詳細条件を絞り込む

路線・駅

エリアで検索

職種

雇用形態

施設形態

こだわり条件

事業所数: 000015

求人数: 000000

二戸市の看護師・ナースの求人情報一覧

事業所15件中1~15件を表示

表示順: オススメ順 新着順 高収入 病院規模が大きい順 病院規模が小さい順

斉藤産婦人科医院

岩手県二戸市

勤務地 岩手県二戸市石切所字森合33-5
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 産婦人科

斉藤産婦人科医院の詳細はコチラ

湯の里にのへ

岩手県二戸市

勤務地 岩手県二戸市金田一字湯田24番地
施設形態 老人保健施設(老健) | 有料老人ホーム | デイサービス | 通所リハ | 訪問リハ | 居宅介護

湯の里にのへの詳細はコチラ

勤務地 岩手県二戸市石切所字川原38-1
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 整形外科 | 皮膚科 | リハビリテーション科 | 麻酔科

菅整形外科皮膚科クリニックの詳細はコチラ

勤務地 岩手県二戸市福岡字長嶺35-4
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 内科 | 呼吸器科 | 循環器科

おりそ内科循環器クリニックの詳細はコチラ

二戸クリニック

岩手県二戸市

勤務地 岩手県二戸市石切所字森合32-1
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 内科 | 外科 | 泌尿器科

二戸クリニックの詳細はコチラ

勤務地 岩手県二戸市福岡字八幡下19-2
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 耳鼻咽喉科

千葉耳鼻咽喉科・小児科医院の詳細はコチラ

勤務地 岩手県二戸市浄法寺町小池6-1
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 外科

二戸市国民健康保険浄法寺診療所の詳細はコチラ

小原医院

岩手県二戸市

勤務地 岩手県二戸市石切所字船場19-4
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 内科 | 消化器科 | 呼吸器科 | 循環器科

小原医院の詳細はコチラ

すがわら消化器内科

岩手県二戸市

勤務地 岩手県二戸市福岡字川又3-1
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 内科 | 消化器科

すがわら消化器内科の詳細はコチラ

勤務地 岩手県二戸市堀野字長瀬4-7
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 眼科

よこもり眼科クリニックの詳細はコチラ

藤田内科

岩手県二戸市

勤務地 岩手県二戸市浄法寺町樋田127-1
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 内科 | 小児科

藤田内科の詳細はコチラ

勤務地 岩手県二戸市金田一字馬場150
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 内科 | 外科

二戸市国民健康保険金田一診療所の詳細はコチラ

岩手県立二戸病院

岩手県二戸市

勤務地 岩手県二戸市堀野字大川原毛38-2
施設形態 一般病院
病床数 一般 290床 / 結核 10床
診療科目 内科 | 消化器科 | 外科 | 整形外科 | 皮膚科 | 泌尿器科 | 産婦人科 など

岩手県立二戸病院の詳細はコチラ

川村産婦人科医院

岩手県二戸市

勤務地 岩手県二戸市福岡字横丁38
施設形態 クリニック(診療所)
診療科目 内科 | 産婦人科 | リハビリテーション科

川村産婦人科医院の詳細はコチラ

公益社団法人岩手県看護協会公益社団法人岩手県看護協会立二戸訪問看護ステーション

岩手県二戸市

勤務地 〒028-6101 岩手県二戸市福岡字川又47
施設形態 訪問看護

公益社団法人岩手県看護協会立二戸訪問看護ステーションの詳細はコチラ

事業所15件中1~15件を表示


検討中リスト

検討中の求人はありません。
「検討中リストに追加」をクリックすると、こちらに求人が表示されます。

最近見た求人はありません。
求人情報をご覧になられますと、こちらに求人が表示されます。

二戸市で働く看護師の力になるもの

 現在の二戸市は平成18年1月1日に、二戸市と浄法寺町が合併して誕生した自治体です。 岩手県の内陸にあり、市内には折爪馬仙峡県立自然公園や金田一温泉など自然に恵まれています。 特に折爪岳では、高山・亜高山系の植物があり、夏になるとヒメホタルの群舞が見ることもできます。 また、浄法寺地区には1200年余の歴史を誇る天台寺があり、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。 その中で、約3万人が自然と歴史を享受し育みながら生活しています。 また、国内に甚大な被害を出した東日本大震災以降、「負けてたまるか、岩手」を合言葉に困難に立ち向かい、復興の一翼となっています。 


 目的を持って働くことは職種に関係なく重要なことで、医療関係者などにも通じることです。 特に医療関係者の場合、病気や事故などの現実への困難と立ち向かわなければならない患者や家族たちと関わることが役割なだけに、難しい場面に遭遇することもあるはずです。 そんな時、一人で抱え込むことなく、複数の上司や同僚の看護師に相談して見ることをおすすめします。 そう考える理由は、上司や同僚の看護師も多くの場合、同じ経験をしていると考えられるからです。 たとえ相談しても、それぞれの答えや出口は違うかもしれません。 しかし、仮に答えが見つからずとも、一人で抱えることの負担から開放されるはずです。   

ページトップへ