伝える


新卒看護師は、看護学生時代の授業や実習を通して、特定の看護業務や診療科目に興味が湧くことも多いでしょう。志望動機で良い印象を与えるには、学生時代の具体的なエピソードを交えて、興味を持ったきっかけを述べることがポイントです。

新卒看護師の志望動機の例文


履歴書.jpg


この項目では、新卒看護師の志望動機の例文をいくつか挙げます。下記では志望動機で応募先の病院を呼び方が「貴(き)院」と表記してますが、面接で話す時は「御(おん)院」というのが正式な呼び方です。

大学病院に応募する場合の志望動機例文


私が貴院を志望したのは、最先端医療に携わりながらで看護師として成長できると感じたからです。貴院は、最新の医療機器や設備を持ち、高度な医療を提供しています。また、新人教育や院内外の研修、勉強会など教育面に力を入れていることにも魅力を感じました。貴院は看護師として向上心を持ちながら、高度な看護スキルと知識を身につけられる環境だと思い志望いたしました。

精神科に応募する場合の志望動機例文


私は看護学生時代に精神科看護を学んだことをきっかけに、精神科に興味を持ちました。精神科では、患者さま一人ひとり環境や症状が異なり、複雑な苦痛を抱えている方もいます。そのなかで、患者さまとコミュニケーションをとりケアをすることに魅力を感じ、心の苦痛や疾患を抱える方のサポートがしたいと思いました。精神科に特化した貴院は、患者さまと信頼関係を築くことを大事に、一人ひとりに対してきめ細やかなケアをしています。私も患者さまのお気持ちを重視したコミュニケーションや看護を行いたいと思い、貴院を志望しました。

整形外科に応募する場合の志望動機例文


私は幅広い年代の患者さまと関わりながら、疾患や怪我の回復をサポートしたいと考えており、貴院の整形外科を志望しています。私は子供の頃、自身の怪我で整形外科に通院していたことがあります。当時担当してくれた看護師の方が、通院の度に優しく声をかけてケアをしてくれて、怪我の回復を継続的に見守ってくれました。この経験が、患者さまの回復の過程を感じながら怪我の治療にあたれる整形外科に魅力を感じたきっかけです。貴院の理念である『患者さまとご家族とのコミュニケーションを大切にした治療』に共感し、そのような環境のなかで整形外科の看護師として活躍していきたいと思っています。

小児科に応募する場合の志望動機例文


私が小児科を志望するのは、看護師学生時代の小児科実習がきっかけです。実習では怪我や一般的な疾患だけではなく、慢性疾患の患者さまも担当しました。もともと子どもが好きという気持ちがありましたが、想像以上に小児看護は幅広くハードな面もありました。しかし、実習を通して患者さまやご家族のお気持ちに寄り添える小児看護を経験したいと思いました。貴院は充実した医療設備を持ち、さらに患者さま目線の治療をモットーにしているところに魅力を感じました。その環境のなかで、私も小児医療に貢献したいと思い、志望いたしました。

新卒看護師は志望動機で周りと差をつけよう


ガッツポーズ.jpg


新卒看護師の就職活動は、職務経験がない就活生同士、同じスタートラインといえるでしょう。そのなかでほかの就活生と差をつけるには、病院側が「採用したい」と感じる魅力をアピールすることが重要です。履歴書や面接の志望動機で、看護師としての明確な目標や仕事に対する意欲、応募先への熱意を伝え、内定に近づきましょう。