すべてのナースに寄り添うQ&Aサイト

あなたは何科?

あなたが知りたい科目を選んでみんなのQAを見てみましょう

新着QA一覧

NEW 病態生理を臨床でどう活かすのか知りたい
看護学生です。私は、病態生理について勉強するのが苦手です。理由は、病態生理が分かったところで、どのように看護に活かせるのか理由が分からないからです。教科書を読み、穴埋めのテストが行われるだけで、とてもつまらなく感じています。実際に、臨床ではどのように病態生理学を活かして看護が行われているのか知りたいと思いました。
科目
全科共通
2020.04.01
PCIとCABGどちらを選択したほうがいいのか知りたい
PCIの禁忌や不適応では次の3つが挙げられ、病変形態が複雑ということはわかります。(1)バイパスで保護されていない左冠動脈主幹部病変の治療が必要な狭心症(2)2枝が完全閉塞の3枝病変(3)糖尿病を合併した3枝病変
科目
循環器科
2020.03.27
陣痛促進剤が中止となった場合の母体と胎児の観察の注意点は?
誘発分娩を行うために、精密持続点滴装置を使用し子宮収縮薬静脈内投与を施行している時に、胎児に徐脈などが見られたら直ちに中止するとなっていることは知っています。
科目
産婦人科
2020.03.27
脳出血が起こるとなぜ拡張期血圧が低下するのか?
脳出血が起こると、拡張期血圧が下がると聞きました。なぜ、拡張期血圧が下がるのか教えていただきたいです。
科目
脳神経外科
2020.03.27
抜管時の循環動態変化について知りたい
ICU勤務の1年目です。先日、抜管を見学しました。その際、患者さんが徐脈になり、指導者の方に「抜管時に徐脈になるのは、〇〇という現象だから調べてきて」と言われました。調べてみると、陽圧換気から陰圧換気になることにより、循環動態が変化し徐脈になると出てきました。
科目
呼吸器科
ICU
2020.03.27
頭蓋内圧亢進について知りたい
脳神経外科と脳神経内科に勤めている新人看護師です。先輩から「頭蓋内圧亢進症状と看護について教えて」と言われたのですが、明確に伝えることができませんでした。
科目
脳神経外科
2020.03.27
左心不全症状の強い患者さんに必要な観察項目は?
循環器病棟に勤務する新人看護師です。心不全で入院中の患者さんを受け持ち、勉強中です。先日、先輩看護師に「患者さんは左心不全の症状が強く出ているけど、どんなことを観察したらいいのか」と聞かれ、うまく答えられませんでした。左心不全の症状が強い患者さんに対して実際にどのようなことを観察していけばいいのでしょうか。教えてください。
科目
循環器科
2020.03.26
意識障害がある患者さんに筋肉注射を行う際の注意点は?
内科の看護師1年目です。患者さんに筋肉注射をすることがあります。その時、神経に穿刺していないか、逆血がないか、痛みや痺れがないか患者さんに聞いて確認しています。
科目
全科共通
2020.03.25
分層植皮の観察と看護について知りたい
今度、分層植皮を行う予定の患者さんがいます。植皮する方を受け持つのは初めてで、勉強しているのですが主にどのようなところに注意して観察やケアをすればいいのかよく理解できていません。
科目
外科
皮膚科
2020.03.25
肺血栓塞栓症の予防方法について知りたい
周手術期実習中の看護学生です。受け持ち患者さんが術前にDVT(深部静脈血栓症)と診断されたため、看護問題の1つに肺血栓塞栓症リスクを挙げました。その後、初回離床時に肺血栓塞栓症の症状なく経過し、弾性ストッキングも終了になりました。
科目
全科共通
外科
2020.03.25
無料 質問を投稿する

ハテナースとは?

ハテナースは、「看護のお仕事」が運営する看護師のための、看護技術に特化したQAサイトです。いまさら聞けないような基本的な手技から、応用レベルの手技まで幅広いテーマを扱っています。ナースの疑問(?|ハテナ)を解決するQAサイトであるため、「?」と「ナース」を掛け合わせ、「ハテナース」というサイト名にしました。ハテナースは、看護師の看護技術についての疑問・課題解決をサポートするために役立つQAを随時配信していきますので、看護技術で困った際は是非ハテナースをチェックしてみてください。

ハテナースの特徴

ハテナースは、看護技術に特化したQAサイトです。看護師全員に共通する全科共通をはじめ、呼吸器科や循環器科など各診療科目ごとに幅広いQAを扱っています。科目ごとにQAを取り揃えているため、看護師自身の担当科目、または興味のある科目に内容を絞ってQAを見ることができます。ハテナースは、ナースの質問したキッカケに注目した上で、まるで新人看護師に説明するように具体的でわかりやすく、親切な回答を心がけているQAサイトです。当り前のものから難しいものまでさまざまな質問がありますが、どれに対しても質問したナースの気持ちを汲みとって回答しています。

ハテナースの想い

看護師にとって、看護技術は覚えることも多くなあなあにしてしまいがちで、周りに聞きたくても聞きづらい状況にいる看護師も多くいます。ハテナースは、看護師の手技に関する疑問を解決することで、質問したナースの看護技術・知識を磨くだけでなく、同じ疑問・課題を持っているナースの悩み解決もサポートします。看護師の看護技術・知識が磨かれることで、よりレベルの高いケアを患者様に提供することが可能になります。これらの行いが、総じて日本の医療業界に貢献することをハテナースは願っています。