彼の100年の恋心が醒めてしまう看護師さんの職業病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
731 _TOP_嫌そうな顔の男性.jpg

http://www.pakutaso.com/


仕事を離れてもついつい出てしまう…それが職業病。
看護師ならではの癖や発言ゆえに、彼の笑顔が凍りついてしまったことはありませんか?
彼の100年の恋心も冷めてしまうかもしれない「これってナースの職業病かも?!」あるあるをまとめました。それではどうぞ!

【こちらの記事もおすすめです】
これって職業病かしら?他の病院に行ったときに”ここ”が気になる!あれこれ
要注意!?あたり前になっていない?【看護師の職業病あるある】
看護師さんの職業病あるある!無意識でしてしまうあるあるはいくつありますか?

仕事の話をしているつもりが、ほとんど下ネタだと思われていた


「仕事、どうだった?」なんて彼が言うから、今日の出来事を具体的に話しただけなのに…。
清拭、浣腸、陰部洗浄、排泄物の処理…臨場感あふれる話に、彼の顔がみるみる引きつっていくのはなぜ?

ナースにとっては日常的な業務内容も、そうじゃない人には特殊な状況。
「どうして恥ずかしげもなくそんなに詳しく話せるんだ!」と動揺する男性は多いようです。

恥じることはありません。すべて立派な看護師の仕事です!ただ、ロマンチストでナイーブな男性のハートを壊さないように、話す内容は選んだ方が良いかもしれませんね(笑)。


彼の血管を確認してしまう


腕を組むタイミングで、つい彼の血管の太さと浮き沈みを確認してしまう癖があります。
彼の腕を撫でながらじっと見つめていると、
「なんだよ…そんなに俺のこと…」恥ずかしそうな笑顔を浮かべる彼。
「うん、血管が沈んでてすごく針が刺さりにくそうだよね」
なぜか人格まで否定された気がした、と落ち込む彼なのでした。

反対に「なんてしっかりした血管なんだ!ああこの血管、刺したい!めっちゃ刺したい!」と執拗に腕を撫でまわし、本気で怖がられるという逆パターンも。
つい他人の血管をチェックしてしまうという看護師さん、けっこういるのではないでしょうか?


食事中にオペの内容や便の話を平気でしてしまう


業務中の休憩時間は、貴重な情報交換の場でもあります。
たとえ食事中でも、便や尿の状態について話すこともあれば、救急で搬送されてきた患者さまの容態やオペの内容について情報共有をすることもあります。

ところが看護師さんにとっては当然なことも、医療の現場に慣れていない一般の人たちは、そんな会話にぎょっとしてしまうのです。

せっかくのデートで彼が目の前のステーキを食べられなくなってしまうなんてかわいそうなことにならないためにも、食事中はあまりに具体的な表現は控えることをおススメします。


電話がかかってきた時、切る時のとっさのひと言が…


彼から電話がかかってきた時に思わず「はい、どうしました?」と出てしまった。
彼との電話を切る時につい「お大事に~」と言ってしまった。
身に覚え、ありますか?


除菌、感染管理にやたら厳しくてうざがられる


専門知識があるだけに、気になって仕方がないという看護師さんは多いようです。
テーブルの上にずっと放置されている台拭き、煮沸消毒してないと思われる食器用ふきん、髪を触ったあと、手で包丁や食材に触れる彼の手。すべてアルコール消毒したい!
「ちょっと今、ちゃんと手洗った?ねえ肘まで洗った?」うんざりされても気になる!気になる!!気になる!!
きらわれないためには、彼にガミガミ言うのではなく、こちらがさりげなくやってあげるといいかもしれませんね。


緊急コールの夢を見て飛び起きる


緊急コールの夢を見て、思わずハッと飛び起きてしまう看護師さんも多いようですね。
隣で寝ている彼は、その様子にびっくりして心臓がバクバクするのだとか…。でも、これは仕方ないですよね。


トイレが近い…


「トイレが近い」ことを「頻尿」と言ってしまう。
「え、それフツーじゃないんですか?」と思うかもしれませんが、一般的に男性は女性に「頻尿」というワードをあまり頻発して欲しくはないそうですよ。


「あーん」の動作が介護


デート中、彼にスプーンで「あーん」と食べさせてあげた時に、「介護されてるみたいな気分になるのはなんでだろう…」と落ち込む彼。
ちょっと手際が良すぎたようです。


私服が部屋着?!


仕事が忙しくなると、自宅と病院を往復するだけの生活になり、結果的に制服を脱いだら即部屋着。休みの日もリラックスしたくてつい部屋着のままで過ごしてしまい、「あのさ、ほかに服持ってないの?」という彼氏の言葉にハッとすることも…。

でも本当は、仕事着が白衣だからこそプライベートでは好きなファッションを楽しむというおしゃれな看護師さんもたくさんいるんです。

彼女にはいつでも可愛くいてもらいたいという男ゴコロもちょっとわかる気がしますが、仕事が大変な時ぐらいは、大らかに理解を示してもらえたら嬉しいですよね。


彼の100年の恋心が瞬間冷却されてしまうかもしれない看護師ならではの職業病、思い当たるフシはありましたか?
看護師さんの「フツー」は、一般男性にとってはシゲキが強いことも多いようですが、言い換えれば職業病は仕事熱心な証拠。
看護師のお仕事に誇りを持ちつつ、彼への態度はお手柔らかに♪
SP640x50.png


【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
看護師が婚活で気をつけたい職業病
ナースが共感した!ナースの【これって職業病ですか?】のまとめ

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!