1. 看護のお仕事
  2. 看護師の転職ノウハウ
  3. 履歴書の書き方

転職ノウハウ 好印象を与える履歴書の書き方を知ろう! 項目別に解説!あなたの印象がグンとアップする履歴書の書き方 履歴書全体の書き方の心得がわかったら、より詳細項目の注意点を確認しながら、書いてみましょう。こちらでは項目ごとの注意点をご紹介します。

職務経歴の各パーツをクリックすると、詳細説明にジャンプします。

履歴書の書き方

1【日付】「日付」は面接の日にちで!

あまり古い日付で書くと以前使用した履歴書の使いまわしと思われてしまいます。
「この日のために書いた」という印象が、好感を与えますよ。

ページの先頭へ
2【氏名】氏名から性格を読み取られます!

自分の名前は文字の中でも一番よく書くもの。慣れているからこそ、文字には性格が表れます。面接官は氏名の文字から性格を読み取れるのです。

大きく、強く、欄のバランスと、文字全体のバランスをとって丁寧に書いてください。

ページの先頭へ
3【証明写真】証明写真は笑えないけど、微笑んで!

何よりもあなたの印象を伝える写真。いくら面接でいい顔を作っても、採用を考える際、参考にされるのは履歴書の写真です。

おススメは白いシャツに黒いジャケットなど、顔周りを明るく、周囲を引き締める色です。すっきりと明るいイメージになります。

撮影時には、前髪は目にかからないように。あごを引き、背筋を伸ばします。一度、口を大きく開けるなど、表情筋肉をリラックスさせると自然な表情が作れますよ。

笑顔ではなく、唇の端が気持ちあがる程度のやわらかな表情が好印象です。

ページの先頭へ
4【学歴】学校名・病院名は略さずに書きましょう。

学校名・病院名などは略さず、必ず正式名称で記入してください。
学歴は、義務教育の終わる中学卒業からの記載で大丈夫です。

ページの先頭へ
5【職歴】職歴は最大のアピールポイントです!

病院名だけではなく配属先の部課名や病棟名も記入しましょう。

ページの先頭へ
6【免許・資格】看護免許の習得年月日を記載してください。

看護師免許を取られた年月も含めて書いたほうが親切で評価も上がります。

資格を多くお持ちの方は、仕事に関連する資格を記載しましょう。

それ以外の資格でも、面接官との会話をはずませるきっかけになることもありますので、是非、記載してくださいね。

ページの先頭へ
7【志望動機】志望動機は「この病院」でなくてはならない理由を。

志望動機欄は、その病院に対する思いを書くことが大切です。どんなに向上心があっても、「その病院で働きたい」という思いが伝わらなければ、相手の心は動かせません。

その病院の情報をしっかり調べた上で、具体的な選んだ理由、その病院でないといけない理由を明確に書くことで、採用率があがります。

志望動機欄は、その病院に対する思いを書くことが大切です。どんなに向上心があっても、「その病院で働きたい」という思いが伝わらなければ、相手の心は動かせません。

ページの先頭へ
8【趣味・特技】趣味や特技は、あなたらしさを伝える場。

「特になし」は避けて下さい。
その趣味でどんなものを得ているなど、人間性のアピールができるアイテムとして活用することができますよ。

ページの先頭へ
9【長所と短所】短所の書き方。

長所と短所を記入する場合は、長所の裏返しを短所として記入することをおススメします。(例:長所が「行動的」なら、短所は「慎重さにかける」など)

人間ですから短所があって当たり前です。それをどう克服するかというところまで書ければ、短所も前向きなアピールに変えることができますよ。

ページの先頭へ
無料転職サポートの電話での受付は0120-963-668 受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

おすすめ情報

サービス紹介

看護のお仕事が行っているサービス内容を詳しくご紹介!あなたが感じている不安を解消いたします。

おすすめコンテンツ

「看護師さんのよくあるお悩み」から「転職サービスの選び方」まで、幅広い情報をご用意!