ナースときどき女子

記事を読む

ハテナース

看護技術Q&A

ステロイドの副作用であるムーンフェイス(満月様顔貌)について

質問したキッカケ

先日、風邪をきっかけに中耳炎・内耳炎を発症した患者さまから質問を受けました。その患者さまは中耳炎を発症した時点で抗生物質を内服しはじめたのですが、治りが悪かったうえに内耳炎も発症し、ステロイド剤を内服することになりました。

ステロイドで顔が丸くなった人を知っているとのことで、ご自身もそうならないか心配されています。ムーンフェイス(満月様顔貌)を避ける、またはムーンフェイスに対する対処法などを教えてほしいと言われました。

質問したいこと

ムーンフェイスを避ける方法はありますか?

9999_misete_300x250.png

ひとこと回答

ステロイドの量が減ったら、ムーンフェイスは自然に治まってきます。ステロイド内服中には食欲増進する傾向にあるため、バランスよく食事をして間食を避けるなどの工夫も効果的です。(※医師との相談にて)

詳しく説明すると

ステロイドの成分と薬の作用について


ステロイドとは両腎の上端にある副腎にて作られる副腎皮質ホルモンの一つであり、下記の成分が分泌されています。

・糖質コルチコイド(コルチゾール)
・鉱質コルチゾール(アルドステロン)
・男性ホルモン(アンドロステンジオン)

その中で、糖質コルチコイドを合成して作用を強力にしたものが、主にステロイド薬として治療に使用されているものです。

ステロイド薬には、以下のような作用があります。

・抗炎症作用
・抗アレルギー作用
・免疫抑制作用
・代謝作用(血糖値の上昇、血圧の上昇、脂肪分解の促進、蛋白質分解の促進)

主にアレルギー疾患や炎症性疾患を中心に、治療薬として使用されています。

ステロイドの副作用について


ステロイド剤はさまざまな疾患の治療に役立っていますが、以下のようなさまざまな副作用の出現の可能性があります。

・易感染による感染症
・クッシング症候群
・副腎皮質機能不全症
・低カリウム血症
・糖尿病(糖新生促進により)
・骨粗鬆症(骨量の減少により)
・消化器の潰瘍(消化管粘膜への影響により)
・白内障・緑内障(眼圧亢進により)
・月経異常
・満月様顔貌(ムーンフェイス)
・皮下出血・紫斑 
など

その中でも、ムーンフェイスは長期間のステロイド剤の大量服用により生じます。ステロイド剤の大量内服により、脂肪の代謝が妨げられること、そして食欲増進をすることにより、特に身体の中心(顔や首の周り・肩や胴体など)部分に脂肪が多くなります。そのため上半身に送られる血液量が特に増加するため、顔が腫れぼったい状態になります。見た目を気にされる方も多いですが、健康上の問題は特にありません。

ムーンフェイスは、ステロイド剤の量が減少(医師の指示の元)すると自然に改善します。しかしステロイド剤の内服中は、食欲増進や脂肪の代謝障害を起こしやすいことを患者さまに事前に説明しておくとよいでしょう。

またバランスのよい食事摂取、過食や間食を避ける、そしてカロリーの低い食品に置き換える方法も合わせて伝えましょう。一方、カロリーの抑え過ぎによる栄養不足は、ステロイド剤の副作用で易感染状態による感染症を発症しやすい為、注意が必要です。

おわりに

長期間のステロイド剤内服によるムーンフェイスを完全に避けることは困難ですが、食事内容の工夫で軽減させることは可能と考えられます。ですが患者さまが自己判断でステロイド剤を減量しないように注意が必要です。栄養不足は感染症を引き起こすリスクもありますので、栄養士に相談しバランスよく食事ができるように指導しましょう。

【求人情報】

>>常勤の求人を見てみる<<
無料 質問を投稿する

全科共通新着QA

NEW 内視鏡室の吸引接続チューブの交換時期について知りたい
質問したキッカケ 内視鏡室に勤務している看護師です。口腔内吸引をした時は毎回、吸引接続チューブを交換したほうがいいのでしょうか?現在、吸引チューブは毎回交換しています。また、内視鏡スコープに接続しているチューブは1週間に1回の交換ですが、それでいいのでしょうか?感染者(クロストリジウム・HIVなど)の時はどうなのでしょうか? 質問したいこと 吸引接続チューブの交換時期について教えてください。
科目
全科共通
2019.11.22
確実な点滴管理を行うにはどのようにしたらいいのか?
質問したキッカケ 消化器外科と婦人科の混合病棟で勤務している新人看護師です。先日、末梢から点滴をしている患者さんの点滴管理が出来ていないと注意を受けました。 状況としては、ツインパル500mlの8時間投与を0〜8時、8〜16時、16〜24時で1日3回行っている患者さんです。深夜さんから日勤だった私への申し送りの時点で残量が100ml残っていて、その投与が終わったのが10時30分頃(勤務交替は9時からで、自然滴下100ml/hで落としていました)。 それから8〜16時の分へ更新し、16時に終わるよう合わせました。しかし、12時頃に点滴が漏れ、サーフローを交換しようと準備している時に私の受け持ち患者さんの手術が終わり呼ばれました。時間が昼休憩の時間ということもあり、人手が足りず、サーフロー交換を頼める人もいませんでした。 また昼食の時間ということもあり、患者さんも食事していたりその後トイレに行っており(独歩)、サーフロー交換が遅れ、13時頃に交換しました。その時で輸液残量が450mlほど残っていました。急速投与しないよう100ml/h(自然滴下)で合わせました。 しかし、患者さんの腕の角度で落ちなくなったりしており、17時の交替時間に300ml残っていました。それを見た先輩から点滴管理ができていない、点滴管理もできないのかと注意を受けました。 質問したいこと 確実な点滴管理を行うにはどのように対応したらいいのでしょうか。
科目
全科共通
2019.11.20
リクシアナの内服と貧血の関係について知りたい
質問したいこと リクシアナについて質問です。輸血できない方でリクシアナの内服指示が出ており、貧血に注意と書いてありました。なぜ、リクシアナで貧血が起こるのでしょうか?
科目
全科共通
内科
2019.11.20
プラリア皮下注を投与する際の正しい手技を教えてほしい
質問したキッカケ 開業医内科外来勤務の看護師です。テリボン皮下注56.5μgを2年間投与後、整形外科のドクター指示で、この度プラリア皮下注60mgを投与することになった患者さんがいます。 このタイプのシリンジは初めてで、取扱説明書などで調べても逆血確認についての記載は見当たりません。他院の看護師に確認しましたが、穿刺した際スプリングが跳ね返る感触があり逆血確認していないとのことでした。 質問したいこと プラリア皮下注60mgを投与する際の、正しい手技を教えてください。よろしくお願いします。
科目
全科共通
整形外科
2019.11.20
滲出液の色の正常と異常が知りたい
質問したいこと 看護学生です。創傷治癒過程での滲出液の色の正常と異常がわかりません。黄色や緑などなぜその色をしているのか、それは正常なのか異常なのかどんなに調べてもわからず質問しました。よろしくお願いします。
科目
全科共通
2019.11.20
無料 質問を投稿する