深部静脈血栓症・肺塞栓症を発症した後の看護について知りたい

質問したキッカケ

整形外科配属の看護師一年目です。 「DVT、PEが起きてしまった人の観察、看護はどのようにしますか?」と先輩看護師から指摘を受けたのですが、起きたときの症状はわかるので観察はわかります。ですが、起こった人の看護がよくわかりません。

質問したいこと

DVT、PEが起きてしまった人の観察、看護について、どなたか教えてください。

ひとこと回答

肺塞栓症では、急激な呼吸困難、頻呼吸、頻脈、胸痛などの症状が生じます。発症後も急変のリスクがあるため、適切な治療を行いながら再発の可能性も念頭に置いておきましょう。肺塞栓症の症状や新たな兆候が無いかを観察していきます。抗凝固療法や血栓溶解療法実施時には、出血傾向へも注意が必要です。

詳しく説明すると

こんにちは。ご質問ありがとうございます。ご存知の部分もあるかと思いますが、深部静脈血栓症、肺塞栓症と看護のポイントについて回答させていただきます。

深部静脈血栓症(DVT)とは


手術後の安静や寝たきり、脳血管疾患後の麻痺側などで血液循環が低下することで、血栓ができやすくなります。手足の静脈にできることが多く、これを深部静脈血栓と言います。特に下肢の静脈にできることが多いです。

肺血栓塞栓症(PE)とは


身体のどこかの血管内で血栓ができていて、体動開始・再開とともに血栓が血行に乗って肺動脈に詰まった状態を肺塞栓症と言います。血栓の9割以上は脚にできます。深部静脈血栓症と肺塞栓症はとても関係が深く、両者を合わせて静脈血栓塞栓症(VTE)と呼ばれています。

ベッド上安静の解除後、離床時に失神や呼吸困難で発症することが多いです。肺動脈が詰まることで、ガス交換が行えなくなり低酸素血症や心拍出はの低下。それにより急な呼吸困難、頻呼吸、頻脈、胸痛といった症状が出現します。

肺塞栓症が起きた場合どうするか


肺塞栓症は急性心筋梗塞以上に死亡率が高いと言われています。発症時は早急な対応が求められるので、全身状態の観察とともにすぐに応援要請とドクターコールを行いましょう。

また、発症後も急変する可能性がとても高いので、呼吸状態だけではなく全身状態を注意して観察する必要があります。呼吸困難、血圧低下の有無、ショック症状、チアノーゼ、胸痛、意識障害などの症状の変動がないかを観察していきます。酸素吸入や場合によっては人工呼吸器の装着も行われます。

肺塞栓症時に行われる治療には、抗凝固療法、血栓溶解療法が主に行われることが多いです。他にもカテーテル治療、血栓摘除術、下大静脈フィルターが症状に応じて実施されます。

抗凝固療法ではヘパリンの静脈注射から開始し、状態の改善とともにワルファリンへの経口内服へと移行していきます。ワルファリンは納豆やクロレラ、ビタミンKが豊富な野菜をたくさん摂取すると作用が減弱します。そのため、この点に注意した患者指導が必要です。出血傾向にも注意が必要なので、凝固機能などの血液データも適宜確認することが大切です。

血栓溶解療法は、文字通り血栓を溶かしますが、その分出血リスクにも注意が必要です。深部静脈血栓が残存していた場合、血栓溶解により剥がれて肺動脈につまりさらに肺塞栓症を悪化させてしまうリスクもあります。血栓溶解療法はショック状態に陥っているような重篤な状況で使用されると死亡率が下がると言われています。

肺塞栓症の治療を開始してもこのように症状が悪化・急変する可能性があります。発症後も、肺塞栓が起きたときの症状がさらに悪化していないか、新たな症状が出ていないかといった観察が必要です。

おわりに

肺塞栓症は、発症後も再発のリスクがあります。そのため、治療中も再発の可能性を考慮した観察と看護が大切です。

深部静脈血栓症や肺塞栓症を発症しないように、安静指示の範囲内での体動や弾性ストッキングの着用を試みましょう。また、フットポンプなどを使用した、間欠的空気圧迫法を適宜実施しながら予防に努めることがとても大切です。

少しでも発症のリスクを低下させながら、発症してしまった場合は早期に回復に向かえるように注意深く観察していきましょう。少しでも学習のお役に立てれば幸いです。応援しています。
無料 質問を投稿する

整形外科新着QA

整形外科での腰椎麻酔について知りたい
質問したいこと 4月から整形外科に配属された新人看護師です。手術後、腰椎麻酔で帰ってきた患者さんの麻酔範囲の確認の仕方を教えていただきたいです。
科目
整形外科
2019.10.10
TKAやACL術後の下肢挙上について知りたい
質問したいこと 整形外科病棟で、人工膝関節形成術(TKA)や前十字靭帯(ACL)の術後に足を挙上する根拠がわかりません。血流をよくするためなのでしょうか?また、いつまで挙上しないといけないのでしょうか?
科目
整形外科
2019.10.10
下肢の牽引時に足元にレンガを使う意味を教えてほしい
質問したいこと 下肢の牽引(直達・介達)時の使用物品についてです。足元は、必ずしもレンガなどで拳上しなければならないのでしょうか?物理的に考えて、牽引ロープがベッドに当たらず、おもりが床に触れないのであれば必要ないのではと思いました。よろしくお願いします。
科目
整形外科
2019.10.09
TKA術後の伸展車椅子への移乗動作について知りたい
質問したキッカケ 左TKA(人工膝関節全置換術)を受けた患者さんに対して、初回離床する時に進展車椅子を使用する場合は、どのように車椅子を配置するのが正しいのか分かりません。 質問したいこと 右足を軸にして車椅子に座るのか、左足を進展している部分に近づけて最初から足を乗せられるようにするのか、安全かつ適切な方法を教えていただきたいです。
科目
整形外科
2019.10.07
変形性膝関節症の観察項目が知りたい
質問したキッカケ 変形性膝関節症の方を受け持ったのですが、今はリハビリテーションが中心となってきています。バイタルサイン測定時の観察項目があまり見当たりません。 質問したいこと リハビリを行っている変形性膝関節症の患者さんの観察項目について教えてください。
科目
整形外科
2019.10.07
無料 質問を投稿する