フィルターを通して輸液を投与する必要性について知りたい

質問したきっかけ

高カロリー輸液を投与する際にフィルター付きの輸液ルートを使っているのですが、側管から投与する場合は基本的にフィルターを通さないと薬剤の効果が得られないと言われました。しかし、調べてみてもフィルターを通さないほうがいい薬剤は出てきますが、通すべき薬剤は出てきません。

質問したいこと

側管から投与する薬剤で、フィルターを通す必要性が知りたいです。

ひとこと回答

フィルターを通すことで、空気や目に見えないガラス片を体内に流入するのを防ぐことが可能です。しかし、分子量が大きい薬剤やフィルターに吸着される薬剤の場合は、フィルターを通さず投与します。

詳しく説明すると

こんにちは。集中治療室で勤務している看護師です。集中治療室では、さまざまな輸液を中心静脈カテーテルから投与します。どのような理由でフィルターを通して投与するのか、またフィルターを通してはいけない薬剤があるか一緒に勉強してみましょう。

まずはフィルターを通す意味を考えましょう。フィルターを通すことで、空気がルート内から排除されます。末梢静脈ラインの場合は多少の空気がルート内にあり、血管内に流入しても大静脈に至るまでに吸収され、問題になることは少ないです。

しかし、中心静脈カテーテルから空気が流入すると空気塞栓を起こすリスクがあります。フィルターを介して薬剤を投与することで、空気が血管内に流入するリスクが減ります。

また、ガラス片の問題もあります。現在は減ってきましたが、ガラスアンプルの薬剤があります。アンプルカットを実施するときに、目に見えないガラス片がミキシングされた薬剤に混入するリスクがあることが知られています。物理的に大きなものもフィルターでキャッチされ、体内に流入するリスクが減るのです。

このようにフィルターを通して薬剤を投与することで、多くのリスクを減らすことが可能です。

しかし、中にはフィルターを通すことでフィルターが詰まってしまう薬剤もあります。分子量が大きい薬剤では、フィルターを通ることが出来ずに詰まってしまう可能性があります。代表的なものとして、イントラリポスといった脂肪乳化剤が入っているものです。これらの薬剤は、分子量が大きいため白濁しています。

このような薬剤を投与する場合は、フィルターより患者さん側のポートから投与します。それ以外にも、フィルターに吸着する薬剤もあります。ヒューマリンを代表とするインシュリン製剤は、フィルターに吸着されることによって効果が低下することが知られています。

また、抗がん剤の中にはフィルターを溶解してしまう可能性があるものもあり、注意する必要があります。

これらのことから、投与するときにはフィルターを通すか通さないかを確認する必要があります。病院によってはフィルター使用が可能か不可能かを一覧表にしてあるところもありますので、確認しておくことをおすすめします。

おわりに

いかがだったでしょうか?フィルターによって大きなメリットがありますが、薬剤によっては閉塞や効果の減少が起こるものもあります。しっかりと確認し、投与する場所を変更していけるようにしてくださいね。難しいですが頑張ってください。応援していますよ。
無料 質問を投稿する

全科共通新着QA一覧

NEW PCR検査とLAMP検査の違いについて知りたい
コロナウイルスの検査について質問です。最初はPCR検査が有名でしたが、最近ではLAMP検査もよく聞きます。この2つの違いがわかりません。結果が出る時間の違いなのでしょうか?
科目
全科共通
2020.11.27
NEW 患者さんとどのようにコミュニケーションをとればいいかアドバイスがほしい
1年目の看護師です。私は、まだ患者さんの前に立つと緊張してしまいます。通常業務であるバイタルサインを測定中も、どのような話をしたらいいか分からず、無言の時間が続いてしまいます。先輩に相談すると「自分のことも話しながら関係性を作っていくんだよ」とアドバイスをもらいました。私の病棟は内科なので、長期的に入院している患者さんが多いです。
科目
全科共通
2020.11.27
ヘパリン化中の生食フラッシュについて知りたい
ヘパリン化中の生食フラッシュについてです。シリンジポンプで微量で持続投与している場合、終了になったら過剰投与を防ぐためフラッシュせず、今までの速度と同じにして生食を持続投与してからフラッシュしています。 ヘパリンを単独投与している患者さんがシャワーなどで一時的にロックする場合は、フラッシュせずそのままロックします。ただ、メイン(生食やラクテックなど)の側管からヘパリンが投与されている時には、詰まらないように生食フラッシュすることがあります。その際にシリンジポンプで投与されているのを一気に投与していいのかという不安があり、質問させていただきました。
科目
全科共通
2020.11.26
採血スピッツへの分注について知りたい
シリンジ採血を行った際、スピッツに分注する時にキャップを外して血液を入れることもあります。採血量が少なく針が付いた状態で複数のスピッツに分注する場合、最低限の必要量で陰圧がかかっている状態で、途中で抜く時のコツはありますか?抜くのと同時にプシューと血液が出たりします。
科目
全科共通
整形外科
2020.11.26
アセリオとボンフェナック座薬の違いは?
大腿骨骨幹部骨折で直達牽引してる20歳代の患者さんがいます。アセリオ1000mgを使用した4時間後に疼痛が増強し、アセリオは使えないのでボンフェナック座薬50を使いました。そのとき先輩看護師にアセリオ静注とボンフェナック座薬の違いを聞かれましたが答えられませんでした。
科目
全科共通
2020.11.26