手術後のシバリングが起こる理由と看護について知りたい

質問したきっかけ

ICU病棟で働いている新人看護師です。手術後の患者さんの受け入れをすると、シバリングが起こる患者さんが多いように思います。発熱の時のシバリングとは違うのでしょうか。また、手術後のシバリングの看護についても知りたいと思いました。

質問したいこと

手術直後の患者さんのシバリングが起こるのはなぜですか。また、シバリングが見られた時の患者さんに対する看護も教えてください。

ひとこと回答

手術直後のシバリングは、術中の低体温や、手術侵襲により患者さんの体温の設定温度が高くなるために起こります。シバリングの予防のために、術直後は保温・加温・痛みのコントロール・バイタルサインを含めた全身状態の観察が大切です。

詳しく説明すると

ICU病棟での勤務お疲れ様です。手術直後のシバリング、患者さんも辛そうで、何とかしたいところですよね。メカニズムを理解して、予防と看護に活かしていただければと思います。

シバリングとは


患者さんの体温が、維持したい温度(設定温度)より低下したときに、患者さんの体が筋肉を収縮させて熱を産生させようと反応して起こる、ガタガタと震える身震いのことです。

手術直後のシバリングの原因


手術中は、滅菌ガウンや灼熱等などで暑くなりやすい術者が、汗をかいて拭いたりすることで滅菌を保てなくなる可能性や、細菌繁殖の視点から室温を低く保つことが多く、患者さん自身も術野の露出により低体温になりやすくなっています。

手術中は、麻酔の影響により、患者さんの体の設定温度が下げられているため、患者さんの体温が下がっても設定温度との差が少ないことから、シバリングはほとんど起こりません。手術が終わり、麻酔から覚醒しはじめると、患者さんの設定体温はいつも通りに戻りますので、その差を埋めようと体が反応してシバリングが起こります。

また、患者さんの体温が設定体温から下がっていなくても、シバリングが起こることがあります。手術の侵襲により、細胞からサイトカインという物質が分泌されます。サイトカインは、患者さんの体温の設定温度を上げる影響があります。患者さんが通常の体温でも、サイトカインによって設定温度が上がるため、その差を埋めようとシバリングが起こります。手術の侵襲が大きいほど、サイトカインは分泌されるため、シバリングが起こりやすくなります。

手術後のシバリングに対する看護


  • 術後低体温の予防
手術後の患者さんを受け入れるときは、低体温に備えて電気毛布などで布団とベッドをしっかりと温めておきます。また、術後受け入れ時の創部やドレーンの確認の時は、しっかりと観察しつつ体温の低下を最小限にするように、掛物を全部取らないで観察していったりと配慮をします。

  • 痛みのコントロール
痛みはシバリングを誘発するといわれており、要因とならないためにも術後の痛みのコントロールを徹底します。

  • シバリング時の保温と加温
シバリングが起こってしまった場合は、まず加温します。温罨法や電気毛布を使用し、シバリングを最小限にできるよう努めます。

  • シバリング時の全身状態の観察
手術後は、心電図やSpO2モニターなどを装着し、常時観察しているかと思います。シバリングが起こることで、心電図の基線は揺れてモニターが不十分になったり、末梢の血管が収縮するためSpO2モニターが感知できなくなったりします。モニター観察が不十分な時は、いつも以上に見て触って感じてという全身状態の観察が大切となります。

加えて、シバリングは、酸素消費量を増大させ、末梢血管が一気に収縮することで急激に血圧が上昇したり、脳圧を上昇させたりします。また、意識的ではない筋収縮により創部の痛みも増大します。早期に加温してシバリングの時間を最小限にするとともに、シバリングによるバイタルサインの変動が術後出血など合併症を引き起こさないか、注意して観察します。

シバリングが続くことにより、バイタルサインの変動が大きい場合は麻酔科医や医師に報告し、必要に応じて薬剤投与で対応します。

おわりに

シバリングは、患者さんの苦痛はもちろん、術後の経過に影響する可能性があるため、予防と早期対応が大切です。今回得た知識とこれからの経験を重ねて、今後の看護に活かしていってくださいね。応援しています。
無料 質問を投稿する

全科共通新着QA一覧

NEW CVやPICCがあってもへパリンを末梢静脈から投与する理由が知りたい
血栓予防のためヘパリン10000Uと生食90ml(100U/ml)を持続投与する際、CVまたはPICCラインがあっても末梢ラインからの投与が選択される理由を教えてください。
科目
全科共通
2020.08.12
NEW 急激に血清カリウム値が上昇したのはなぜか?
集中治療室に勤務している新人看護師です。不穏患者のAラインから動脈採血を行った際に、なかなか逆血できませんでしたがなんとか採血をして、動脈血ガス検査を行いました。そのとき、4時間前までは血清カリウム値が4.5mEq/Lだったのに、7.2mEq/Lに上がってしまいました。尿量も2時間で250ml流出があり、不整脈も出現していません。
科目
全科共通
2020.08.12
バスキャスのヘパロックについて教えてほしい
バスキャス(ブラッドアクセス)のA側(脱血側)とV側(送血側)のヘパロックの方法について質問です。当院ではどちら側を先にしないといけないという決まりはありませんが、実際先にこちらをすべきというエビデンスはあるのでしょうか?調べてみましたが、どちらが先ということはどこにも載っていませんでした。
科目
全科共通
透析科
2020.08.11
吸引によって血圧が低下する理由を知りたい
ICUに勤める1年目看護師です。この間、吸引をしている際に患者さんの血圧が低下するということがありました。その理由を先輩看護師に聞かれ、迷走神経反射からの血圧低下ではないかと答えました。しかし、それ以外にも理由がたくさんあると説明されました。調べたのですがなかなか理由がわかりません。
科目
全科共通
2020.08.07
心臓カテーテル検査の前後で輸液が変更になる理由は?
心臓カテーテル検査前後の輸液について質問です。検査前〜検査後はソリタT1を投与し、検査後に排尿が確認出来たらソルデム3Aに変更していますがなぜでしょうか?
科目
全科共通
循環器科
2020.08.06