療養型病院について

こんなひとにオススメ!

  • ●忙しい環境より、余裕のある中で、丁寧な看護を実践したい方。
  • ●「いつかは施設看護の仕事をしてみたい」と考えている方。
  • ●どちらかというと、性格がおっとりしている方。

アドバイザーがこっそり教える療養型病院の特徴

ゆったり落ち着いた雰囲気の療養病院は、救急車の稼動がなく、手術も行いませんので、心身にゆとりをもって働くことができます。また、スタッフの残業がほとんどゼロであることが多く、家事や育児と両立して働きたい方や、プライベート面を充実させたい方、資格取得に向けて勉強の時間を確保したい方にはオススメの職場です。高齢者への医療サービスを提供する療養病院は、高齢化社会に向けて今後ますますニーズが高まる医療機関です。今のうちにスキルを積んでおけば、将来のキャリアにも繋がるでしょう。専門性を高めることで、あなたの大きな強みになります。その一方、療養病院では総合病院・一般病院ほど最先端の医療技術を身につけるチャンスは少ないので、今後一般病棟に戻りたい場合は努力が必要となります。また、患者の生活補助を行うため、力仕事が多いのが特徴です。将来的に高齢者医療に関わりたい方、介護の仕事にもチャレンジしたい方にとっては、学ぶことが多い環境でしょう。

身につくスキル

療養病院では、主に高齢者への医療処置が求められますが、食事補助や排泄補助など介護のお仕事にも部分的に携わります。一般病棟では学ぶことができない高齢者看護のあり方を学ぶことができるでしょう。また、療養病院は急性期病院に比べて1人ひとりの患者と接する時間や頻度が増えますので、接遇やコミュニケーションスキルも高めることができます。

療養型病院についてよくある質問

  • Q 療養病院では患者さんとゆっくりコミュニケーションが取れますよね?

    A

    確かに一般病院よりも療養病院のほうが、患者の入院期間が平均的に長い傾向にありますが、必ずしもコミュニケーションがしっかり取れるとは限りません。患者の中には寝たきりの方や意識がない方も多く、お話することができないケースがあります。お話するのが好き、という理由で療養病院を選ぶと、入職後にギャップを感じるかもしれません。

  • Q 療養病院は医療行為が少なくて「楽」なイメージがあるのですが…

    A

    オペや急患がない療養病院では、スタッフにゆとりがある側面もありますが、仕事自体が楽、とは言い切れません。医療行為のほかに介護業務や生活機能の補助など、多岐にわたる仕事があります。また、寝たきりで意思疎通が難しい患者の細かい変化に敏感になる能力も求められます。

  • Q 残業が少ないって本当?

    A

    療養病院は基本的に残業がほとんどありません。ですので、家事・育児と仕事を両立させたいママさんナースや、プライベートとメリハリつけて働きたい看護師が多く活躍しています。長く続けやすい職場として、療養病院は選択肢の1つになるでしょう。

もっと詳しく自分に合った求人を見つけるなら

その他の施設形態一覧

看護師・ナースのLINEスタンプ「看護師だっていろいろあるんです!」

看護師のシフト共有アプリ「ペリカレ!」仕事もプライベートもラクラク管理♪

ページの先頭へ