ナースときどき女子

記事を読む

ハテナース

看護技術Q&A

手術後のシバリングが起こる理由と看護について知りたい

質問したキッカケ

ICU病棟で働いている新人看護師です。手術後の患者さんの受け入れをすると、シバリングが起こる患者さんが多いように思います。発熱の時のシバリングとは違うのでしょうか。また、手術後のシバリングの看護についても知りたいと思いました。

質問したいこと

手術直後の患者さんのシバリングが起こるのはなぜですか。また、シバリングが見られた時の患者さんに対する看護も教えてください。

ひとこと回答

手術直後のシバリングは、術中の低体温や、手術侵襲により患者さんの体温の設定温度が高くなるために起こります。シバリングの予防のために、術直後は保温・加温・痛みのコントロール・バイタルサインを含めた全身状態の観察が大切です。


詳しく説明すると

ICU病棟での勤務お疲れ様です。手術直後のシバリング、患者さんも辛そうで、何とかしたいところですよね。メカニズムを理解して、予防と看護に活かしていただければと思います。

シバリングとは


患者さんの体温が、維持したい温度(設定温度)より低下したときに、患者さんの体が筋肉を収縮させて熱を産生させようと反応して起こる、ガタガタと震える身震いのことです。

手術直後のシバリングの原因


手術中は、滅菌ガウンや灼熱等などで暑くなりやすい術者が、汗をかいて拭いたりすることで滅菌を保てなくなる可能性や、細菌繁殖の視点から室温を低く保つことが多く、患者さん自身も術野の露出により低体温になりやすくなっています。

手術中は、麻酔の影響により、患者さんの体の設定温度が下げられているため、患者さんの体温が下がっても設定温度との差が少ないことから、シバリングはほとんど起こりません。手術が終わり、麻酔から覚醒しはじめると、患者さんの設定体温はいつも通りに戻りますので、その差を埋めようと体が反応してシバリングが起こります。

また、患者さんの体温が設定体温から下がっていなくても、シバリングが起こることがあります。手術の侵襲により、細胞からサイトカインという物質が分泌されます。サイトカインは、患者さんの体温の設定温度を上げる影響があります。患者さんが通常の体温でも、サイトカインによって設定温度が上がるため、その差を埋めようとシバリングが起こります。手術の侵襲が大きいほど、サイトカインは分泌されるため、シバリングが起こりやすくなります。

手術後のシバリングに対する看護


  • 術後低体温の予防
手術後の患者さんを受け入れるときは、低体温に備えて電気毛布などで布団とベッドをしっかりと温めておきます。また、術後受け入れ時の創部やドレーンの確認の時は、しっかりと観察しつつ体温の低下を最小限にするように、掛物を全部取らないで観察していったりと配慮をします。

  • 痛みのコントロール
痛みはシバリングを誘発するといわれており、要因とならないためにも術後の痛みのコントロールを徹底します。

  • シバリング時の保温と加温
シバリングが起こってしまった場合は、まず加温します。温罨法や電気毛布を使用し、シバリングを最小限にできるよう努めます。

  • シバリング時の全身状態の観察
手術後は、心電図やSpO2モニターなどを装着し、常時観察しているかと思います。シバリングが起こることで、心電図の基線は揺れてモニターが不十分になったり、末梢の血管が収縮するためSpO2モニターが感知できなくなったりします。モニター観察が不十分な時は、いつも以上に見て触って感じてという全身状態の観察が大切となります。

加えて、シバリングは、酸素消費量を増大させ、末梢血管が一気に収縮することで急激に血圧が上昇したり、脳圧を上昇させたりします。また、意識的ではない筋収縮により創部の痛みも増大します。早期に加温してシバリングの時間を最小限にするとともに、シバリングによるバイタルサインの変動が術後出血など合併症を引き起こさないか、注意して観察します。

シバリングが続くことにより、バイタルサインの変動が大きい場合は麻酔科医や医師に報告し、必要に応じて薬剤投与で対応します。

おわりに

シバリングは、患者さんの苦痛はもちろん、術後の経過に影響する可能性があるため、予防と早期対応が大切です。今回得た知識とこれからの経験を重ねて、今後の看護に活かしていってくださいね。応援しています。
無料 質問を投稿する

全科共通新着QA

NEW 終末期の患者さんに出血傾向が出てくる理由が知りたい
質問したキッカケ 看護師3年目です。先日、挿管し呼吸器管理中の看取りが近い状態の患者さんの担当をしていました。自分が受け持つまではそれほど痰も多くなかったのですが、受け持った日は気管から血性の痰を認め、適宜吸引を実施していました。看取りの状態であり、医師に報告したあとも特に処置などはありませんでした。 質問したいこと 癌などの既往がない場合でも、看取りに近い時期は出血傾向となるのでしょうか?
科目
全科共通
2019.12.06
NEW 薬疹の判別方法と対処法について知りたい
質問したキッカケ 急性期で勤務する1年目の看護師です。準夜勤務で術後の患者さんを受け持った際、体幹に発赤疹を見つけました。全身確認しましたが、発赤があるのは体幹だけでした。特に胸帯やオムツの当たっているところが赤みが強く、患者さんも汗でムレていると言っており、汗疹や刺激による発赤だと思いました。 少し痒い程度とのことで、緊急性は低いと考えアイスノンで冷やし、翌日医師に報告すればよいと思っていましたが、次の勤務帯の看護師に申し送ったところ「これ薬疹だよね?先生に報告してないの?」と指摘を受けました。正直、薬疹ということがまったく頭に浮かんでおらず、ただの汗疹だと思っていたことで自分の知識不足や観察不足を思い知りました。 質問したいこと 薬疹と他の皮膚トラブルとの見分け方、薬疹が出た際の対応などについて知りたいです。よろしくお願いします。
科目
全科共通
2019.12.06
NEW ルート確保時に適切な血管を発見するコツが知りたい
質問したキッカケ 内科病棟で勤務しています。2年目なのですが、採血・末梢静脈ライン確保が上手く出来ないことが多いです。先輩からは「いい血管を見つけることが大事」とアドバイスをいただいたのですが、適した血管を見つけるコツはあるのでしょうか。 質問したいこと 採血・末梢静脈ラインの確保時に、適した血管を見つけるコツを教えてください。
科目
全科共通
2019.12.06
NEW 訪問看護で行える温罨法と冷罨法の具体的な方法を知りたい
質問したキッカケ 私は、訪問看護ステーションに勤める看護師です。罨法の方法について質問があります。 以前は病棟勤務でしたので、病院にある清拭車のタオルを利用して罨法を行い看護をしていました。今は訪問看護ステーションですので、患者さん宅にお邪魔して罨法を行う際、どのような物品を使わせていただけば良いのか疑問を持ちました。 質問したいこと 訪問看護で行える温・冷罨法の具体的な方法を教えてください。
科目
全科共通
2019.12.06
気管挿管により反回神経麻痺のリスクが高まる理由が知りたい
質問したキッカケ 看護学生です。気管挿管により反回神経麻痺を生じるリスクが高まるということは分かるのですが、それがなぜなのかいまいち理解できません。気管挿管時に反回神経を損傷してしまうからだと思うのですが違うのでしょうか? 質問したいこと 気管挿管によって反回神経麻痺のリスクが高まるのはなぜでしょうか?
科目
全科共通
2019.12.05
無料 質問を投稿する